PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社長とわたし ~遠くへ行きたい~

「こんなことってある??」

「もぅ~最悪~ ・・・」

「みんな見たんやろな」

「そら見たでしょ~
 会社の廊下に貼り付けてあったんだったら」

「女子社員40人を引いても170人の男子社員」

「と、役員さんもね ・・・」

「梨奈の一番見て欲しくなかった部分やけど」

「恥ずかしいわ ・・・」

「でもチョット嬉しくもある^^」

「なんで?!」

「エロいやん~ やや大きめの乳輪って!」

「それが嬉しいの?!」

「俺にとっては自慢のおっぱいやからなw」

「私はどこか遠くへ行きたい ・・・」


【梨奈 主婦 28歳】 妻の告白




昨年の夏に起きた出来事

主人(松永潤弥 33歳)の会社の
レクリエーション(海水浴)に参加した私は
買ったばかりの水着をまとい
同僚の奥様や彼女たちにまじって
ビーチバレーやスイカ割を興じていました

乳輪がバッチリ!透けて
見えていることに気がつかず ・・・
というか ・・・
他の女性陣が言ってくれてもいいのに~
なんて薄情な人たち

そう思ってたんですけど
現地では全く分からなかったと
お二人の奥様からの証言

写真に映って初めて見える。そんな
アンラッキーなからくりだったんです ・・・


「最近、上司の方たちがよくお見えになるわね?」

「おう?うん~^^」

「なに笑ってんの?」

「気になるんやろな~^^」

「なにが?!」

「ごく普通に見える清楚系の奥様が実は!
 あんなスケベな乳輪をしてて ・・・」

「あなた?!怒るよ~?
 もうそれじゃ!今後一切誰も呼ばないで?」

「俺が断れる相手か~?
 あっちが来たいと言うてんのに~ ・・・」

「あっ、そっか 私が出なきゃいいんだ」

「それは無理やろ~?」

「じゃあやっぱりあなたが楽しみたいのね?
 そうやって上司や同僚の反応を見て」

「梨奈は濡れへんか?
 自分の乳輪を知ってる人らが来てることに」

「濡れるわけないやん?!
 ただただ恥ずかしいだけよ?それに
  輪っかを見られただけだしね~」

「実物だとやっぱりチョット変わるの?」

「そりゃ~ もっと恥ずかしいわよ~ ・・・
 なに?!なにか企んでたりしてない?!」

「アホか(笑)女性の気持ちを知りたいだけや」

「それならいいけど~ ・・・」



ここでもっと突っ込むべきでした ・・・

昔からイタズラや
サプライズ的なものが大好きだった主人

ある人に頼まれて
私の就寝中に
生の乳輪&乳首をカメラに収めてしまい
私の最大級の怒りを買ってしまいます ・・・


「福岡?うらやましい~ ・・・
 今遠くに行きたいのは私なのに~」

「仕事やんか^^」

「仕事でもいいわ!」

「そのまま熊本と鹿児島まで行くから
 二週間くらいになるかな~」

「まあ、そのあいだだけでも
 あなたの会社の人がうちに来ないし ・・・」

「安心?(笑)」

「笑うとこじゃない!」


主人の仕事は
体育館や宴会場に音響設備を施工する会社で
国内ならどこでも出張で行きます。

会話にもあったとおり二週間 ・・・

夏からずっと来客が多かっただけに
この二週間の骨休みがほんとに!!
嬉しかったんです

一人の時間が好きな私は
主人が出張へ出掛けた朝一番に!
さっそく計画を立て始めました

映画館へ行く!(好きなもの三本)
行きたかった屋上カフェ!
期間限定のランチ!それと ・・・

あと ・・・ 

(ピンポ~ン♪♪)

「はい~ どちら様ですか~?」

「ご主人の会社の中原です~」

えっ、中原さん 中原さん

中原さん ・・・


「???社長様ですかっ?!」

「そうです」

「ええええっ~~~?!!!
 こんにちは~! 松永の妻です~」

「彼は出掛けました?」

「はい!3時間ほど前に」

「じゃあチョットいいかな?」

「ええ~ どうぞどうぞ~ あがって下さい~」


主人の会社の170人の男性社員
その全ての人を見たわけじゃないけど
おそらく、いえ多分!絶対に!
この人が一番のイケメンです!!

中原孝介社長 38歳

以前に二度ほどお会いしたことがあるんですが
私が大学時代に好きだった先輩に
クリソツなんです~~~ ホントにイケメンズ!


社長
「どこかへ行く予定でしたか?」

「いえ~ その計画中で ・・・^^」

「二週間以上もあるからね出張期間が」

「はぁ~^^」

(メッチャ男前だわw)


「実はご主人にあるものを頼んでましてね」

「はぃ~ ・・・?」

「これなんですけど?」

「えっ ・・・? うわっ!!!これって ・・・」

「松永君にはコレクションと言いましたが
 そんな趣味僕にはないんですよ^^」

「じゃあ~ ・・・」

「夏に奥様と再会し、そのあとに
 例の写真を目にしまして~ グっときました」

「グっ ・・・??」

「元々顔が僕の好みなんですよ
 その上にこの大きな乳輪ですから~ 是非!
  中身も見たいとお願いしました!30万で!」

「30万っ?!」

「薄い色とは聞いてましたけど
 現物も僕好みの褐色ときて困ったんです ・・・」

「はぁ~ ・・・」

「口説きたいと思ってしまって急遽!
 ご主人に九州出張へ行ってもらいました」

「へぇ~ そうなんですか ・・・」

「と言っても ・・・
 はいスタート!って
  口説き始めるもんでもないしねw」

「はははっ^^ おもしろい 社長さん~^^」

「奥さんが今一番したいことはなんですか?」

「したいこと ・・・??
 っん~ 今色々と書き出してましたけどね~
  なんだろ ・・・ あっ?!」

「なんですか?」

「遠くに行きたいんです」

「海外とか?」

「いえ、国内で ・・・」

「じゃあご主人が九州だから北海道へ!!
 と言いたいところなんだけど
  僕の仕事の都合もあるから
   金沢で手を打ってもらえませんか?」

「金沢!行きたいです~^^」


かなりハショッテいますが
昼前から夕方にかけて話し合った結果です

私、イケメン社長とプチ旅行へ行きました!
私の全部を好きだと仰る夫以外のお相手
写真だけですが私の胸も見た人とです ・・・


「冬の兼六園もいいけどね~」

「いえ ・・・ 社長さんと歩けただけで ・・・」

「そんなに似てるの?その先輩と」

「社長のほうが格上です^^」

「じゃあ、相思相愛だね ・・・」

「はぁん~ 来て良かった」

「僕も ・・・ 勇気を出して告白して良かった」


主人が悪い!あの人がイケないんです!
パズルの最後のピースを社長に渡してしまった

いや、そっちじゃなくても
自分の妻のヌード写真を他人に売るなんてこと
誰がするでしょうか ・・・


「いやらしい~ 奥さん!結構、剛毛なんですね」

「あん~ 恥ずかしい~ ・・・」

「ギャップ好きの僕にはたまりません!
 こんな清楚な奥様がこんなに毛がフサフサで!」

「はぁん~ クリっ!」

「味も最高に美味しい!!」

(グチュグチュ!ベロベロ!ジュルジュル~!)

「いやん~ エッチ! 気持ちいい~~~」


そうですよ ・・・
いくら好みのイケメンさんでも
いきなり自宅で口説かれてたら引いてたかも
だから本当に思いきって良かったんです~


「入れる前にもう一度咥えてくれる?奥さん~」

そう言うと社長さん
仰向けに寝ていた私の顔の上まで来て
カチカチのバットを口に含ませたかと思うと
ガンガンに腰を振ってきたんです

やばい ・・・

夫婦ではこんなのないし!興奮しちゃう!!


「中原孝介の黒バット!おま〇こに欲しいッ?!」

「んぐあッ!! 欲しぃぃ~~ ・・・」

「下さいやろ?!奥さん~!」

あれれ ・・・ ヤバ過ぎるとこに来たかも
遠くに行きたいとは言ったけど
主人とでは逝けない所に連れていかれる予感


「奥さん?!ヌルヌルやんかっ?!」

「あぁ~ 入っちゃった~ ・・・」

「他人棒??結婚してから何本目ッ?!」

「二本目っ! っん~~ ・・・」

「ウソやろ?!奥さん~ 
 あれ?聞き間違えたか?
  もう一度言って?結婚してから ・・・」

「二本目ですぅ~ ・・・」

「なんで二本目なんや?奥さん?!
 そんなん聞いたら燃えてしまうやんかッ?!」

「ああぁ~ 凄い大っきい!!!」


そぉ~ 一本目が誰なのかは二人の会話で


「そいつもこの乳輪舐めたの?!奥さん~!」

「っん~ 多分~ ・・・」

「多分じゃないやろ?抱かれたんやったら!」

「舐められました ・・・」

「舐めて吸われた?こんな風にっ?!
 (ジュルジュルジュウぅぅ~~~~~!!!)」

「あん~ 乳首弱いの~ ・・・」

「その弱い乳首を!吸ってたんは誰やっ?!」

「先輩 ・・・」

「好きだった大学の?!」

「そぉ~ ああぁ~ はぁん~ ・・・」


かなり興奮しておられました
寝取っている部下の妻がさらに別の人に
寝取られた過去があることを聞いて ・・・

このとき一斉に全身の毛穴が開き
Gスポットにあたる快感を快楽に変え始めた
浮気妻の妙技 ・・・


「奥さん!僕だけの彼女になってくれ?!」

「なります~ ・・・」

「ホント?!もう先輩とは会ってないの?」

「会ってません~ ・・・」

「クソっ~~!こんな清楚な奥様が?!!」

「あぁ~ はぁ~ 気持ちいい~~~ ・・・」

「先輩よりも気持ちいい~?!」

「社長がイイ~~~~!!!」

「奥さん!好きだよ~~~?!」

「逝くぅぅ~ 社長~~~!」

「僕もイクっ!!!」

「ああん~ 社長来てぇ?!大好き~~~~」




///////////////



社長
「屋上カフェでランチ!京都じゃないけど?」

「いえ、映画も観れたしほぼ完了です^^」

「そっか、じゃあ地元へ帰りましょうか?」

「はい~^^」
    




私、主人とのセックスでは逝けません
逝ったことがないんです
しかし、今のところそれは社長と先輩とで達成済み
社長とのセックスで言えば
かなり遠いところまで連れて頂けたと思います


主人
「梨奈がゆっくり出来たなら良かった」

「これ見て?色々やりたいこと計画したのよ~」

「ほぉ~ 映画、ランチ ・・・ たくさんあるな~
 これ全部をこの二週間で?」

「うん!やりきった(笑)」

「っん?この遠くへ行きたいってのも??」

「あっ、それは (逝ったけど) まだだよね(笑)」

関連記事

| 妻の告白 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/651-9eb85b43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT