PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和のボインの生き残り(1)

このお話は2部構成になっています

昭和のボインの生き残り(1)
昭和のボインの生き残り(2)

※全て別窓で開きます。





「忙しくてバタバタしてたから
 二人で入るのもひさしぶりね」

「おう~ 今晩はゆっくりできそうや」

「お湯加減、丁度よかった?」

「ええ感じや お前もつかれ」

「じゃあ私も ・・・」

「これ塗って」 「なにこれ(笑)」

「一秒でも長いこと入れときたいんや」

「ベッドまで我慢できない?お湯汚れちゃうよ」

「どうもない、チ〇ポに塗りつけて跨れ」

「っん~ こんなかんじかな~ ・・・」

「はよっ」

「うふっ^^ 入れるよ お義父さん」

「マイっ!」 「なに?ああっ!!」

「そろっと腰を落としていけ」

「あぁん~ 入った!!」

「入れとーてムズムズしてたわ!」

「私も!お義父さん あんっ、気持ちいい~~」



【舞 主婦 27歳】 妻の告白




15時間前(早朝6時)


義母
「こんな時ばっかり舞ちゃんつこてゴメンやで」

「いえ、こういう時のために私がいるんです」

「お店のことはええから
 お父さんの世話だけお願いします」

「はいっ~」

「だけって ・・・ 
 あの人の世話が一番大変なんやけどw」

「お義母さん、温泉にでも入って
 ゆっくり休んできてください
  うちのことは私におまかせを!」

「ほんじゃ 舞、行ってくる」

「啓ちゃん 気をつけて
 おみやげ楽しみにしてるわね^^
  行ってらっしゃい~」


私が嫁いだここ倉澤家は
京都のとある神社内でお休み処をしています
経営者は夫(倉澤啓太 26歳)の実父
倉澤徹(52歳)
お店を手伝っているのが義母と主人
あとはパートの店員さんが5、6名ほど交代で。

私は専業主婦です
時間に余裕があるので
手伝いたい気持ちはあるんですけど
動きが鈍いと主人に言われてから
行くのを断念しました。
あと、英語も中国語も出来ないし ・・・
 
最近の京都は
海外からの観光者で賑わっています
お店には滅多に顔を出しませんが
去年一年間も忙しかったこと
雰囲気で分かります。この人の ・・・


「冷たい茶 一杯くれ」

「はい、ただいま~ ・・・」

「茶だけかい?」

「えっ?キンキンに冷えたお茶ですよ(笑)」

「それでも茶寮の嫁かいな~」

「んん? 茶菓子~ ・・・???」

「茶菓子とは言わん
 甘いもんを添えてやらんと~
  マイの体で一番甘いところ」

「もぉ~^^ お義父さんったら」

「ハッキリ言うたら良かったけw
 こんなバタバタした時間のない時に」

(チュっ ・・・)

「もっとや マイ~ もっと舌も絡めて~」

「あん~ お義父さん まだ明るいのに ・・・」

「お前と出来ひんさかいチ〇ポが泣いとるわ」

「次はいつくらいですか?」

「12月にうちのんが里に帰りよる
 もしかするとまた前みたいに
  啓太がついて行くかもしれん」

「まだ一か月も先か~ ・・・」

「今でもかまへんぞ?」

「ううん~ ゆっくり出来る時がいいです」

「ほなっ 店戻るわ」

「あっ、お義父さん!」 「なんや?」

「好き^^」

「そんなこと言うたら勃つやないかっ
  咥えてくれ!マイっ!ほれっ?!」

「もぉ~^^ お義父さんのエッチ~」



主人と結婚して二年
義父とした最初のセックスも約二年前
私とお義父さんは結婚して間もない頃に
男女の関係になっていました。

そのキッカケになったのはおそらくコチラ
結婚より更に一年遡ること三年前
私が24のときになります ・・・



「おたくが飼ってたの?」

「いえ、天神さんに出店を出すオジサンが
 子犬の入ったダンボールを見つけて」

「可愛い柴ですね。もらっていきます」

「あっ、電話でもお話したんですけど ・・・」

「うんっ、いつでも見に来てください」

「ありがとうございます^^」


子犬を拾いましたが
実家暮らしの私には飼えず
新聞にある「譲ります」コーナーで
動物好きの義父と出会ったんです
そしてたびたび倉澤家にも訪れ
子犬の成長を見る傍らで ・・・


義父
「日に日に成長してるんちゃうか?」

「でしょうね~ 前足も太くなったような」

「マイちゃんのおっぱいのことやで?」

「ええへっ^^ なんですかそれ~(笑)」

「昭和の生き残りのようなボインしてる^^」

「一応、平成生まれなので ・・・w」

「いや形がな ・・・
 ただ大きいだけやなく
  男の下心をそそる魅力的な胸ってことや」

「下ゴコロ ・・・ はぁ~ ・・・^^」

「啓太とは上手くいってるんか?」

「もう4、5回はデートしました ・・・」

「そんなに会ってるんかw若い子は早いな~」

「お義父さんの ・・・」

「ふん~?」

「あっ、いえ ・・・
 出来ればここに嫁ぎたいな~とw」

「暮らしには不自由させへん
 いずれ茶店は啓太が継ぐんやし
  俺もマイちゃんに来て欲しい」

「はぃ~ 嬉しいです^^」

「そしたら毎日見られるしな。昭和のボインを」

「もぉ~ そればっかり(笑)」


子犬に会いにいくたび
義父や義母、主人ともドンドン打ち解け
あっというまの結婚劇になりました。

そして ・・・


続く ・・・


昭和のボインの生き残り(2)

関連記事

| 妻の告白 | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/582-8e0ef430

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT