PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社長とわたし ~こんな私でよかったら~

「どうも、ほんまっぽいね ・・・」

「ほんまや言うてるやん
 自分が損するような嘘つくわけないやろ?」

「実際損してるんは僕やけど?」

「じゃあ!お義父さんに言えたっ?!」

「わかったて、何回も ・・・」

「わかってへんやん~?
 私が好き好んであの社長のところへ
  抱かれに行ったとでも思ってるん?!」

「行けばどうなるかなんて
 子供でもわかると思うけど ・・・」

「それは!」

「わかってたんやろ?
 あのエロ親父が真利子を好きなこと」

「うん、わかってた
 だから利用したんよ。離婚する?」

「なんで?そりゃつらいけど ・・・」

「つらいのは私のほうやわ!」

「じゃあひとつだけ聞かせて欲しい!」

「なに?どうぞ ・・・」

「うっ、ん~ それの中身を ・・・」

「内容?どんなものでも変わらへん!
 私はセックスに溺れるタイプの女?
  あんたが一番知ってるでしょう~?」

「溺れるとまでは思ってへん でも ・・・」

「でもなに?私が今までゆうちゃんに
 してして!って頼んだことあった?!」

「僕にはない ・・・」

「僕にはってなによっ?!
 エッチが好きになれへん理由
  教えて欲しいて言うたから
   何百回と話してきたつもりやけど?」

「っん~ ・・・ 時間は?」

「時間?短かったよ?ゆうちゃんよりも ・・・」

「ほんまかな~ ・・・」

「ほんまっ!2、3分じゃない~?
 アレが始まったからね
  あっという間に終わったて感じよ(笑)」


【真利子 主婦 42歳】 妻の告白




笑いもひきつることなくスマートに

夫(川村友 42歳)に嘘はつきたくない
いえ、誰にも正直な自分でいたい

そう思って乗り越えようとしたトラブル

一番の原因は義父と ・・・
義父を野放しにしている家族全員

定年退職したお義父さんが次から次へと
株やら事業に手を出しては借金を作る日々


「奥さんも大変やな」

「主人のお給金が良くても
 こう頻繁に借金を作られては もう ・・・」

「時間を巻き戻せるなら、お義父さん
 嘱託で雇うんやけど(笑)」

「ほんと、お願いしとけば良かったです」

「なんぼ必要なんや?」

「400万円 ・・・」

「貸すわ」

「うっ、良かった~ ありがとうございますっ!」

「出掛けよか?
 おろしに行ってそのまま渡してあげるよ」

「はいっ、わかりました」



私のストレスがMAXに到達していること
夫が知らないはずがない
たとえ他人と肉体関係に陥っても
借金が理由では何も言い返せないだろうと思った
でないなら ・・・
必死で貯蓄した二千万、今すぐ返して欲しい!



「奥さんも京都の人や
 南インター界隈に来たら ・・・ わかるな?」

「はい ・・・ ただ ・・・」

「生理中か?」

「はぁ~ くるかもしれませんが それと ・・・」

「こんなべっぴんさん抱けるなら
 なんでも言うこと聞くでぇ~?」

「社長さん、タバコ吸いませんよね?」

「奥さんも吸わへんやろ?」

「いえ、エッチの時だけは ・・・」

「そんなんかまへん はよ入ろっ!」

「ぁん~ それと ・・・」

「中で聞くがなッ ほら!奥さんも車から降りて!」


長らく付き合ってる男性なら
それとなくサインを送ることも可能なクセ、性癖

その長らく付き合ってきた男性のせいで
こびりついてしまった私の悪いクセ、いえっ!
こびりついてしまった匂いを取るための処置

セックスのあとのタバコ

その、タバコを吸ってる自分に興奮し
180度豹変してしまうもうひとりの私 ・・・

「あっ、奥さん 出てきたわ やめとこか」

「ごめんなさい こんなときに ・・・」

しかし、思わぬ流血を帯びてしまい
この日の私は豹変することなく社長と別れました


「見たかったけどな~ もうひとりの奥さん」

「はぁ~ ・・・」

「でも一度きりの約束やし最寄りの駅まで送るよ」

「すみません~ ・・・」


400万もの大金の代わりに
私が社長に伝えた四つの言葉

一、一度きりの肉体関係

二、SEXの後は必ずタバコを吸います

三、興奮すると豹変するかもしれません。

四、全て夫に報告します(嘘が大嫌い)

四つ目に関しては大丈夫か?と問われましたが
私には100%自信がありました。



あの日から二週間

出張に出た夫とはあれ以来話していませんが
突如、昼間に電話が掛かってきて思わず!

切ってしまったんです ・・・



「誰や?」

「子供、だと思ったんですけど ・・・」

「旦那かいな?」

「多分 ・・・ びっくりして ・・・」

「適当にごまかしといたらええ
 それにしても~ 清楚な美人妻がタバコ
  こっちが興奮してしもて!ほらっ?!」

「あぁん~ 社長凄い! 硬そう~」

「さっきより硬いかもしれん!
 タバコ吸い終わったらこっちも吸うてくれっ!」

「もう吸い終えた いやん~ 大っきい~!」


夫には一切嘘をついてなかった私。社長が
私を好いてくれてるのを知っていて利用したこと
そして一度きりという約束。
生理が始まったことで早々に終了したセックス
全て事実です!

