PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(2)

このお話は3部構成になっています

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(1)
私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(2)
私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(3)

※全て別窓で開きます。




「裸見られたのがそんな恥ずかしいことか?」

「当たり前です!」

「あゆむの嫁さん、誰や?ほれ、なんちゅ~」

「さやちゃん ・・・」(義弟、嫁)

「おお~! さやちゃんなんか
 俺の目の前で乳ポロっと出して
  子供に吸わせよんぞ~?!」

「さやちゃんは田舎の子だから ・・・」

「お前も田舎の出身やろが?
 なにをお高くとまってるんやッ?!」

「じゃ~ どこまで見たのか教えてください!」

「恥ずかしいクセに追い打ちかけるんか?」

「知っておきたいだけです ・・・
 気になって全然眠れなかったし ・・・」(泣)

「泣くほどのことちゃうやろ?たいそうやのぉ~」

「お義父さん!!お願いします ・・・」


【静香 パート 43歳】 妻の告白




「まず入ってきたときに全身見てるわな~」

「ウソっ~ ・・・」

「すぐにシャワーで剛毛付きのおま○こ
 バシャバシャ洗ってた、鼻歌まじりで ・・・」

「最悪 ・・・」

「その時に声掛けようとしたけど
 横チチがあまりにも綺麗で見入ってしもた」

「あとは?」

「まん丸いお尻、腰辺りのホクロ ・・・」

「もう全部ですよね ・・・」

「透き通った白い肌」

「ありがとうございます。スッキリしました」

「お前はスッキリしたかもしれんけど
 俺は自白させられた犯罪者の気分やぞ?」

「犯罪ですよ~?
 息子の嫁の裸を見るなんて(笑)」

「お前が入ってきたんじゃw」

「そうでしたw お義父さん
 美味しいサンマ食べましょうか^^」




私は早くに父を亡くしていますから
義父との関係は元々良好でしたが
この一件でさらに仲が深まっていきます。

夕飯を食べたあと二人は
互いの部屋でくつろいでましたけど
珍しくお義父さんからメールが入りました。


義父
『Cheaterは浮気者って意味らしい』

『だからあんな映像が。なるほど』

『今日と明日の二晩、二人きりや
 アレの続き見にこうへんか?』

『お義父さん、明日仕事でしょ?早く寝ないと』

『お前のカレンダーは浩之仕様やな
 明日は日曜で月曜は祝日や』

『あっ!そうでした。じゃあ~ 30分だけ』



時間を区切ったのには意味がありました。
それはなにか ・・・

自信がないからです。

私は映像を見ることに興味はありません
しかし、Hな動画を観て興奮したお義父さんが
その興奮したお義父さんを見て興奮した私に
襲い掛かってきたとすると
出張中の夫を裏切らない絶対的な自信が
なかったからです。

私に性癖があるとすれば
男性が興奮する様や欲情を催す姿を見て
一種のファザコン的な愛を感じてしまうこと



「浩之とはこんなん見いひんのか?」

「交際している時は私のライバルでした」

「ライバル?」

「ホテルでずっとこんなのばかり見てましたよ」

「エッチの最中もか?」

「そういう時もありました。だから私
 アダルトビデオは好きになれないんです」

「最中はあかんのぉ~ ・・・」

「これ、上から撮ってます?」

「隠し撮りや、上からも横からも撮ってる」

「男性の部屋なのかな ・・・」

「彼氏の部屋に来た人妻やろな~」

「えっ、人妻 ・・・」

「この辺の関連動画はそんなんばっかりや」

「ですよね~ チーターで検索してるんだし」

「人妻の浮気もの 興奮するわw」

「ひろちゃんも同じこと言ってます」

「小田原あたりに女おるんちゃうけw
 神奈川出張だけいつものんびりやろ?」

「元は神奈川が本社の会社ですし ・・・」

「冗談やんけ(笑)」「もぉ~ お義父さんったら」

「年上の人妻やな~ ・・・」

「ひろちゃんにそんな人はいません ・・・」

「こっちの話よ ・・・
 若い彼氏のチンポ頬張っとるやんけ~」

「ホント すごい音ですね ・・・」

「俺もこれくらい音立てて
 バキュームフェラやって欲しいわ!」

「あっ、お義父さんが股間を触り始めた
 ちょうど30分経ちましたから部屋に戻ります」

「終わるまで付き合えや~?」

「だっておもしろくないんですもん~ ・・・」

「その理由知りたいな~
 男と女ではそんな違うもんなんけ?」

「また次の機会にw」

「静香ッ?!」「痛い!お義父さん~ ・・・」

「教えてくれたら無傷で帰らしたる(笑)」

「興味がないんです」「だからその理由を?!」

「人のエッチに ・・・」

「お前それは ・・・?!」

「あれw私なにかエッチなこと言いました^^?」

「それはすなわちっ!!」

「鼻息荒くなってますよw」

「しゃぶってくれ!静香っ!」

「もぉ~ 変態っ~ お義父さん~ ・・・」

「どうにかチャンス作って襲おたろおもたけど
 お前に大ヒントもろた!今日しかない!!」

「人のエッチに興味がないのと
 お義父さんがおチンチンを出すことは
  どんな繋がりがあるんですか~?!」

「静香っ~~~!!!」

「チョット!お義父さん!重たい~!!」

「あんなエエ体見てしもたら
 俺もオスになって当然じゃ!静香?!」

「もう一度言って ・・・」

「えぇっ?俺もオスになって ・・・」

「その前の ・・・」

「あんなええ体見てしもたら ・・・??」

「見たいですか?お義父さん ・・・」

「おおおおっオオおお~!!!!!」

「怖いっw怒ったゴリラみたいな顔ですよ^^」

「違う ・・・ 今晩は
 俺も静香もチーターになる ・・・」

「うふw エッチなビデオ、消してくださいね^^」



続く ・・・

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(3)

関連記事

| 妻の告白 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/572-0de1f359

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。