PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【浮気妻 小春】ガラス戸の向こうの馬並みペニス

『あぁ~ やっと繋がった』

『聞こえてたよ ・・・
 シャワーを浴びてたさかい』

『そぉ~ お疲れ様』

『美羽ちゃんちに行ってるんとちゃうんか?』

『来てる、今ベランダ。タバコ吸ってるの ・・・』

『出た!また猫アレ?』

『ごめんね、匂いに我慢出来なくて ・・・』

『かまへん、吸いたい時は吸えば ・・・』

『まさはる ・・・』

『なんや?』

『好きっ 会いたい ・・・』

『ふっ^^たった一週間の出張やで』

『みんなカップルで来てるし ・・・』

『言うといて?今度は参加するからって』

『っん~ ・・・』

『どうした?ベランダは寒くないか?
 はよ中に入ってワイワイやれば?』

『ごめんね、疲れてる時に ・・・』

『ううん、切ったら早めに寝る』

『最後にまさはる!!』

『愛してるよ ・・・』

『ずっと私だけを愛してくれる?』

『もちろん!何があっても小春だけを愛してる』

『うん~ 私も ありがとう、おやすみ ・・・』


【小春 主婦 37歳】 妻の告白



知り合いのお宅にお邪魔しているとき
血の気がスーっと引いてゆく思いをし
いたたまれずベランダへ出て
新鮮な空気を吸ってみた。
タバコは吸っていません ・・・

それでも落ち着きを取り戻せなかったので
出張中の主人(長瀬雅治 37歳)に
電話を入れて声を聞いてみた

しかし、私の心音はドックンドックン鳴りやまず

でもひとつ安堵したのは
主人がかけてくれた優しい言葉

どうした?ベランダは寒くないか?
はよ中に入って ・・・

中に入ってペロペロすればいい

そう言ってくれたはずだと勝手な解釈思い込み


「小春さん 寒くない?」

「あっ、うん~ もう少し風に ・・・^^」

確かに寒かった 二月の末だもん

主人を裏切る気持ちがカケラもないなら
そんな寒いベランダなんかに出ず
玄関を出れば良かった

それなのに ・・・ いえ、これはとっさの判断ミス
私が悪いわけじゃない。悪いのは
そこの布団に寝そべっている彼の ・・・

彼の股間に鎮座する馬並みのペニス!!



「小春~ 紹介する
 主人の会社の後輩さん 熊崎君」

「熊崎闘馬です よろしく」

「めっちゃイケめんやろ?小春のタイプちゃう?」

「あぁ~^^ ホント カッコいい^^」


今年二月の末でした
友達、美羽のお宅に招かれた時の出来事


仲のいい友達はみんな結婚し子供もいる中
私と美羽だけが37歳になっても子ナシ状態
それが一気にぼっち状態へ ・・・

松田健吾さんという会社の上司と
長らく不倫をしていた美羽に待望の赤ちゃん
二人ともすぐに離婚をし
新しい家庭を築きました(入籍はまだ)

祝いだから高校時代の友達が数人集まる
そんな風に聞かされていたけど
そこに居たのは美羽とご主人と後輩の彼だけ

昔から時々あったんです
わがままで自分勝手な部分がある子だから
直前に変えたり、最初から騙していたり

この日もメンバーを見て
騙された~とすぐに気づきました

食事だけご馳走になったら
帰宅しようと考えていたんですけど
居心地が良かったんですよね~
私の横に少し年下の男前がいたから ・・・

熊崎闘馬さん 32歳

美羽
「まさはるさん 出張なんやろ?」

「うん~ そやねん~ ・・・」

「うちに泊まっていけば?お酒も入ってるし」

「いいよ タクシー呼ぶから ・・・」

「熊崎君にはひと部屋使ってもらうし
 一緒に泊まればいいのに~」

「一緒に ・・・?!」


キターーーっと思いました
誘われたことを喜んでいるのではなく
美羽特有の自分勝手さ
夫のいる友人を他の男性とくっつけるなんて
さすが不倫経験者にしかわからない思考

でもこの日は私も
美羽に負けず劣らずの大バカ者でした。

それを聞いて飲酒のピッチを上げると
帰れない理由をドンドンと作り上げてしまう
タガの外れかかった悪い妻 ・・・


美羽
「小春っ トイレから戻ってきたらその部屋よ?」

「ウイっ~ どこ?その部屋?」

「うん~ 和室ね
 小春が寝てる間に布団は敷いておいたから
  熊崎君はもう横になってると思うわ」

「ええっーー ・・・」

「うちの人も寝てるし 私も ・・・ おやすみ~」

「おやすみ ・・・」

他人の家で初めてウロウロしました
トイレとダイニングと玄関のあいだを ・・・

迷っていたんです。帰るかどうか

でも結局は ・・・

「お邪魔しま~す ・・・」

「待ってましたよ!小春さん」

「あっ、お布団が ・・・」

「そうです!奥さんが敷いてくれたんです
 小春さんはそっちのピンク色の ・・・」

「あっ、でもわたし!
 まだ酔ってるから風に当たろうかな~^^」

「寒いですよ?外は ・・・」

(ピシャっ!)


小春さんはそっちの、と
彼の上半身が迫ってきたとき
見えてしまったんです

まだ振り返って玄関へ向かう事も出来たけど
なぜか部屋の奥に進んでベランダへ出た私

ドキドキしますよ 
あんな大きなおチンチンを見せられたら
主人の倍は優にある馬並みペニス


『ずっと私だけを愛してくれる?』

『もちろん!何があっても小春だけを愛してる』

『うん~ 私も ありがとう ・・・』

本当にありがとうな気持ちでいっぱい
何があっても愛してくれる旦那様で良かった

だって私 ・・・
このガラス戸を開けて中に入ると
あの馬並みペニスを咥えてしまうのは
逃れられない事実
奇跡的に!
イヤっ、俺実はゲイなんですw
と彼が笑って言わない限り ・・・


「あぁ~ ちょっとスッキリしたかな ・・・」

闘馬
「あっ、そっちいかれます?」

「えっ、ピンク色の ・・・」

「僕の布団、もうあったかいんですよ」

「あぁ~ ・・・」

「小春さん、ずっとベランダにいたから
 体が温もるまでこっちに入って下さい」

「じゃあ少しだけ ・・・^^」

「ほらぁ~ あったかいでしょ?」

「っん~ あったかい あっ!闘馬君~」

「なんでご主人に電話したの?小春さん」

「こうなると思ったからうろたえたのかも ・・・」

「もっと強く握ってください」

「はぁん~ 凄く大きいっ ・・・」

「ご主人の声を聞いたあとに食べれるのか
 それだけを心配してたんですけど ・・・」

「食べたい!
 とけるようなキスをしてくれたら ・・・」

「こんな美人!僕がとけてしまうかも!!」

私は夢中になって彼の唇と重なりました
そうしながらペニスをしごいて頭をフル回転

どんな風にすれば喜んでもらえるのか ・・・


「おっ!小春さん~ 嬉しいけど
 女性だけにさせるのは好きじゃない
  シックスナインで愛し合いましょう」

「っん~ 私も舐めて欲しい~」


こっちが年上だから
少しリキんでいたようですが
すぐに彼がリードして和らげてくれたんです

しっぽりと
シーツが濡れてしまうまで ・・・

闘馬
「わかります~?
 指でゆっくりと擦ってる ・・・」

「はぁ~ 声出してもいい~?」

「大丈夫、先輩たちの部屋とは離れてます」

「もう逝く これちょうだい!」

「奥さん!欲しいなら!
 ちゃんとお願いしないと~?!」

「闘馬君の大きいおチンチンを ・・・」

「誰と比べてるんですか?!」

「主人っ ・・・」

「早く言わないと逝ってしまいますよ?」

「欲しいっ!主人より大きな ・・・」

「汁でジュクジュクになってきたっ!!」

「あぁ~ ダメっ!逝っちゃう!!」

「奥さん!お願いしてくれないんですかッ?!」

「ああん~ 入れてっ?!大っきいの~!
 闘馬君っ?!はぁ~ イヤ!逝くっ!!
  チンチン!馬並み!あっ!逝くぅ~~~~」

「うわおっ!刺激的なお願いですね~
 そんなに暴れたら僕の肩が外れますよw」

「ごめん~ 気持ち良過ぎてぇ~ ・・・」

「暴れていいのは!
 奥さんのおま〇この中だけっ!!」

「ああぁ~ 大っきくて壊れちゃう~~!!」

「そのうち慣れてきます ・・・」



大きなオッパイを口に含んだとき?
ちょっと違うかもしれません
男性の場合だとどうなのか、この
おま〇この中を膨満感に
満たして感じさせてくれる本物のペニスの感触

たまりません~ ・・・


闘馬
「また会ってくれる?」

「どこに行けばいいの~?!」

「気が早いな~ 小春さん
 まだメアドの交換もしてませんよ」

「メアドの交換もしてない人妻に
 手を出した人が悪い ・・・」

「たしかに ・・・ 僕の一目惚れ」

「ホント~?」

「でも、後悔はさせてないでしょ?!」

「あぁん~ 急に早くなるの嫌い~」

「どうしてッ?!」

「気持ち良くなるから~~」

「それがセックスというものッ!!」

「ああぁ~ 私のほうが好きになる!」

「出会った日に両思いか~ ・・・」

「だって ・・・」

「男が喜ぶことならドンドン言っていいよ?!」

「主人より気持ちいいもん~~!!!」

「巨根に怯えてベランダへ逃げ込むくらい?!」

「そぉ~~ あっ!闘馬くぅぅ~~ん!」

「叫んでも逃げられませんよ?逝くまでは!」

「ダメっ!気持ちいいのぉ~~」

「奥さんのGにズンズンっ!当たってる?!」

「もっとぉ~~~!もっと来てぇ~~!!」

「狭いまんこだと百発百中でしょう?!奥さん!」

「いいひいぃいい~~ そこぉぉぉ~~~~」

「凄い!!小春さんの本気汁がッ!!!」

「ああん~ 頭変になっちゃいそう
 気持ちいい~~ 闘馬君?!
  ダメダメ!そこそこっ!!逝くよ?!
   ねぇ?!逝くよ?逝くぅぅぅ~~~~!!」


///////////////



美羽
「名前の通りだった?」

「おはよう~ どういう意味?」

「馬と闘ったの?激しそうだったけど ・・・」

「名前の通り、馬並みでした ・・・
 誰にも言わないでよ~?!」




///////////////




主人
「ええのか?ほんまに」

「うん、決めたもん ・・・」

「悔しいとかそういうなんじゃなくて?」

「子供のことは関係ない ・・・」

「まっ、俺も出張が多いしな
 かしこい犬に小春をなぐさめて欲しい」

「このワンちゃん 可愛い~ ・・・」

「豆柴の成犬が欲しいんやけど
 ミニチュアダックスの赤ちゃん!!
  たまらんな~ 可愛い~~~^^」

「っん~ ・・・」

「このガラス戸開けたら終わりちゃうか?」

「・・・・・ ・・・・・」

「小春、なに考えてるんや?」

「えっ?なに?」

「このガラス戸開けたら!
 欲しくなるやろ~?って言うてるんやw」

「まさはる?!」

「なんや?大きい声出して」

「じゃあ、そのガラス戸は
 開けちゃいけないかもよ ・・・^^」

関連記事

| 妻の告白 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/600-ab089bb9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。