PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なつきのよろめき ~夜に咲いて朝に散る花~

「一年ね ・・・」

「おう~ そのまま下までずれて咥えろや」

「ムードがないんだから~^^」

「そんな俺を好きになったんやろ?」

「そう、大好きになっちゃったの ・・・」

「ほんならしゃぶってくれよ~」

「いやん~ もう帰らないと~」

「入れたいんや!」

「いっぱいやった^^」

「まだ足りひん!入れるまで帰らさへんぞ?!」

「そんなムキにならないで?
 家で待ってる人がおるんよ~ ・・・」

「あかんッ!!!入れるッ!!!」

「はぁん~ 幸樹さん~
 そんなとこ舐めたら帰れなくなるぅぅ~~」

「俺のせいちゃうッ~!入れたくなるのは
 お前のまんこがええさかいや(ジュルル!!)」

「あぁ~ 私も入れて欲しいけど
 ねぇ~ 今日の夜にまた来るから ・・・」

「なつき~ ・・・」

「なに~ ・・・?」

「夜だけやのうてパッカ~!と咲いてるぞ?!」

「咲いてる~?」

「おうっ!満開やッ!!」

「じゃあ入れて?!幸樹さん~~!」


【なつき 主婦 51歳】 妻の告白




彼と知り合ったのは5年前 ・・・


夫の年齢が10歳以上離れた
年の差婚夫婦の妻が浮気する確率90%
という見出しの女性雑誌を
近くの銀行の片隅で目にし
私には永遠に無関係の話だわ~なんて
溜息と一緒に吐きつぶやいた6月のおわり

ある宗教にのめり込んでいた友人に頼まれて
毎朝かかさず続けていたポスティング
その合間の出来事 ・・・


「全部持って行ってくれてもええで?!」

「えっ??これ ・・・」

「そんなに持てへんか^^」

「あっ、やだ私 ・・・
 空き地に咲いてるものだと思って
  ごめんなさい~ どうしよ ・・・」

「空き地に咲いてるんやwウチの土地やない」

「あ、そうなんですか でもこれ~ ・・・」

「ひと月前にオカンが死んでしもて
 もう育てる人がおらん。そやから
  持って帰って欲しいくらいや」

「はぁ~ 大事にされていたんでしょうね~
 この甘い香りでそれが伝わってきます」

「沖縄とか熱帯地方のものらしい ・・・」

「へぇ~ じゃあなぜ京都に ・・・??」

「そこに立ったときわからんかったか?
 空き地の裏がちょうど銭湯のボイラー室なんや」

「そういえばw なんかあたたかい
 あぁ~ それでですか~
  間違えて咲いちゃってるのねこの子たち」

「この子たち ・・・? 奥さん?
 奥さんみたいな人に拾ってもらえたら
  この子らもオカンもきっと喜ぶわ!」

「じゃあ、頂いて帰ります^^ありがとう~」



昔の歌にありました
「ひとつ曲り角 ひとつ間違えて
 迷い道 くねくね ・・・」

甘いバニラ風の匂いに誘われて
いつもと違う道に入ったわたし
空き地に咲いてる単なる雑草だと思ったけど
管理主のいる立派な花でした

宮坂幸樹さん 5年前は33歳

今思い出しても
一目惚れに近いものがあったと思う。

その彼を知りたいがために
ネットで花のことを調べましたら

一年に一度だけ 夜に咲いて朝に散る
一夜限りの貴重の花だと知り
今度会ったときはこのことを話題に彼と話そう
と考えていたけど、なかなか会えず
結局 ・・・


「犬の散歩でもないのに
 水を持ち歩いてくれてるんやな~^^」

「今年もこの子たちに会いたいから^^」


彼に会えたのは
あの日から一年が経とうとしていたころ ・・・



「会えそうか?」

「私の思いがつうじていれば^^」

「テーブルに置いてるだけでも
 絵になったしな~ さすが南国の花や」

「咲いたら今年ももらってきます」

会えそうか?と言ったのは
うちの主人 唐沢豊 66歳

花の話です^^ 
彼に会えそうかではありません
なにも主人には言ってませんから
言えるわけもない ・・・
カッコいい人がいたなんて
やきもち焼きの人には口が裂けても言えません



「今晩あたりやと思うで?」

「っん~ 私もなんかそんな感じがする」

「俺はずっとオカンが育てるのを見てたしな
 出られるなら今晩来たらどうや?」

「あ~?!咲くころにですか?」

「夜中の一時くらい
 二時間ほど前からそこに長椅子持ってきて
  二人で鑑賞したらええやん?」

「なんて!!
 (ロマンチックな話でしょうか ・・・)
  主人に言おうかしら ・・・w」

「怒られるか?」

「いえ!出てきます(笑)」


彼も仕事に遊びに忙しい方なので
普段会うことはなかなか出来ませんが
こうして一年に一度でも二人きりになれる
鑑賞会のチケットをゲット(笑)しました
主人への理由は
ポスティングを私に依頼してる友人が
お給金代わりにご馳走してくれると話してます。



そして昨年の
梅雨が明けようとしていた7月の上旬
4度目の鑑賞会を控えたある日 ・・・

「奥さん どうや?」

「元気いっぱい!今年も見れそうですね^^」

「そうか良かった でも、今年がラストなんや」

「ええっ?!本当ですか?」

「この空き地の持ち主の娘さんが
 東京から帰ってきてここに家を建てるらしい」

「あぁ~ そっか~ 仕方がないですね ・・・」


淋しかった~ かなり ・・・
40代の後半で綺麗に咲いた恋の花
それが散ろうとしていたんですから ・・・



鑑賞会当日 ・・・


「あ~ 咲いた!なんて幻想的な ・・・」

「美味しい吟醸酒に酔ったか?
 奥さんの頬も幻想的な色に染まってるで」

「はぁ~^^ ごめんなさい
 気持ちよくてもたれかかってしまいました^^」

「かまへんけどこの椅子ではゆっくりできひん」

「っん~ ・・・」

「奥さんが俺にもたれても
 窮屈にならへんフカフカのベッドに行こか?」

「ふはっ!宮坂さん~~?」

「4年辛抱したんや!許してくれっ?!」

「あぁ~ ・・・」

最後の鑑賞会にふさわしく浴衣を着込んだ私
彼に手をギュっと握られ
おうちの三階にある寝室までひた走り ・・・


「浴衣の下がブラジャーでは色気が出んで?!
 こんなもん取ってしまおうなッ?!」

「はぁん~ ダメよ~ 宮坂さん~ ・・・」

「二人とも裸や!奥さん~ 幸樹でええよ?」

「幸樹さん~ ・・・」

「ダメなことしてるか?!」

「ううん~ 抱いて欲しかった!!」


彼に体を許したのは
お酒の勢いもあったと思いますが
貞操より好きという気持ちが勝っていたこと

夫の年齢が10歳以上離れた
年の差婚夫婦の妻が浮気する確率90%に
仲間入りした夜の秘めごとです ・・・




「一年ね ・・・」

「ちょっと咥えろや もっかいするぞ」

「ムードがない人^^」

「そんな俺が好きなんやろ~?!」

「でも無理よ~ 
 うちで待ってる人がいるから帰らないと~」

「入れたくなるのはお前のまんこがええさかいや!
 (ジュルル!!ジュルジュルジュル~~!)」

「ねぇ~ 今日の夜また来るから~?」

「咲いてる!なつき~ 咲いてるわ~?!
 (ジュルジュルジュル!ベロレロっ~!!)」

「咲いてる~?幸樹さん~
 ああん~ そんな舐め方したら!はぁん~~」

「なつきはあの花以上の女や!!
 朝になっても散らんとまだ!咲いとうる!!」

「咲いてるの~?」

「おおっ!満開やッ!!」

「じゃあ入れてっ?!幸樹さん~
 幸樹さんの硬いおチンチン入れてっ?!」

「待ってるのは旦那ちごてお前やろ?なつき~!」

「これを~?!うはっ!ああん~ また入った!!
 いっぱいやったのに~
  また大きいのが入ってきたよ~?!幸樹~~」



あの最初の夜から今まで
彼と何度関係を結んだのか覚えてないほど
狂い咲きました わたし ・・・

15歳年上の主人は57歳で完全に勃起しなくなり
この9年ものあいだ
レスを耐え忍んだ40代の生身の肉体に
新鮮で新しい命を吹き込んでくれた幸樹さんを
愛しています!もうメロメロ!!

ただし、主人と破局しているわけではなく
とても大切にしてもらってるので
時間などは特に自分に厳しくしているつもり

なんですが ・・・

「夢中になる前に時計を見せて ・・・」

「6時まわったとこや」

「ああ~ 予定時間がとっくに過ぎてる ・・・」

「でももう入れてしもた!」

「そうよ~ 幸樹さんのバカ~ ・・・」

「泥酔して友達の家で寝てたとか言えや?」

「っん~ そうする~ ああぁ~ はぁん~」


入ってしまったら
どうすることも出来ません ・・・


「なつき 愛してるよ?!」

「はぁ~ 一晩に四回も目がまわっちゃう~」

「数を勘定するだけ余裕があるやないかっ?!」

「ないわよ~ 幸樹~ ・・・」

「なつき~ マジで気持ちええ!お前のまんこ!」

「愛してる!私も気持ちいい~~~~」

「泣きの一発ほりこんだけど!今晩も来いよ?!」

「ああん~ 幸せっ!!
 でもこんなにたくさん逝ったら死んじゃうかも」

「そうか~?
 一晩に7回逝った日もピンピンしてたぞ?(笑)」

「もう~(笑)そういうところも大好き~
 ああぁ~ はぁ~ いい~ そこ!幸樹ぃ~!」

「愛した女のツボは心得てるでッ?!ここッ?!」

「そぉ~ ああっ!逝っちゃう~~ ・・・」

「おっぱいは?!」

「吸って~ さわって~~ ・・・」

「おいおいっ 足で強く挟まれたら
 腰が動かせへんやないか?!なつきッ?!」

「ごめん~ でもここなのッ?!」

「そんな慌てんでも乳首吸うてたらッ!!」

「あぁ~ ホント!!頭がおかしくなる~~」

「美味いわ?!なつきの乳首っ!!」

「ダメっ!幸樹!気持ちいい~~~
 おまんこ凄い!!おまんこ凄い!!
  ああん~ 大好き!!逝くぅ~~
   イヤっ!逝くっっ!!幸樹ぃ~~~~~~」




///////////////




「あなた 遅くなってごめんなさい
 朝ご飯の用意するわね~~!」

「またお花の散策か~?」

「ああ~ そうね~
 あの花がなくなっちゃったから ・・・」

「粋な花やった ・・・
 花言葉調べてたら、幸運が訪れる。だって
  幸運は訪れましたか?」

「あっ、そうなの~? っん~ 訪れたわよ?
 歩いて健康を維持してるでしょ~?
  子供は立派に成長したし、夫は優しいしw」

「訪れた幸運があるかって話やで?」

「あっ、まあそれは~ ・・・」

あなたゴメン ・・・

それは幸樹さんと出会えたことだわ ・・・

関連記事

| 妻の告白 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/652-2aa185e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT