PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(3)

このお話は3部構成になっています

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(1)
私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(2)
私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(3)

※全て別窓で開きます。




「たまには俺の相手もしたらんと
 可愛そうやし来てくれたんやろ~?」

「そう思ったなら撫でてください~」

「どこをや?」

「さっき強く握った私の手を ・・・」

「すまんかったな ・・・
 そやけど一緒に観るのがエロ動画や
  33歳の人妻なら俺に迫られることも
   薄々はわかってたんちゃうけ?」

「そう思ったなら撫で撫でしてください」

「今度はどこや~」

「さっき引っ張られた時に当たった膝頭を ・・・」

「痛かったな~ 悪かった ・・・
 言うたって静香も!今日俺に裸を見られた!
  そやからあっちのほうが火照って ・・・」
  
「そう思ったならナデナデしてください」

「このへんか~ ・・・」

「お義父さん 下はまだ ・・・」

「どこやっ?」

「さっき乗っかられて圧迫した胸を ・・・」

「色っぽいの~ 自分ではだけて
 おおおおっオオおぅ~ この乳や!!」

「撫で撫では?」

「ここは撫で撫でちごて
 舐め舐めちゃうけ~?!静香ぁ~!」

「あはぁん~~!あぁっ~ お義父さん~~」


【静香 パート 43歳】 妻の告白



スっと立ち上がり
サッサと部屋を出ればいいものを
後ろ髪をひかれたくてわざとモタモタしていた
まぎれもないかまってちゃん ・・・

義父と交わりたかったわけじゃない
エッチな映像を見ていた57歳の義父が
どんな風にエレクトしていくのか
それが見たかっただけなんですけど
イイ体と言われ方向転換してしまいました


主人は浮気するような人じゃないけど
娘が出来てからあきらかに
私の体から興味を失った様な感じ

友人、知人からよく聞く
彼女から妻になり妻からお母さんになる
それを痛いほど痛感していた33歳
秋の出来事 ・・・



「お義父さん~」

「おはようさん、浩之から電話があった」

「えっ、うそでしょ?どうしよう!」

「復旧工事は今終わったけど
 出張は予定より長引きそうやからと ・・・」

「はぁ~ そうですか ・・・」

「代わろか?言うたら、お疲れぎみやし
 静香を起こしてやらんといてくれって。
  優しいとこあるやないか~」

「最近、風邪っぽくてグズってましたから」

「そうか~ ・・・」

「でっ、お義父さんはなにをなさってるの~?」

「朝チンポもええやろ~」

「優しくないですね~ お義父さんは ・・・」

「これが俺の優しさや」

「まだ朝の5時半ですよ~ あっ~ ああぁ~」

「静香っ~ 昨日よりデカいぞっ?!」

「っん~ 凄い感じるぅ~~」

「旦那が夜中、突貫工事してるあいだ
 三回もハメまくって!まだ足りずに朝から!」

「だって気持ちいいんですもん~~」

「ほなっ!今日もやりまくるけッ?!」

「はぁ~~!そうしたい!!!」



この日を境に私とお義父さんは
禁断の花園ゾーンに突入し、約二年間
セックスで潤った日々を送ることになりますが
三年目に入ってすぐ義父が病で倒れます。



「静香、出してくれ?」

「病室ですよ?お義父さん~」

「もうひと月ほど吸うてへんやろっ?」

「ここではダメ!元気になってからね?」

「個室やから呼ばん限り誰もこうへんがな?!」

「怒るとハゲますよ^^?」

「もうハゲとるわいッ!なぁ~、チョットだけや」

「じゃあ少しだけ ・・・
 物音がしたらすぐにヤメてくださいね ・・・」

「おおおぉオおッ~ おおッ!おおッ~~~
 (チュパチュパ!ジュルルルっ~!!!)」

「噛んだらダメよ~ 声が出ちゃうから」

「そんなん言うたって~!
 (ジュルルルっ~!!ハムっっ!!)
  声出すのがお前の仕事やないけぇ~?!」

「ダメ!お義父さん!ここで噛んじゃイヤっ!」

「(ハムっ!ハムっっ!!)静香愛してる!」

「お義父さんに乳首噛まられると
 おチンチン欲しくなっちゃうぅ~ ・・・」

「おおっ~!やっぱりそうこんとなッ!
 できひんけど布団の中でシゴいといてくれ」

「ホントに病人ですか~?凄い硬くなってる!」

「お前を愛してる証拠や~」

「お義父さん~ もっと強く噛んでっ?!」

「おおおっオオッお!!!」

「あっダメ!我慢できない!食べちゃう!!」


(ガラガラガラっ!)

「なにしてるんや?!」

「あっ?!ひろちゃん ・・・
 お義父さんが汗をかかれて」


「お前のことや!
 乳が片方だけ出てるぞ?!」


「えっ!なんで?やだぁ ・・・」




必死で取り繕ったんですが
主人にはバレてしまったでしょう
もしかすると病室の前で
たち聞きされていたのかもしれません
しかし私を責めるようなことはせず
淡々と時間だけが経過していきました



「しんどくないですか?お義父さん~ ・・・」

「どうもあるかっ!まだまだ元気じゃ
 チョット休憩したら二発目もやるぞ~^^」

「無理はしないで下さいね ・・・」

「無理するわ!こんな可愛い
 寅年のチーター残して死ねるかい~ ・・・」

「お義父さんもですよ?」

「あっ、ほんまや!今気づいたわw」

「二人とも寅年生まれ ・・・」


これが義父の一時帰宅時、ホテルにて
お別れセックスになりました
7年前のこと

そして主人もお父さんを追うように
脳梗塞で若き人生を終えてしまいます
それが今から ・・・


「5年ですか ・・・」

「はい、ちょうど丸5年になります」

「秋の善光寺は紅葉も美しく
 そのあとに訪れる軽井沢で
  美味しい食事をとりながら男性と ・・・」

「ルールが少し気になってるんです」

「私たち十二支会の趣旨が
 夫婦の性に重きを置いてますもので」

「お逢いしたその日にですか ・・・」

「奥様に先立たれた
 絶倫男性ばかりでございます!」

「わかりました。参加します」




///////////////




「うわっ~!凄く良いスタイルだぁ~!!」

「昭和49年 寅、笠木静香 京都からです」

「どうも、ひとまわり上になっちゃいます
 昭和37年 寅、遠藤利光 群馬から来ました」

「年上の方、好きです」

「年上ですけど!こっちは18です!」

「まぁ~ 立派!」

「奥様、さあっ~ ベッドに ・・・」

「はいっ、失礼します ・・・」





義父と過ごした楽しい二年という月日で
潤いだけでなく枯渇や飢えという
からだの渇きも教え込まれていたようです

もう、おチンチンなしでは
生きてはいけません


静香 ・・・

関連記事

| 妻の告白 | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/573-0ac5e9e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT