PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(1)

このお話は3部構成になっています

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(1)
私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(2)
私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(3)

※全て別窓で開きます。




「お亡くなりになって 5年 ・・・」

「5年です ・・・」

「あの、如何わしい活動ではございません」

「えぇ、それはわかってます^^」

「お会いになる男性は学歴や収入面でも
 一流の人たちばかりなんです」

「はい~ ・・・ ご予定の場所は?」

「次は信州の善光寺で、
 その次は伊勢志摩の賢島へ行きます。
  こういった史跡なんかを訪れながら ・・・」

「善光寺行きました ・・・」

「あ、そうですか~ 最近?」

「主人と結婚する以前 ・・・
 もう、20年近く前のことになります」

「一番楽しいころだわ^^
 ご主人との思い出がいっぱいでしょうね~」

「ええ、楽しかったです ・・・」

でも思い出がいっぱい詰まっているのは
もう少しあとのお話。主人と ではなく
主人のお父さんと ・・・


【静香 パート 43歳】 妻の告白




「スペールは?」

「スペルですw」

「イー、エー、ティー?」

「日本語でいいと思いますけど ・・・」

「今更そんなこと言うなや」

「ヒーターて打てば出るでしょう?」

「俺はアナログ人間なんや!
 もっと丁寧に教えてくれてもええやろ?!」

「私だって英語なんて知りませんよ~」
 
「マリアちゃんが来た時
 お前チョット英語喋ってたやないか?」

「あれは~ アノ時だけ!
 簡単な日常英会話を覚えたんですけど
  もうそれも忘れちゃいました ・・・」

「お~い なんやこれ ・・・」

「えぇ~? なんです~ ・・・」

「外人のケツはデカいな~!」

「なんと打てばそんな画面になるんでしょうか?
 遊ぶんだったらどうぞ一人でやってください」

「静香っ!」

「お義父さん?!」

「ちょっと一緒に見ていけや~」

「えっ?ホントになんて打ち込んだんですか?」

(Cheater ・・・)

「チーター?
 ヒーターなんだから頭のCはいりませんよ?」

「黒人のチンポ見てみいや?(笑)
 こんなデカいのが入るんやのぉ~?!」

「お義父さん~ ・・・
 手紙の続きするんですか?
  それともこれ、見るんですか?」

「手紙の続きする。そんな怒るなや~」

「怒ってませんけど私も家事やら
 やることが山ほどあるんです!」



今から10年前の
どこにでもありそうな家族の風景
と言いたいところですが
家族は家族でも義理の父親と私の二人

この前年に
縁があってカナダからの留学生(女性)を
ホストファミリーとして受け入れました
その女の子へ手紙を書きたいと
お義父さんが言われたので
私がつたない英語力とパソコンを使い
手伝っていた、というわけです ・・・



義父
「気に入ってくれたらええけどな」

「あれは誰でも気に入りますよ
 コンパクトで可愛いし
  電気ストーブには見えませんもの」


手紙と一緒に送ったものは
お義父さんが自作した電気ストーブ
電気とは全く関係のない会社で
お勤めされてるんですけど
器用なんでしょうね~ 羨ましいです ・・・


実は私とお義父さんが
二人きりになることはこの日が最初
主人(笠木浩之)は出張
義母が私の娘や他の兄弟の孫たちを連れ
TDLへ二泊三日の旅行に出掛けました。



義父
「静香、もう出るわ~ 昼は外で食ってくるしな」

「あ~ 助かります^^」

「ゆっくり用事してくれたらええ」

「お義父さん、夜は帰って来てくださいね?」

「なんえ、俺がおらんと淋しいかw」

「フフw 夕飯はサンマを用意してますから」

「ええな~^^辛い大根おろしも頼むわ」

「買っておきます^^ じゃあ、行ってらっしゃい」



行ってらっしゃい、のハズだったんですけど
この数分後、家の中で義父と再会します
いるはずのないお風呂場で ・・・



「ふ~ふふ~ ♪♪~ ・・・」

「真っ白やな!」

「えぇ ・・・? キャアっ!!!お義父さん!
 なんで入って来たんですか~?!!」

「お前が入ってきたんやw」

「えええっ~ うそぉ~~
 出掛けるって言ってたクセに~~」

「女の子のいる美容室へ行くからな
 脂ぎった頭ではカッコ悪いやろ」

「そうですか~ 私出ます~ ・・・」

「かまへん!!もう俺は洗った
 湯も張ってあるしお前が入れ?」

「すみません~ ・・・」


全身を手で隠すようにし
洗い場でしゃがんでいますと通りすがり ・・・

「意外と剛毛やなw」

おろらく私の人生で
ベスト3に入る恥ずかしい経験

全く気が緩んでました。
お昼ご飯はもういいと言われ
少し昼寝をしようと思ってたんです。
だからコンタクトを外し
家事の汗を洗い流して綺麗な状態で
眠りたかった。ただそれだけ ・・・




義父
「ただいま~」

「おかえりなさい ・・・」

「おっ、サンマwの横におろしがないなぁ~?」

「すみません。買い物に行けなくって ・・・
 おろしがなくても美味しいサンマですから」

「なんやその言い方?
 そんな事はわかってるわい~
  あったら更に美味しいやろ?って意味や!」

「じゃ今から買ってきます!」

「もうええわいッ?!
 なんや?どうしたんや?静香」

「謝ってください ・・・」

「何をやw?」

「剛毛て言ったこと謝ってください!」



続く ・・・

私とお義父さん ~寅年生まれのチーター~(2)

関連記事

| 妻の告白 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/571-ef8ba1e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。