PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブスな私にも浮気する権利はある!

「なにしてんねん?」

「ん??」

「人の家の前でなにしてるんや?」

「あっは~^^ ここアキラの家だったよね^^」

「しらこいの~^^」

「今日出てくるって
 この前の同窓会で古賀君に聞いたから」

「いつから待ってた」

「朝の八時くらい ・・・」

「今何時やねん?」

「夕方の六時 ・・・」

「お前、家大丈夫なんけ~?主婦やろ?」

「うん~ 今日はうちの人も遅いし
 あと二時間待って会えなかったら
   帰るつもりだったよ ・・・」

「まだええんやったら茶くらい飲ましたっぞ」

「およばれします^^」

「ふふ^^ カバン持てッ 鍵あけるわ」

「は~い^^」


【美園 主婦 28歳】 妻の告白



「茶ないわ コーヒーでええけ?」

「なんでもいいよ~^^」

「拓哉とケンカでもしたか」

「ケンカはしてないけど ・・・」

「けどなんや?」

「心の中で殴ってやったw」

「なんやそれw」

「人は殴れない ・・・」

「俺みたいに刑務所入らなあかんしのッ」

「そういう意味じゃ ・・・」

「姑に嫌みでも言われたか?」

「お義母さんじゃない」

「拓哉の親父か?」

「うん ・・・」

「なんや?」

「美園は浮気の心配がないって ・・・」

「浮気はしたらあかんやないか?」

「そうだけど その理由が ・・・」

「うんうん あの親父の言いそうなことや わかる
 性格がメッチャ悪いからな~」

「ブって言いかけてやめて
 男に好かれるタイプじゃないって言い直したの」

「ブ ・・・ ブタ?」

「ひど~い^^ お義父さんよりヒドイわw」

「めがねブタ?」

「もう~ 最悪w
 アキラに慰めてもらうつもりで来たのに ・・・」

「冗談やがな~^^ ブサイクってことやろ?」

「直球過ぎるw」

「ムショから出て来た人間に
 慰めてもらおうとかなんやねん~それ~^^」

「私のこと可愛いって
 言ってくれるのアキラだけやし ・・・」

「俺は誰にでも可愛いって言うよ?やりたいしw」

「でもやられたことないもん ・・・」

「それは拓哉の嫁やしやんけ
 アイツとも同級生なんやで?」

「うん ・・・」

「拓哉は大事にしてくれてるんやろ?」

「そのときそばにいたけど
 お義父さんになんの反論もしなかった」

「ワンマン社長の跡継ぎやしな~
 親父にたてつけへんのや ・・・」

「アキラ ・・・」

「もしかしてその仕返しに
 抱いてもらおうと思ってきたんか?!」

「それはないけど ・・・
 なんかムシャクシャして ・・・」

「なんや 今すぐにでもチンポ立つのに」

「どっちなのよ~^^」

「それは俺のセリフじゃ(笑)」

「アハハ^^ 笑っちゃう~^^」


彼は藤沢アキラ
高校時代の同級生です
うちの主人(近藤拓哉 28歳)とも
以前は仲の良かった友人

でも、凄くケンカっぱやい人で
警察沙汰になることが多々あり
そのうち主人も距離を置くようになっていた

問題があったのはこの前日
主人の弟(知之)が彼女を連れてやってきました
とても綺麗な女性でイヤな予感がしていた

同居する義父が
テレビでやってた話題を取り上げて一言 ・・・

「ともゆきは心配やな~^^
 彼女がこんな美人やと そやけど美園は
  ブっ ・・・ 男に好かれるタイプとちゃうし
   拓哉は安心しててええわw」

と、笑いながら ・・・

私の横にいた主人は沈黙のまま
場の雰囲気は一気に悪くなり シ~ンとする
そんなことを言われたのに!
盛り上げるのは私の役目なんです ・・・

「ブスが好きな男の人もいるんですよ?(笑)」

義父
「なんぼ物好きでも美園はパスするやろ(笑)」

「ホントはお義父さん
 わたしのことが好きなクセにw」

義父
「アハハ^^ 冗談は顔だけにしとけw」

と、こんな感じで ・・・

百歩譲ってお義父さんはいいんです
あんな人ですから でも主人は!
あの態度は許せなかった ・・・

ブスな私にも浮気する権利くらいはある!!

そう強く思った翌日が
アキラの出所日でした


「高校の時からこの家に
 何回も!来てるのに
  アキラが私に手を出さない理由 教えよか?」

「俺の気持ちを
 お前が代弁するんか?おもろいのw」

「私がアキラに本気になると思ってるから」

「そんなんちゃうわ ・・・」

「あら?じゃあなに?教えてくれる?」

「さっきも言うたやろ~ 拓哉がツレやしやんけ」

「うっそ~~ 人妻や
 友達の彼女にも手を出す人が??」

「うるさい女やなw」

「本心を聞きたいの ・・・」

「本心な~ ・・・
 お前とは笑って話せる関係でいたい
  それだけや」

「エッチしたら笑える関係じゃなくなるの?」

「ヒントはさっきお前が言うたっ」

「えっ??なに言ったっけ?わたし ・・・」

「色んな女に手を出してきた
 俺はモテるからな?」

「知ってる^^ 男前やもんね^^」

「そやから どういう肉付きの女が
 ええまんこしてるのか ・・・
  俺が喜ぶフェラチオをするのかが
   わかってるんや」

「私がそれにあてはまるってこと??」

「フェラ向きのポテっとふくれた唇
 よう濡れそうな丸い鼻
  いっつもプールで立ててた鳥肌は
   感度がええ証拠やないか~
    全身が性感帯やろ?!」

「あぁ~ まぁ~ ・・・」

「男はな料理かまんこのどっちかや
 お前の料理の腕前は知ってる
  まんこも良かったらどうすんねん俺w」

「いいかどうか試して ・・・」

「アホかっ タイミングが悪いわ!」

「なんで?」

「一年半も女抱いてへん
 俺の勃起力を舐めたらあかんぞ?!」

「じゃあ今度でいい 帰る ・・・」

「あー タバコ吸いたい 火つけてくれ」

「私吸えないよ?」

「火くらい付けれるわいっ!
 はよつけてこっちよこせ!」

「っん~ ちょっと待って ・・・」

(シュポっ!ジュ~ ・・・)

「はいっ ・・・」

「タバコも一年半ぶりや」

「美味しい?」

「美味い!美園が火をつけたタバコ ・・・」

「帰ったほうがいい?」

「アホかっ!チンポ立ってんのに しゃぶれや?」

「アキラ~ ・・・」

「おいッ 美園!」

「なに?」

「こう見えてもヤキモチ妬きやしなッ
 どうなっても知らんぞ?!」

「っん~ ・・・」

 (ジュルジュル~!!ジュボ!チュパチュパ!)


これは私に与えられた権利 ・・・
ブスと言われる私でも
本気を出せばアキラのような男前も落とせる
でも権利を使ってしまえば
それなりの覚悟は必要 ・・・


「はぁ~ 気持ちいい~~ ・・・」

アキラ
「常はよう喋るのに言葉が足りひんぞ!
 誰のどこが気持ちええんじゃ?!」

「おまんこっ!美園のおまんこ!!」

「自分で抱えてもっと足ひらげろ?!」

「あぁ~ ・・・」

「ほらぁ~ 奥まで入るやんなッ~?」

「奥っ気持ちいい~~~!」

「やっぱりええもん持ってた!
 このまんこ!今日から誰のもんやッ?!」

「アキラ!!っん~ はぁぁ~~」

「頭の悪い男にもっとわかりやすぅ言えッ!」

「美園のおまんこは!今日からアキラのもの!」

「可愛いぞッ 美園 ・・・」

「うふっん~ 大っきくて壊れそう~ ・・・」

「一回壊れたほうがええッ!」

「ぁん~ アキラ~ そこぉ~~」

「壊れろ!!
 壊れてリセットして真っ白な女になれッ!
  旦那のことなんか忘れるんじゃッ!!
   ほんなら毎日愛したる!!!」

「あぁ~ 気持ちいい~~ ・・・」

「拓哉はここを!愛してくれるんかッ?!」

「はぁぁふ~ ・・・」

「美園!」

「もう無理っ ・・・」

「美園よッ~?!」

「凄い当たってる ・・・
 もう無理!逝っていい?!アキラ!!」

「旦那か?彼氏か?
 誰のチンポで逝くんや?!美園~!」

「アキラの大っきい ・・・
 ああん~ そこダメ!!ごめん逝くっ!
  アキラごめん!!気持ちいい~~~
   あああっーー!あ~ いやん~~~!!」





この人を好きになってしまったというサインを
自分のオルガズムが教えてくれたのは
アキラが初めて ・・・

二人は暗黙のうちに
付き合いを始めるんですが
それは ・・・
予想をはるかに超えるハードなものだった ・・・



主人
『おぅ~ アキラか 久しぶり』

『うんっ ・・・』

『知人をかばって巻き込まれたらしいな』

『でもやりすぎた 捕まって当然や ・・・』

『みんな心配してる 次の同窓会は来れそうか?』

『おおっ 必ず行くわ!
 あのっ ・・・ 美園いるかな?』

『どうした?』

『おばあに預けてたワンコ
 今日迎えに行ったら激ヤセしとって~
  美園は犬のことに詳しいやろ?』

『あ~ ちょっと待ってや ・・・
 美園?!アキラ!飼ってる犬のことで ・・・
  電話に出てやって ・・・』

「は~い 今行く~ よいしょっ!」

『うん もしもし?』

アキラ
『チンポしゃぶりに来いッ!』

『えッ?』

(ブチっ! ツー ツー ツー ・・・)

「うん!ワンちゃんが?うん!あっそ~
 病院紹介しよか?うん!あ~ それは ・・・
  じゃあちょっとだけ見に行くね は~い」

主人
「具合が悪いの?」

「うん~ おばあさん
 ちゃんと世話してなかったんじゃない?(笑)
  少し様子見てくる。すぐ帰ってくるね!」

「お~ 遅い時間やし気をつけろ?」

「は~い^^」



///////////////




「なに?あの電話 すぐ切って ・・・」

アキラ
「しゃぶってくれや」

「玄関で?」

「一年半ぶりに土方して働いたら
 パワーがみなぎってしもて収拾つかんのや」

「うわ~ ほんと!凄いおっきくなってる~^^」

「お前の顔も見たかったし ・・・」

「うふ^^ 喜ぶこと言って^^
 でも毎日あんな嘘つけないよ?
  それだけは ・・・」

「はよッしゃぶれや?!」

「(んぐっ!ぷはぁ!)
 もぉ~ ゆっくり舐めさせてっ!」

「濡れてきたら言え ベッドで入れるさかい」

「っん~^^」


浮気って
気持ちいいけど楽じゃない ・・・


///////////////



主人
「おう~ 遅かったな どうやった?」

「栄養失調だと思う 病院教えといた」

「そっか ・・・ なぁ~?美園 ・・・」

「なに?」

「最近色っぽいよな?」

「そぉ~?お義父さんにあんなこと言われたし
 思いきって化粧品を変えてみたの ・・・」

「次あんなこと言いよったら!
 美園が世界一美人て言ってやる!」

「あっは~^^ お義父さん逆切れしはるわ^^」



ちょっと嬉しい ・・・
あなたのそういう言葉を聞きたかったの

でも ・・・
もう遅いかも ・・・

関連記事

| 妻の告白 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/675-120a7c41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT