PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランチ・ブレイク・セックス

「あなた、さっきの ・・・」

「これか?」

「動かすんじゃなくて ・・・」

「こうか?!」

「そぉ!ぐにゅぐにゅ押すような ・・・」

「相当入ってるぞ~?」

「でもこれが一番感じるの ・・・」

「おいっ 響子ッ~ ・・・
 なんや?お前の乳首
  こんな太かったけ~?!」

「ホント すごいっ ・・・」

「見といたろ まだ伸びそうや!」

「噛んでぇ~ ・・・?」

「イヤラシイこと言うな~」

「お願いっ!!」

「わかった~ ・・・」

「ああっ~!!!バイブもそのまま~!」

「響子ッ~?!」

「あなたダメ!イクとき大きい声出そうよ?!」

「かまへん、聞かせてやれ!」

「イヤンでも恥ずかしい~ ・・・」

「恥ずかしがってる女の乳首と違うぞコレ?!」

「あん~ ダメ!奥気持ちいい~ 痺れる~
 あなた逝くわよ~ 逝っていい~?!
  あっ!!ああっ!!ああん~~~~~~」



【響子 主婦 50歳】 妻の告白




二人の子供が巣立ってから今で丸四年
夫婦だけの生活に逆戻り中です。

何の不満もなく平穏に暮らせているのは
不満にならない程のノーセックスライフ
誰かが言いました。本当の夫婦は
セックスがなくなってからだと ・・・

その意見に激しく同意

夫(倉富徹 54歳)との夫婦仲はとても良く
レス10年なんてなんのその、と


思っていたのが ほんの数時間前 ・・・



「うわっ ・・・ っん~ ・・・」

「タバコくさいか?」

「窓開けようね ・・・」

「この家が全面禁煙なん忘れてたわ」

「知ってたクセにw なんの本~?」

「女部長が見識を広めろって ・・・」

「あ~ 仕事関係の本なの?」

「違うよ。セフレが欲しい人妻のバイブル本や」

「なにそれ?」

「昼休憩のような短時間に
 スパっ!と素早く抱いてくれる男性を
  こんな風に探しましょ~ という本」

「タイトルは?」

「ランチ・ブレイク・セックス」

「なんか友達から聞いたことあるような ・・・」

「ちょっとヒスぎみの人妻部長やしな
 メッチャ官能タッチの感想文を書いて
  女心をくすぐってやろうと思って(笑)」

「ふーん。で、乗ってきたらどうするん^^?」

「抱いてやってもええけど?」

「えらい上からだねw」

「55歳やで~?」

「私と変わらないじゃん」

「だから聞こうと思ってた
 感想文のヒントちょうだい
  おばちゃんもセフレとか欲しいやろ?」

「ええ~~?! まさかっ ・・・」

「欲しくないか?」

「そんな欲求不満に見えるん^^?」

「まあアノ声は本イキやろうしな ・・・」


「・・・・・ ・・・・・ ん~と
 さて ・・・ 洗濯でもしようかな(汗)」

「確かおっちゃんが54歳、おばちゃんが50
 まあ、お盛んなほうやわ(笑)」

「言うわね~ ・・・w仲のいい夫婦に嫉妬?」

「かもしれんな ・・・」

「冗談よ(笑) はいっ!隼人君もういい?
 天気が良いからお布団干しておくわね!」

「うん、ありがとう。軽い布団で寝やすかった」

「そぉ?良かった^^ まあっ~~~!!
 なにしてるのよ~?!隼人君~~~」

「おっちゃんは?」

「知らない!!」

「仕事行ったんやろ?」

「ウカツだった ・・・」

「さわってーな?おばちゃん ・・・」

「イヤ ・・・」

「ええやろ~?」

「だーめっ ・・・」

「なんで~?」

「見たことのない大きさだったから ・・・」

「だったから?なに?」

「振り向くのが恐ろしいw」

「そんなん言わんと ・・・
 俺、おばちゃんが好きなんやッ?!」

「いやん!隼人君~ ・・・」


怖いものは見たくなる ・・・

羽毛布団の下に隠れていたのは
いわゆる「馬並みのペニス」

持ち主は越智隼人君 28歳
主人の妹さんのひとり息子


前日の夕方でした ・・・


隼人
「おっちゃん 一晩だけ泊めて ・・・」

主人
「どうしたんや~?」

隼人
「嫁さんとケンカして追い出されてしもた」

主人
「あのおとなしい子が怒るなんてよっぽどやな
 かまへん、一晩でも二晩でも泊っていけっ」



若い夫婦は色々とあるんでしょうけど
理屈っぽい主人が理由も聞かず泊めたのは
たくさんいる兄弟の中で
自分を頼ってくれた事だと思います。

そしてこの夜、なぜか
10年間レスだった夫婦のベッドが
燃えあがりました ・・・


主人
「響子起きてるんか?」

「うん~ どうしたの~?」

「チュウしよ?ベロチューしよ?!」

「むっ うはっ!何よ?急に~~」

「妄想したら興奮してきてなっ」

「何を考えたの~?」

「俺が明日の朝、仕事へ出たあと
 お前と隼人がひっついて ・・・」

「何をバカなことを~ ふざけないで?!」

「それは冗談やけど
 チュウして乳も吸いたいっ!!」

「チョット!あなた?あなた!もぉ~~~」


突然のことで驚きましたが
実は私もまんざらでもなかった。
3LDKの端と端
私たちの寝室と隼人君が眠る子供部屋
距離にして10メートルないくらい
この空間を利用すれば夫婦共々
いい意味での興奮を覚え
久しぶりにエキサイト出来るかもと

ただし ・・・

主人のモノは勃たないから
多分おもちゃで責めてくれるはず ・・・


「ダメっ!凄い声出そうよ?」

主人
「聞かせてやれ~
 嫁を思い出して帰りたくなるやろ」

「イヤン恥ずかしい 気持ちいい~
 あなた逝くわよ?あなた?あっ!
  ああっ!!ああん~~~~~~!!」




この私のよがり声を隼人君が聞いていた
そして彼が言うとおり「本イキ」です ・・・




隼人
「どうや~?」

「どうって、凄いとしか言いようがないよね」

「咥えてーな?」

「そんなことしたら
 エッチしたくなっちゃうでしょうが^^?」

「もうシゴいてるんやし咥えるのも一緒!」

「ちょーーっと!こらぁ~ もぉ~ ・・・」


隼人
「おおおふぅっ~ これが夢やった ・・・」

「ホントに大きいよね ・・・」

「昨日のおっちゃんよりデカいか?」

「昨日はおもちゃ^^」

「おっちゃんはどれくらいなん?」

「おっちゃんはねw私の小指ほど(笑)」

「そっか ・・・
 ほなっ、おもちゃでされたこと
  俺が本物でしたるわな?おばちゃん!」



正直サオの部分なんて
舌を這わすのが精一杯
大きな傘も口へ入ると動かせません
それでも初めて出会った巨根です。
私なりに気持ちを込めて ・・・


「(ぷはっ~~ じゅるじゅるじゅる!)」

隼人
「小指咥えてた割には上手いな~」

「ええっ~?必死よ~ ・・・」

「俺もおま〇こ舐めたい」

ここで体を回転
本気のスイッチが入ったのもこの時
シックスナインなんて20年ぶりですもの


「あっ、あっ 隼人君 音がエッチ~ ・・・」

「おばちゃんのま〇こが美味いさかいやッ!」

「あん~ だめよ~ コレ欲しくなっちゃった~」

「ちなみにおっちゃんは ・・・」

「一度出ると夜まで帰って来ないよ」

「おっしゃ!三回は出来るな!その一発目!」

「あん~ お母さんの顔が浮かんでしまう~」

「俺はおっちゃんの顔や ・・・」

「いいのかな~ ・・・」

「そんなもん!入れたら消えてしまうでッ?!」

「ああぁ~~ あぁ~~ はぁぁ~~」

「ほんまに夢やったんや!俺 ・・・」

「な~に?」

「おばちゃんとひとつになることが!!」

「ああん~~ 隼人君~~ ・・・」



響子という名が名前負けするほど
全身に響き渡りました!!
彼のペニスが動くたび、脈を打つたび
子宮は熱くなり体のあちこちで痙攣が起こる
こんなセックスは初めてです!

久しぶりに
最高の逝きっぷりを主人に披露した翌朝
同じポイントを本物の巨根で突かれ
完全に気持ちが揺らいでしまいました。



隼人
「考えてたこと飛んでいったやろ」

「とっくに ・・・」

「おばちゃんの好きなとこココやな?」

「なんでわかるの~?」

「その可愛い顔をじっと!見てるしやッ」

「あん~ 隼人君キスしてっ?!」

「おばちゃん もっと舌出せっ」

「はぁぁ~ ・・・」

「それくらいやったら
 おっちゃんとでも出してるやろ?もっとや!」

「これで目一杯 ・・・」

「その舌ジュルジュル吸いながら突いたる!」

「ああぁ~! ああん~~ ・・・」

「可愛い可愛い顔してるさかい!
 てっきりピンク色の乳首が出てくるとおもたら
  こんな真っ黒コゲの乳輪しやがって?!」

「恥ずかしい~ そんなこと言わないで ・・・」

「騙されたで?おばちゃん~
 大好きなおばちゃんに騙された!
  ま〇この中でチ〇ポ怒ってへんか?!」

「怒ってる ・・・」

「怒ってるやろ~?!」

「はぁん~ 気持ちいい~ もうダメぇ~~」

「その怒ってるチ〇ポに
 ドバっと!愛液垂らしながら逝けよ~?!」

「隼人君 そこっ!」

「わかってる もうなんか出てきてるんや!」

「あぁ~ 全部気持ちいい!!」

「なにが~?!」

「おま〇こ!!」

「腹が立つほど可愛いわ!おばちゃん?!」

「はぁっ~!!逝っちゃう!!
 隼人君 乳首吸ってぇ~~?!」

「こんな黒い乳首吸ったら
 俺も速攻でイってしまうで~~?!
  (ジュルジュルジュルっ!!!)」


あぁ~ あなたごめんなさい ・・・


「隼人君!気持ちいい~~~
 もっと来て?!あっ!そこぉ!
  あっダメ!もう逝く!逝っちゃう~~
   いやぁ~ 気持ちいいのぉ~~!!!」






まあ、子供じゃありませんから
結果は見えていましたけど
セックスのあと息も出来ないくらい
彼にひっついて離れませんでした

これが主人の予言だったのか ・・・



隼人
「おばちゃん なんか喋って?」

「だからダメって言ったの ・・・」

「考えこむな こうなる運命や ・・・」




三日後 ・・・




『隼人君 今日は~ ・・・?』

『2時過ぎくらいに寄れると思う』

『ホント~^^?良かった~
 お昼は食べて来るの~?』

『時間がかぶるし
 おばちゃんを食べてからにしよかw』

『うふ^^じゃあ食べるもの作っておくね^^』

『あの人妻部長より
 おばちゃんがハマってしまったな
  ランチ・ブレイク・セックス』

『ううん~ 私は時間があるからね
 素早くじゃなくじっくりでいいのよ~^^』

関連記事

| 妻の告白 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/561-5364a338

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。