PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(2)

このお話は2部構成になっています

ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(1)
ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(2)

※全て別窓で開きます。





「お母さん、京ちゃんが言うように
 モゾモゾ出来てるのかな?」

「ズボンの上からやしもっと強く ・・・」

「こんな感じ?」

「うん~ だいたい ・・・」

「痛みがあったりしたらお医者さんへ行こうね」

「ちょっと痛いけど ・・・」

「えっ?ホントに?どのあたり~?」

「出してもいい?」

「っん~ やっぱりお父さんに ・・・」

「この先っちょのほうが ・・・」

「京ちゃん~ 出してしまったの~^^?」

「先は痛いし、この棒の所を触って欲しい」

「こぉ~?」

「あっ!お姉ちゃん!!」

「どうしたの?京ちゃん!」

「なんか変な感じ ・・・」

「やめる?やめてもいいよ?」


【亜沙子 主婦 45歳】 妻の告白



最初に触れたのは学生ズボンの上からでした
13歳だと言うのに
主人と変わらないほど立派なソレは
グロテスクにイキり立っていて
マイバロメーターも母と女を行ったり来たり

男性の痛いは女性には伝わらないので
下半身の露出を許しましたが
刺激が強すぎたのかあっけなく果てた京介


「うはぁ~!! お姉ちゃん~ ・・・」

「あれ?!なんか濡れてきたよ?これなん?」

「多分 ・・・ 水かな?なにやろ?」

「水っていうか ・・・ 京ちゃんコレは ・・・」

恥ずかしさからか発射の瞬間手で覆った京介
でもその手の隙間からこぼれる液体の
指触りと匂いでわかりました。精子です。

私も純だったんですよね~
匂いを嗅ぐまで気付かなかったなんて
主人に相談するべきか悩みました。
それが水ではなく精子だということ
どんな風に説明すればいいか見当もつかず

しかし、バカな私は何を勘違いしたのか
母親を発揮するときだと思い込み
力強く踏み込んでしまいます。


京介 中三の夏 私 三十二歳


「京ちゃん タオル取ってくれる~?」

「おっぱいやるとこ見てたら勃ってきた」

「どれどれ~ 見せて?
 あっホントだw大っきくなってるね。ヨイショ!」

「お姉ちゃん それじゃないのやって欲しい」

「なんで?いつもシゴいて出してあげてるやん」

「こないだ、お父さんにやってたように口で」

「クチっ~?!覗いてたんや?!コラっw」

「俺もあさこの口がいい」

「あさことか言うなっw怒るよ!」

「さとるも寝てるし ・・・」

「仕方ない 今日だけよ~^^?
 次頼まれても絶対にしないからねっ!」


さらに大きく針路を変えてしまったのは
この日だと思います

当時、42歳だった夫は
銀行の副支店長に昇格
お給料も大幅にアップしますが
出世とはうらはらに
あちらのほうは下向き加減

京介が目にした光景とは
元気の出ない夫のアレを
誠心誠意舐め尽していたところだと思います。



「どぉ~?京ちゃん ・・・」

「メッチャ気持ちいい」

「うふっ^^ 京介 いい顔してるw」

「大人はこんな事してもらえるんや」

「大人より立派よ~」(小声)

「お父さんと比べてるの?」

「聞こえた^^?やっぱり若さよね~」

「キスもしてたよな」

「もしかして!ず~っと見てたん?(笑)」

「狭い家やもん。俺ともキスしよっ?」

「こんな硬いおチンチン舐めてキスまでしたら」

「硬いチンコが好きなんや?あさこは」

「もしかしてAVとか見てる?!」

「AVなんて小6から見てるよ?そこで ・・・」

「そこでなに?どうしたん?」

「手コキを見て ・・・」

「えっ?小6から見てるんでしょ?
 じゃあ中一のアノ夢精騒ぎって ・・・」

「夢精なんてしてへんw
 手でシゴいてもらうのに利用しただけ」

「最低~ ・・・
 お母さん 京介のことを思って!ウグっ!」

「チョットすねたような顔が一番可愛いよ」

「京ちゃん 軽いキスだけにしとき ・・・」

「なんで~?AVではベロベロ舌入れてるで?」

「あかんて、京ちゃん 舌なんて入れたら ・・・」

(んチュ~ ヂュルゥ~ ヂュルゥ~)

「京ちゃん ひとつ聞いていい~?」

「なんでもどうぞ ・・・ 」(ジュル ジュル)

「硬くなったおチンチン
 AVでは最後どうなってるの?」

「おま〇こに入れてフィニッシュ!」

「そこまで知ってるのね ・・・」

「ベロベロ舌入れてキスもした
 フェラしたチンコはお姉ちゃんの好きな硬め」

「京ちゃん 入れてみたい~?」

「それはこっちのセリフ
 若くて硬いチンコ入れてみたいか?」

「はぁん~~ 私っ!
 京介のお母さんになれへんわ!
  入れて~?京ちゃん 硬いおチンチン!」



セックスそのものはお粗末なものでしたが
合金のように硬いおチンチンを
私の体が覚えてしまいます ・・・


京介 ハタチ 私 三十七歳



「親父より稼いであさこに家買ってやるしな!」

「朝から油売ってたらお父さんは越せないよw」

「俺の原動力はあさこやっ!知ってるやろ?」

「知ってる^^」

「あさこぉ~~」

「京ちゃん~ 気持ちいい~~」

「朝が一番硬いしな!」

「硬いの大好き!」

「アカンっ!!やりなおしやッ!
 硬かったら誰でもええみたいに聞こえるぞ?」

「京介の硬いおチンチンでないとイヤっ!!」

「そんなこと言うたら出てしまうやんけ ・・・」

「いいよ~ お母さんの口に出して?京ちゃん」

「だからそういう事を言うな言うてんねん!!」

「お母さんに飲ませて?京介のザーメン!」

「チェっ!イジめるな あさこ~ ・・・」

「うふ^^いいよホントに口に出して?」

「あかん出るわ!口開けろ!あさこ?!!」

「ぁん~ 京介!いっぱいちょうだ~い!!」



これが今から8年前
京介には彼女がいたけれど
毎朝、日課のようにセックスしていました。

そのおかげと言えばなんですけど
早漏ぎみだった京介も
今では一人前の大人の男性です!



京介 二十八歳 私 四十五歳(現在)



「現場の人なんて?」

「社長の俺がおらんほうがええときもある
 昼までゆっくり愛し合おう あさこ」

「嬉しいんだけどね
 この前の話は真面目に考えたほうがいい
  京ちゃん、ホントにお父さんになるんだし」

「俺をこんなにしたんはあさこや ・・・」

「だからよ~ ・・・ ゴメン ・・・」

「オナニー覚える前に
 大人の女のフェラを仕込まれたんやぞ?
  ゆとり性教育の被害者やで ・・・」

「どうすればいい~?」

「大きなったか?」

「もうギンギン!」

「入れてから考えるわ!」

「はぁ~ 来てぇ~ 京ちゃん~!」



ウルトラマンで言うところの
カラータイマーが鳴っている状態
いつまでもとどまらずに私から身を引くべき
これから彼が守っていく家族のために

と、常にそれっぽい事は考えるんですけど
残念ながら女の体はとても正直で ・・・



「あさこ~ ・・・
 なにウルウルしてんねん?
  余計なこと考えんなよ?!」

「私は加害者なんやろ?
 京介の青春を奪った ・・・」

「アホかっ!イジメられてた俺が
 クラスの中心にいられたのは全部!
  あさこのおかげやないかっ?!
   俺のヒーローじゃ!ずっとこれからも!」

「じゃあ、どうすべきか教えて^^?」

「なんの話や?」

「入れてから考えるってw」

「中三からこんなトロトロのま〇こに
 チンコ入れてるさかい!
  勉強が手につかんようになったんやろ?」

「そんなに気持ちいいのぉ~^^?」

「最高や!あさことは絶対に別れへん」

「お母さん 嬉しい ・・・」

「だからヤメろってそれっ ・・・」

「はぁ~ 京ちゃん~
 お母さんのおっぱい吸ってぇ~?」

「あさこ ・・・ チンコ抜くぞ?!」

「抜けるかな~^^?
 先のあたりがムクムク大きくなってるけどw」

「愛してるよ!あさこが好きや ・・・」

「お母さんも京介が好きよ~
 だからもっとご褒美ちょうだ~い!」

「アカン出るわ ・・・」

「早いっ!!京ちゃん~^^」

「ゆっくり愛し合うて言うてんのに ・・・」

「京介~ お母さんのどこに出したいの?!」

「おま〇こや~!もう間に合わん!!
 あさこぉ~~ ああう~~ あさこ~~~」

「あん~ 京ちゃん~ 中はダメよ~?!」



「すまん あさこ ・・・
 でもアノ責め方は俺が被害者やで~ ・・・」




京介の困る顔が見たい
困っていた顔が晴れるところも見たい
喜んでいる顔も気持ち良さそうな顔も全部好き
この子の笑顔を見ているだけで
本当の親子になれたような
そんな気持ちになりました

私は ・・・

「ヒーローでもないしお姉ちゃんでもない
 京介のお母さんなんやで^^?
  コラっ!起きろっw 京介 オーイっ!」

「ムニャムニャムニャ グ~ グ~ ・・・」

「起きない!こうなったら
 おっぱい窒息攻撃だぁ~(笑) 起きろ~~
  現場に行く時間ですよ~~~~!」

関連記事

| 妻の告白 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/570-51cafe77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。