| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私と部長 ~セックスは二年後~

「ふう~ 意外と重いなアイツ」

「ええ、助かりました すみません
 飲むペースが早いから ・・・」

「ペースじゃないんだよね~ 順番や
 ビールを飲んだあとに焼酎、ウイスキー
  そしたらあそこまで酔わないと思う」

「へぇ~ そうなんですか」

「一緒に飲んだ時はそう言ってるんだけど」

「頑固なとこがあるから困ります^^」

「ちゅうことで僕もそろそろ ・・・」

「はぁ~ ・・・」

「焼酎に切り替えようかな~」

「えっ、あっ、はい^^」

帰るんちゃうんか~~~~い!(笑)


【汀(なぎさ) 主婦 30歳】 妻の告白




「あっ、作ります!」

「いやいや、これくらい自分で」

「えっ、そのグラス
 さっき私がビールを頂いた ・・・」

「間接キスは犯罪にならへんやろ?(笑)」

「部長さんは間接キスで
 満足なさるタイプなんですか?(笑)」

「奥さん笑ってるけど
 それは男が勘違いするよ」

「ですよね^^ 言葉を間違えました ・・・」

「さてっ!今日は帰ろうかな
 遅くまでゴメンナサイね 奥さん」

「いえっ!こちらこそスミマセンでした!」



2年前の
半年ほどの間に起こった様々な出来事を
こんなこともあったな~
なんて思い出しながら ・・・


松永文哉さん(当時42歳)は
主人、堀内春斗(33歳)が勤める
大手レンタカー会社で
統括部長をされていた偉いさん

直属の上司ではないんですけど
研修時代に指導をされていた方で
なぜか今でも目をかけてもらっている
そんな間柄。あとは
クラシックカー好きという共通の趣味があり
何度か一緒に撮影会などへ出掛けています。

ですが今は部長さま ・・・
生まれ故郷の三重県にて
新しいレンタカー会社を設立
とても忙しくされてるようです ・・・


「頑張ったはるんやね」

主人
「アノ人はなんでも出来る
 数年後にはうちの社を抜いてるかも」

「またここにきはったらいいのに ・・・」

「なぎさは馬が合ったみたいやしな^^」

「っん~ そうね^^」


と主人には思われていますが
馬どころか私には
情も波長も気持ちも心も
通じ合ってしまったような初めての出会いでした


「部長さん もう少し飲まれていっても ・・・」

「ううん 今日は遅いしほんとに帰る
 今度京都に来たときは ・・・」

「メアド教えときましょうか?」

「それも言葉間違ってない?(笑)」

「スミマセン^^
 なんか追い返すようで悪い気がして」

「それなら ・・・
 さっき焼酎を注ごうとしてたグラスに
  美味しい水を入れて持ってきてくれるか?」

「あっはい、今すぐ」

帰られる間際の玄関でのひとコマです

「おっ!ありがとう
 奥さんの唇の跡はどこかな?」

「部長さんw」

「ここやなっ!(ぐびぐびぐびっ!!)」

「喉が渇いてらしたんですか~?」

「違うっ、ここでさっきのセリフや!奥さん」

「セリフ?」

「部長さんは間接キスで ・・・」

「ああぁ~^^ 部長さんは間接キスで
 満足なさるタイプなんですか?(笑)」

「満足出来ないよ?」

「えっ?ふはぁ~ん ・・・」

「柔らかい唇 奥さん もっと舌出してっ」

「部長ぉ~ ・・・」

「片手で収まりきらん!Gカップはあるやろ?」

「はぁ~ Fですぅ~ ・・・」

「吸いたいけど玄関やし我慢するわ」

「部長、明日は?」

「朝イチで東京に戻る。当分は関東方面やな」

「そうですか~ ・・・」

「こうなると思ったか?」

「なんとなく ・・・」

「最後に舌いっぱい絡ましてホテルに戻るわ」

「はいっ」

(ジュルジュル~ レロレロレロ~ ・・・)



あるていど勘の働く男女ならば
数分先のことくらいはわかるんですよね~

正直、一目惚れのようなものでした。
松永さんはとてもイケメンで笑顔が素敵な方
幼く見える主人には出せない男の色気を
プンプン振りまいてウチへ来られたんです。


そして次にお会いしたのは
ここから二か月後の三月半ば

主人の誕生日にサプライズをしてくださると
うちの人には内緒で訪問されました。


「何かのチップですか?」

松永
「これか?パソコンに挿したら
 クラシックカーの映像が見られる
  堀内君が見たことのないものばかり」

「それは凄い喜ぶと思います」

(ガチャガチャ!バタン!!)

「あっ?!主人かも!」

松永
「なんで昼に帰ってくるんや?」

「時々あります。ご飯とか忘れものとか
 でも大丈夫、ガレージに面した
  別の玄関から入るので気付いてません」

「二階に上がってきたら?」

「あぁ~ じゃあ、この納戸に入りますか?」

「とりあえず数十分で出て行くんやろ?」

「はいっ、多分 ・・・ こっちです部長~ ・・・」

「真っ暗やな、少し開けとこ
 奥さんを探したりはしないの?」

「私はしょっちゅう
 買い物とかで出入りしてるの知ってるから」

「そっか~ ここならおっぱい吸えるな」

「うふん^^ 本気ですか?声出ちゃいますよ?」

「そこを工夫するのが人妻やろ~?
 (ジュブジュブ ジュル!チュウチュウチュ~)」

「はぁん~ 部長さん~ ・・・」


二人が身を隠したのは納戸の中の押し入れ
そこで最初は立っていたんですけど
主人がなかなか腰をあげずにいたので
こちらが腰をおろし松永さんにカラダを委ね
舌先と指先の愛撫に興奮したひととき

でも、、、
ホントにひとときでした。

正午に出ると早くても
午後8時になるまで帰宅しない夫
それも話したんですけど
うちの人のパソコンにサプライズを仕掛けると
そのまま帰ってしまわれた松永さん ・・・

あの日、玄関で味わった濃厚なキス
押し入れで撫で回された乳房に
彼の温もりが残った乳首の感触
私の性感帯はもっと彼を欲しがっていました!


主人
「忙しいのにマメな人や」

「全部見たの?」

「関東の撮影会、あとでゆっくり見るよ」

「すぐ帰らはったよ?」

「そらそうや、仕事の途中やもん」

「だって
 春ちゃんのために来てくれやはったんやし
  お茶くらいは ・・・」

「5月のGW前はまた京都にもきはると思う」

「そぉ~ ・・・^^」


大きく分けるとその5月が
最後の再会となりました ・・・


「あぁ~^^ 部長ぉ~^^」

「ご無沙汰してるね^^
 これ、この前実家に帰ったしお土産
   松阪牛のしぐれ煮
    アツアツのご飯にメッチャ合う!」

「あっ、ありがとうござます~
 春ちゃん うちの人、今応援で ・・・」

「知ってるよ 大阪の営業所な」

「部長 どうぞ入ってください」

「入ったらどうなる?僕ら、歌にもあるやろ?
 お茶だけのつもりが~♪って(笑)
  別れるのがつらくなるよ?」

「はぃ~ ・・・」

「僕と奥さんは出会ってはいけない二人
 だったと僕は思ってる」

「じゃあキスもしないで欲しかった ・・・」

「奥さん?僕は男や 男はスケベなんやw」

「どこにいつまでお泊りですか?それだけでも」

「来たらあかん!僕にも妻がいて
 奥さんには大切な旦那様がいる」
 
「わかりました ・・・」

「自信がないんや!」

「えっ?」

「のめり込んでしまいそうで怖い
 それほど魅力的な人妻なんやで?」

「私のどこが?」

「顔も声もおっぱいも全部僕好み!」

「嬉しいですけど、そういうことなら
 今日でお別れにしたいと思います」

「お別れと言われるとツラいな ・・・」

「だって私も部長さんを想ったまま淋しいし ・・・」

「お茶はあかんからコーヒーで繋いでおこかw
 美味しいコーヒーあれば飲ましてくれるか」

「はいっ^^ あります!」

来られたのが昼前
大阪へ応援出張している夫の昼帰宅はなく
夜も11時や12時まで戻りません


松永
「ごちそうさま ・・・」

「なにを見られてます?」

「あのときも僕の視界に
 奥さんが口をつけたグラスが入って
  ちょっとドキドキしたんやった ・・・」

「なににドキドキしたんですか?」

「そのぽってりとした柔らかそうな唇が
 グラスから離れる瞬間を見てしまったからね」

「あぁ~ ・・・」

「うんっ!帰るわ ・・・ 今日はもう
 キスやおっぱいだけで済みそうにないw」

「部長っ~ ・・・」

「可愛いな 服引っ張って」

「わたし、追いかけたりしません」

「いやいやいや、僕がそうなりそうだから!」

「独立のお話、主人から聞きました
 今まで以上に忙しくなるって ・・・」

「っん~ 二年は働きづめやろな
 ほんとはそれもあるんやで?
  こんな時に遊んでる場合じゃないって」

「じゃあ、事業が成功したら会ってください」

「奥さんみたいな可愛い人妻に
 次の予約を入れられるなんて男冥利に尽きる!」

「ご予約は初めてですか?」

「えっ?あっ~ 初めてです(笑)」

「ここに10秒間
 チュってしてくれはったらそれで完了どす^^」

「フフ^^ 可愛い~ (チュウぅぅぅ~ ・・・)」

「受け付けました^^
 では二年後、お待ちしています」



///////////////



主人
「明日の夜は居てくれるよな?」

「出るのは今晩だけ~ なんで?」

「松永部長 ここに来るって!」

「マジ?ほんま?!嬉しい~^^
 忙しいのに寄ってくれはるんや~」

「会社の経営が波に乗ったらしいから
 気持ちに余裕が出てきたんかな~」

「わかった!昼間のうちに
 お酒のツマミとかいっぱい作っておくわ
  じゃあ、ごめんやけど行ってくるね~」




///////////////




「奥さん~^^ 入って?」

「お邪魔します~^^」

「理由は作れた?なんて言ってきたの?」

「友達三人でご飯とお酒を ・・・」

「そっか、上着脱いで」

「その前に ・・・
 ほんまに松永さんですか?」

「えっ?」

「予約の確認どす ・・・ ここに10 ・・・」

「何秒でもチュウするで ・・・」

「はぁ~ 部長~ 会いたかった!」

関連記事

| 妻の告白 | 04:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/615-f063d3e9

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT