PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私とお義父さん ~乳首の話~

「土屋君?先輩の
 あの子は前にも会ってるな」

「静岡のイケメン」

「上司も男前やったやないか」

「あ~ 河合さんね
 あっ、あの人も静岡の人やわ」

「ワシのおふくろも掛川やし
 翔希にも静岡の血が流れてるぞ」

「だね、翔ちゃんも男前やもん。お義父さんも」

「イケメンに囲まれる人生か ・・・」

「そう、いい男にかこわれてる」

「かこてはいいひん
 お前にそんな金出してへん」

「出すのはもっぱら ・・・」 

「精子くらいや」

「そんなこと言ってないで早くきてよ~」


【さくら 主婦 29歳】 妻の告白



「さっき出たとこやないか?」

「ううん~ もう一時間は経ってる」

「ゆずきは?」

「とっくに寝てます
 布団ひけって言ったしひいたのに~
  もぉ~~ 戻ってきちゃった」

「このドラマ終わるまで待てや」

「二時間ドラマ!今始まったとこやん?!」

「そんな目ん玉むかんでもw
 うずいてんのか?さくらの乳首」

「早く吸ってぇ ・・・」

「吸ったらやりとなるぞ」 「やるの!!」

(むっじゅぅぅぅぅ~~ チュッチュッ!)

「はぁん~ 気持ちいい~ ・・・」

「もうええけ?」

「もっと~~!テレビなんか見ないで
 今からエッチするの!お義父さん」

「息子の嫁がこんなスケベやと
 俺も目いっぱい長生きせなあかんな!」

「そぉ~ ・・・
 長生きして私を楽しませて! ぁん~ ・・・」



今、私の乳首を
舐めて吸って転がしてる人
主人(吉村翔希 26歳)の父、吉村力也 50歳
私とは男女の関係にあります

この日、主人は
会社の上司と先輩とで
夜行列車に乗り東京へ向かいました。
主人の仕事のミスだそうです

義父が釣ってきた魚を
美味しく頂いてた日曜の夕食時
急遽、東京行きが決まり
上司と先輩が迎えに来られるまで
高鳴る鼓動を必死に抑えた
お義父さんと私(多分、二人とも ・・・??)

私は特にアソコも濡れる思いで
この時を待っていた。というのに
テレビを見るとかありえない~~


「布団行くけ?」

「もうここでいいよ お義父さん~ ・・・」

「鯛の油分がちょうどええ感じで
 ローション代わりになってへんけ~?」

「なってる 気持ちいいよ~
 それで下も舐めてくれたらすぐ逝きそう」

「誰が下も舐める言うた~?」

「いつも舐めてくれてるやん~ ・・・」

「ちゃんと頼まんかいな」

「お義父さん クリも舐めて ・・・」

「誰が皮むくんやッ?!」

「わたし! あっ ・・・ お義父さん
 パンツ脱いでクリの皮むくから
  その柔らかい舌で舐めてくれますか~?」

「愛らしい言い方するやないけっ!
 いっぱい舐めたるわな?!さくらッ!」

「お義父さん ここぉ~ ・・・」

「おうっ!乳首も一緒にや!」

「あぁ~ これ好き!」

「おもいきり引っ張ったら?!」

「あっ、ちょっと痛いかも ・・・」

「ワシの聞き間違いかッ?!」

「お義父さん~ ・・・」

「も少し強めに引っ張ってやるさかい
 さくらのカラダに聞いてみろや~?」

「ああぁ~~ あん~ ・・・」

「どっちの聞き間違いやった?」

「わたしかも~ ・・・」

「カラダは悦んでたか?!」

「はぁ~ 感じる~~」

「ちゃうやんけ!こうやって引っ張られて!
 体は悦んでるんか?って聞いてるんや?!」

「ああん~ お義父さん 強い~~」

「今のでマンコもパックリ割れよったぞ~!!」

「そこぉ~ 舌でイジめて!」

「クリなっ ・・・ 乳首も ・・・」

「あっ~!お義父さん!
 もうちょっとで幸せになるぅぅぅ~~ ・・・」

「お前の幸せがワシの ・・・」

「乳首もっと!もっと強くつまんでぇ~!!」

「ワシの幸せやッ~?!」

「ああっ~!気もちいい~ 幸せっ~~~
 お義父さん あとでいっぱい!!
  チンポ吸ってあげる~!あっ!ダメっ!!
   イヤっ~ 逝く!!イヤ!イヤぁ~!
    逝くぅぅぅぅぅ~~!!ああん~~~~~」





半年前、私は
あることで悩んでいました
クリニックに通ったりママ友に相談したり
でも体に合ういい薬などが見つからず
「日にち薬」に収まりつつあったある日の午後



義父
「なんの話してたんや?」

「なんでもないです」

「乳に手なんか当てて
 私はデカパイですって悩んでるんか?」

「ルミさん?大きいですか?」

「さくらのほうが大きいてか?」

「そんなことは ・・・」

「デカパイの話やろ?」

「違います」

「でもオッパイの話なんやろ?」

「違います~ ・・・」

「じゃあ何の話してたんやッ?!」

「乳首の話です!
 声が大きいですよ?お義父さん~ ・・・」

「なんや?ルミちゃんの乳首はデカいんか?」

「なんでっ!そっちのほうばかり~
 私の乳首の話を聞いてもらってたんです」

「どうしたんや?さくら」

「実は ・・・」


授乳期のかぶれの悩みを
お義父さんに打ち明けてみました
もちろんエッチな目的など一切なく
純粋に「かゆみ」を止めたかっただけ

それなのに
お義父さんから返ってきた言葉は

「翔希に舐めてもらえ
 そのうち治るやろ~」

「結局は日にち薬なんですかね ・・・」

「さくらはデリケートなんや
 薬なんか使わんと
  舐めてかゆみを緩和したらええ」

「自分で舐めれないし(笑)」

「だから翔希は?」

「年上女房だとそういうのなかなか ・・・」

「恥ずかしいんやな ・・・
 痛みは?かゆみとかあるんか?」

「かゆみが ・・・」 「今もか?!」

「はぁい~ ・・・」

「ここにチョット横になってみいや~!」

「あっ、なんです~ お義父さん ・・・」

「ええさかい!乳出してみろっ?!」

「お義父さん ちょっと!やめてください~」

「かゆいんやったら一石二鳥やないけっ
 あっ!これは~ かぶれてるぞ!さくら!」

「お義父さん!もぉ~!!こんなとこでっ!!」

「乳吸うだけのために
 わざわざホテル行けっちゅうんけ~
  (チュッパチュッパ ジュルルル~~)」

「そういう意味じゃなくって もぉ~~ ・・・」

「かゆみも治まって 気持ち良くて
 一石二鳥やろ?!さくら~~!」

「はぁ~ ・・・」

「さくら どうなんや~?」

「っん~ ・・・」

「うん~じゃ分からへんぞ~?」

「かゆみはとれてますぅ~ ・・・」

「なんや蚊の鳴くような声出して
 そっちとちゃうわい!!
  気持ちええんかって聞いてるんや?!」

「はぅ~ お義父さん~ ・・・」

「なんや?さくら」

「気持ちいい~~ ・・・」

「何でも合理的に考えてなっ!
 使えるもんはかぶれた乳首でも使って
  気持ちようなるんがオスとメスや~」

「だめぇ~ 濡れてきたみたい~ ・・・」

「ほなあとは~
 ワシのチンポを濡らすだけやのぉ~」


というなりゆきで
おチンチンを咥えてその場でドッキング
しちゃったんですよね ・・・

年下でかなり奥手な主人に
性的ストレスが溜まっていたのかもしれません


お義父さんは
私たちのすぐ近所に住んでいて
一週間に一度、三人で食事をしています

授乳期の乳首のかゆみは
止まっているんでしょうけど、新しく、
大人の赤ちゃんが作ったかぶれを潤すため
三日に一度の割合で体を重ねています



義父
「有言実行の女やな」

「なんで~?」

「あとでいっぱい!!
 チンポ吸ってあげる~!って言いながら
  おもいきり逝ったしな~ さくら」

「うふっ^^ 全然覚えてない ・・・」

「そうか ・・・
 無意識のほうがワシは嬉しいよ
  さてっ!どこに入れて欲しいんや?!」

「ここっ~ お義父さん 入れて ・・・」

「ここかぁ~~
 入れる前からヒクヒク言うとるやないけ!」

「入れて~って鳴いてるの ・・・
 入ったら私が鳴く番 ・・・」

「さくらッ~~!」

「ああぁ~ 硬い!!お義父さん~~」

関連記事

| 妻の告白 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/589-76647593

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT