PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(1)

このお話は2部構成になっています

ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(1)
ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(2)

※全て別窓で開きます。





「あさこっ!あさこっ~!!」

「それはダメwまずいよ~^^」

「なんや、いるんか」

「鍵開いてるんやし居るでしょ ・・・」

「親父とさとるは?出たか?」

「出たけれど ・・・
 あさこはホントにマズい
  引っ越してきたばかりだし
   なんなの?て思われちゃう」

「いまさらオカンとでも呼ぶんかい
 おい、それより チョット頼むわ」

「なによ~ 朝から~」

「朝やから元気で困ってるんや、はよっ?!」

「なにが早くよ~ ご飯食べてるのに!」

「大変や~ 子供が出来ると
 初孫になるんやし喜んでくれよ?」

「それは当然。美羽ちゃんは順調なの?」

「順調すぎて相手してくれんようになった
 はよっ、あさこ ペロっと咥えてくれや」

「しないっ!」

「なんでや~?ペロペロっと頼むわ?!」

「私はペロペロ星人じゃないのw
 この前、話し合ったやん~
  二人の関係を見直しましょうって
   京ちゃん、パパになるのよ~?」

「わかってる、今度見直すがなっ!
 もう爆発しそうや!はよっ口に入れてくれ?」

「しょうがないな~ ・・・
 この前から一週間も経ってないでしょ~」

「一週間も勃ってたら血管切れるわ、早くっ!」

「舐めるだけならイヤ ・・・」

「入れるやんけ~ 布団敷いてこいやッ」

「は~い^^!」


【亜沙子 主婦 45歳】 妻の告白




彼は~ ・・・

「このまま出したら怒るけ?」

曽根京介 28歳 とび職の若き親方

「えっ?入れてくれる言うたやん~」

私は彼の母親 義理の親子関係です

「お前の尺八が上手いさかいやろ~!」

「お前はダメ!お父さんの前で出るよ?
 それと母親の頭をそんなに振らない~!」

「あさこ、マジであかんわ!口に出すぞっ?」

「時間ないの?!」

「もう現場に行く」

「なによそれ~ こんなカチカチなのに~
 チョット入れてくれたらええやん~?」

「もう出るわ あさこっ ・・・」

「あかん!我慢しなさい!」

「ああぁ~~ あさこっ あさこっ~!!
 ううわおあぁあ~~~ あああっっ!!!」

「あん~ 京ちゃん~~!!」



とても複雑怪奇にて
他人様には理解しがたい母と息子



「体調良さそう?」

「順調や 体調もええやろ~」

「美羽ちゃんじゃなくて京ちゃんよ」

「なんで?」

「アレが酸っぱいからw
 京ちゃんは酸っぱい時のほうが良好だしね」

「さすが!あさこw チョット電話するわ」

「もう行くんでしょ?」

「現場に着くのが昼前になるて言うとく」

「京ちゃん~ ・・・?」

「30分休憩くれ、今度は入れるさかい」

「嬉しい~^^ さすが!京ちゃん~^^」



京介と肌を重ねるたび
血が繋がってないことにホっと
胸をなでおろす。そんなことが
今まで何回あったでしょうか ・・・



「額にアザをつけて帰ってきたんですけど
 この通り、見ていただけますか?先生」

「えっと~ 京介君の ・・・??」

「失礼しました。京介の母です」

「おっ!おっ!お母さんっ?!ですか??」

「はい~^^」



同じ職場で子持ちのシングルファザーだった
主人(曽根隆文 当時38歳)と結婚したのは
私が28歳のときでした。
京介は当時11歳の5年生
すぐに次男のさとるが産まれますが
私は京介に夢中になります。やはり
自分の子よりも力が入ってしまう

京介は内気でおとなしい男の子でした
学校でもイジメの対象となっていたようですが
担任の先生や同級生の子たちは
私が学校へ顔を出すようになり変わったと
のちに京介から聞かされたんです ・・・


京介
「お姉ちゃんは僕のヒーローや」

「ヒーローでもないしお姉ちゃんでもない
 私は京介のお母さんなんやで^^?」

「お母さんて感じちゃう ・・・
 友達のお母さんよりうんと若いし、それに」

「それに~?」

「先生もクラスのみんなも
 お母さんのこと可愛いって言うてるもん」

「可愛いお母さんは嫌いですか?」

「ううん 好き^^」

「先生の言うこと聞いて
 みんなと仲良くするんやで^^?」

「わかった^^」


本当に可愛かった 京介が ・・・
私好みの顔だったということもありますけど
純粋で素直な子でした
それが ・・・
中学では大変身の大暴れ
主人はそれこそおとなしい銀行マンなので
彼の面倒はほとんど私がみていたんです

その頃に起きたある出来事が
二人の運命を大きく変えてしまいました

京介 中一の夏 私 三十歳



「京ちゃんは触ってたん?」

「っん~ 覚えてへんねん
 フワっと体が浮いたあとに何かが出た」

「なにが出たの?」

「水みたいな液体?」

「そっか~ お父さんに聞いてみようね」

「お父さんはイヤ」

「でもお母さん
 男の子の体のことわかんないし」

「お姉ちゃんに見て欲しい ・・・」

「何を見て欲しいの?」

「出たヤツが水なのかなんなのかを ・・・」


これ ・・・
夢精だったんですよね。多分 ・・・
私も詳しく知らないので
病気のほうを真剣に心配したんです。


「京ちゃん お母さんどうしたらいいの?」

「チョット モゾモゾとこのへんを ・・・」

「えっ?さわるの?京ちゃん恥ずかしくない?」



続く ・・・

ゆとり性教育の被害者と加害者とヒーローと(2)

関連記事

| 妻の告白 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/569-c2a8c993

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。