しかし ・・・

下腹部でうごめく淫らなときめき
2、3分というのはホントは短すぎて
10分ほどは私のヴァギナの奥深くを
悠然に闊歩した社長のたくましい男根
私の体はそれを忘れていませんでした


「あぁん~ 素敵!社長~ 入れていい~?」

「入れてどうしたいの?奥さん~」

「気持ちのいいところに当てるのぉッ!あぁ~
 はぁ~んん!入ったっ!社長ぉん~~~」

「心配した旦那が
 また電話してくるかもしれんぞ?」

「そんなのどうでもいいっ!!社長乳首吸って?!」



もう、豹変しています ・・・

ディープ過ぎるキス、お風呂でのまぐわい
優しい愛撫に滑らかな舌使いのクンニ
どれをとっても夫以上のテクニック
社長が一度、私が二度果てた後の二回戦目

上に乗っていても抱きついて離れません
それほど愛おしく思えた社長 ・・・

「ゆっくりでもええか~ 奥さん」

「いい~ 凄くいい~ 好きっ 社長~~」

「エッチの相性が合ったみたいやな?
 また連絡したら出てきてくれる?」

「っん~ こんな私でよかったら ・・・」

「ええに決まってる!!
 この超弩級はタバコのおかげやで?
  後でまた吸うたらええっ!なぁ~ 真利子」

「いやん~ 名前で呼ばれたら逝っちゃう~!
 3回も愛してくれるの~?社長ぉん~」

「ここをなッ!」

「ねぇ~ 社長ぉ~~」

「ここやろッ?!真利子!!」

「あぁん~ 深いっ!!」

「俺の真利子ッ!!」

「いやっ!!幸せぇぇ~~ もっとやって!!」

「ゆっくりでも愛せてるかっ?!」

「あっ!ダメもうぅ!社長~ 愛してる!!
 ああん!!そんなとこ!嬉しい~ いやぁ~
  逝く ・・・ 逝っちゃうわ!逝くぅぅぅ~~~!」





矢野剛 56歳
義父が退職まで勤めていた会社の二代目社長

憧れの筋肉質な体、にはほど遠いけど
あそこは間違いなく筋肉隆々
ひとまわり以上年下の夫のソレが
足元にも及ばないことを
人妻の体が覚えた二度目の浮気 ・・・




主人
「バイブにしたんか?僕何回電話した?」

「あっ、そんなにしてたの?」

「社長に会ってたな?」

「なんでよ~^^」

「笑いでごまかしても
 うしろで流れてた映画のワンシーン!
  若いとき二人で何度も観た映画の名台詞!
   あれはごまかせへんで~?!」

「聞き間違いよ~ デパートの中だったし~」

「いや、とっさに切ったのは
 真利子の耳にもその台詞が入ってきたしや」

「一度きりの約束だったの、信じてくれない?
 体を張ったから無利息、無催促なのよ?
  これ以上言われたらストレスが爆発しちゃう!」

「ああぁ ・・・ わかった ・・・」

「ゆうちゃん ・・・ 今晩部屋に来て?
 バレンタイン中、また出張でしょう~?」

「いやでも~ ・・・」

「タバコは吸わないから ねっ?(笑)」



嘘が嫌いだった私が
初めて夫に作り話をした夜
ちょっぴり可哀そうになって夫を求めてあげました

実は私たちの夫婦生活は年に一度あるかないか

タバコを吸わない夫が
徐々に私から距離を置くようになり
極め付きはタバコを吸ったあとの私が
猛烈に二度目を求めてしまって
それに反応出来なかった夫が意気消チン
夫婦で二度目は難しいのかな~ ・・・





社長
「チョコレートの代わりに夫婦の営みか~」

「次の日会えるとわかっていたから
 気分が良かったのよ あぁん~ ・・・」

「俺にはなにをくれる?」

「社長がちょうだい~ ここから出るもの」

「どこにや?!」

「お口に ・・・ ごっくんしたいの!」

「よっしゃ!そうと決まったら ・・・」

「まぁだっ!もっとしっかり食べさせて!
 (ジュルルルっ!ジュル!チュポチュポ!)」

「真利子~~」

「あぁん~~ 美味しい~ 社長ぉん~~」





そういえば確か夫にも言ったはずです

「こんな私でよかったら」と ・・・

毎回ザーメンを口に注ぐ彼がいて
セックスが嫌いになり、おまけに
タバコを吸うクセがついたことも話しました。

しかし ・・・
セックスの中身さえよければ
自ら飲み干してしまうという卑猥な現象



「昨日の旦那となにが違うんやッ?!」

「全部っ!!」

「奥まで当ててくれへんのか?あの旦那は!」

「当ててくれない!あぁん~ 気持ちいい~!」

「俺も気持ちええ 限界かも ・・・」

「はぁ~ ちょうだい!!お口に~!」

「真利子!俺のチンポはそんな小さいか?!」

「ああん~~ これくらい!」

「そうや!全部飲んでしまえよ~?!」

「社長 大好きっ!!」

「真利子ぉぉぉ~~~~~!!!」

「あっ、あっ、ああああぁぁ~~~~」




結婚16年目での浮気
昨年、15年目(水晶婚式)にプレゼントされた
高級な水晶のネックレスに
社長のザーメンが飛び散ったこと
夫には内緒です ・・・




「元カレとどっちが美味かった?」(笑)

「もちろん社長よ~^^ タバコ吸っていい~?」

関連記事

| 妻の告白 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/631-ff870d58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT