≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人妻看護師 ~フライトナースは夜に飛ぶ!~

「あ~あっ!!飲みたかったのに~~」

『ホントよ?飲みたかったのに~^^』

「お母さんも?」

「えっ?あっ、帰ってたの~?!」

「まひろ?」

「なんの話?」

「まひろが飲んだの?」

「あ~~ ジュースのことね」

「お母さんも飲みたかったんやろ?」

「そうそう^^今日は暑いから~ ・・・」

「お仕事は?」

「夜勤だったからね。今起きたとこ」

「お金ちょうだい?
 買ってくる。お母さんの分も」

「あっはい じゃあこれで ・・・」

「まひろ怒っといてよ~ すぐ独り占めするし」

「気をつけて行くのよ~ ・・・」

『もしもし ごめん ・・・ あれ?』

『娘さん?』

『そうなの~ まさか帰ってると思わなくて』

『ジュースと話が合って良かったやんw』

『そうよね~^^
 ザーメンなんて言ってたら終わってたわw』



【麻美 ナース 38歳】 妻の告白




「良くがんばらはった
  お母さんも麻美ちゃんも ・・・」


高校二年の春、母が亡くなりました。
私の肩にそっと手を置く
当時お世話になった看護師長さんの
手の温もりが忘れられずナースを目指した私

25歳の時、会社員だった主人と結婚
30歳で看護主任に昇格
入職当初からたっての希望だった
ドクターヘリに乗るフライトナースには
35歳で選ばれ
順風満帆ともいうべき
描いた通りの人生を歩んできました。

が ・・・

ドクターヘリ以外に乗ったものが
もうひとつ ・・・


「さっきまで仕事してたとは
 思えへんような腰の使い方やな?!」

「これがあるから頑張れるんやんか~」

「空気入れるようにバウンドしてみい?」

「っん~ これよね~
 気持ち良過ぎて続けられへん~ ・・・」

「ええぞ、乳輪が汗ばんできたッ!」

「吸ってくれへんの~?」

「吸うたらすぐ逝くやないか~!」

「でも吸って欲しいの ・・・」

「エロい乳輪見てるし
 さっきよりチ〇ポ硬くなったやろ?」

「だから、これで吸ってくれたら~^^」

「あさみ 愛してるよ」

「私も愛してる~ ・・・」

「おねだりしてみいや~」

「っん~ おっぱい吸ってくれたらすぐ逝ける」

「すぐ逝くな!言うてんねん?!」

「あん~ だってぇ~ ・・・」

「旦那の倍ほどある巨根を
 もっと楽しまんかいな~?」

「だからよ~ ・・・」

「やらしい音が鳴ってる!
 まん汁いっぱい出てるんやろ?!」

「はぁん~ もうちょっと ・・・」

「もうちょっとなんや?」

「もうちょっとで逝く ・・・」

「勝手にいかさへんぞ?!」

「こうちゃん~ お願い~ ・・・」

「あさみ 愛してるよ」

「いやん~ チ〇ポ気持ちいい!
 おっぱい吸って?こうちゃん~~」

「おっ~!ジュルジュル吸ったるで?!」

「ああ~!それ好き!もう少し強く!」

「ま〇こがキュンキュン締まってきた!」

「あん~ 幸せ~!
 これがないと生きていけへん~~」

「今、最高に!ええとこに刺さってるやろ?!」

「っん~!気持ち良過ぎる~~」

「乳首がコリコリやし動かれるとスベるわ~」

「だから強く吸っといて~?!」

「これやな!!!」

「はっ!!こうちゃん!!」

「あさみ~~~~!!」

「あっ!もう無理!気持ちいい~~
 こうちゃん 逝くよ?!こうちゃん!
  イヤっ!こうちゃん大好き!!!
   逝くぅぅ~~~~うわはぁ~~~~!!」






次女が生まれた二年後、31歳の時

主任に抜擢された直後だったので
子供たちを同居の義母に見てもらい
私は仕事に専念していました。


「あなた 今日は夜勤だから」

主人
「帰宅してお前がいないと淋しいぞw」

「今始まったことじゃないやん」

「あっちもご無沙汰やしな~」

「仕事が忙しいのはお互い様よ」

「じゃあ行ってくるわ」

「行ってらっしゃい」


夜勤は夜勤でも
この日の私は12時までのシフトでしたが
同僚のお宅で家飲みをすると誘われ
主人に嘘をついてしまった ・・・


「えっ?中止?」

同僚
「すみません、彼氏が急に言い出して ・・・」

「それは仕方ないね。また今度しよう^^」

後輩の女の子でしたが
急遽、彼氏とのデートに切り替わってしまい
私はひとりで院内をブラブラ ・・・



「主任!」

「あれ?まだいやはったんですか?」

「飯田先生は人気ものですからw」

「飯田先生はもう帰られましたよ?」

「ええっ?!
 待っててって言われたのに~~(笑)」

「私と一緒w」

「主任と?」

「私も置いてけぼり^^」

「じゃあドライブでも行きましょう
 なんかスカっとしたい気分ですわ(笑)」



彼は丹羽康次さん 当時、25歳
製薬会社の営業マンでいわゆるMR

大きな病院なので
ときどき見かける程度だったんですが
背が高くて男前だから目立ったんですよね~


丹羽
「家飲み?それがキャンセル?」

「私んとこ、
 義理の母がお酒全然ダメな人で
  家で飲んでると嫌な顔されるのよ」

「飲みたかったんですね?
 じゃあ、うちへ来ません?
  一緒に朝の6時まで飲みましょう!」


ということで ・・・
ノリといいますか
自然の流れと申しますか
六つも年下の独身男性のお宅へ行き
お酒を飲むことになりました。

すると ・・・

丹羽
「主任~ 胸デカいですよね~ ・・・」

「そうかな~^^ 丹羽君 酔ってる?w」

「そんな巨乳に埋もれてみたい~」

「あっ!チョット 丹羽君ダメよ?もぉ~ ・・・」

「やわらかいオッパイだ ・・・」

「丹羽君 ・・・」

と、こうなりますよね~


「どうですか?主任」

「凄い硬い!さすが20代
 でもこれ?大き過ぎない~?!」

「20センチはありますよ」

「主人の倍だわw」

「試しに食べてみてください」

「こんなの口に入るかしらw」



口に入れば当然アソコにも ・・・


次女を出産したあと約二年間
主人(後藤誠一郎 44歳)との夜の生活は
途絶えた状態が続いてました。
そんな時に誤って迎え入れてしまった
20センチでカチカチの25歳の他人棒 ・・・
一瞬で病みつきになってしまい
今で7年、彼との交際は円滑に継続中

ただし私は以前よりも忙しい身
彼と会うのは12時から朝6時までの夜間のみ
なので主人への嘘のシフトも継続中です。



「あさみの乳は全然垂れへんな~?」

「そんなことないよ あんっ!」

「イヤ、突いてたらわかるんや」

「はぁぁ~ こうちゃん ・・・」

「ほら?こんだけ突いても?!」

「あぁ~ それ!きっつい~!」

「まだまだ弾力のあるオッパイや~?!」

「あはん~ そんな突かれたら ・・・」

「どうなる?」

「飛んでいきそう~ ・・・」

「飛ぶように逝けや!これでッ?!」

「はぁん~ こうちゃん!気持ちいい~~~」

「俺も飛ばしたるわ あさみの顔に」

「顔じゃなくてお口にちょうだい?飲みたい!」

「どこに飛ぶかわからん。命中したら飲め」

「あぁ~ でも ・・・」

「なんや?」

「また逝きそう~ ・・・」

「あさみ 足抱えろ?足抱えて飛んで逝け!」

「はぁ~ ダメ!もっと突いてぇ~!」

「あさみ 愛してる!!」

「こうちゃん 逝っていい?!」

「おお!飛ぶような逝き顔見せてくれ?!」

「はぁっ!はぁっ! ・・・」

「当たってるやろ~?!」

「こうちゃん!ちょうだいっ!愛してる!
 逝くよ?!あぁ~ 気持ちいい!!
  こうちゃんのザーメン飲みたい!!
   ああっ!逝く!!あああぁん~~~~」




///////////////



『大丈夫か?』

『うん、今ちょっとコンビニへ行ったし』

『飲みたかったって?』

『そうやん~ 逝く前言ってたでしょ~?』

『あんなエロい逝き顔見たら
 あさみの小さい口に命中せんわ』

『飛ぶように逝けって言うからよ~(笑)』

『飛んだんけ?w』

『メチャクチャ気持ち良かった^^』

『次はあさってやな?』

『うん、その時は飲ませてね?
 遠くから飛ばすんじゃなく
  口の中に突っ込んでくれたらいいw』

『なにを~?』

『好きね~ 言わせるの^^
 こうちゃんのチ〇ポ(笑)』

関連記事

| 妻の告白 | 02:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。