PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人妻 若菜 ~週4回のリベンジセックス~

「確定か?」

「と、思いましたけど ・・・」

「何を見た?」

「給湯室で
 千佳さんのお尻を触る主人の姿を ・・・」

「っん~!微妙~ ・・・」

「でも、続きがあって」

「どんな?」

「千佳さんが主人に あとで、って ・・・」

「それは出来てるな」

「ぅん ・・・。オッパイでしたっけ?」

「奥さん、後戻りできひんぞ?」

「かまいません。おチンチン出しますよ?」



【若菜 主婦 44歳】 妻の告白




とある美容室にて
オーナーの太田誠二さん(バツイチ、48歳)と
私と二人が交わした生々しい会話

この会話には
もっと淫らな続きがございます
が、その前に ・・・



「なんで今頃?」

主人
「千佳さんがここに来るから」

「えっ?太田さんとこじゃなく、うちに?!」

「しゃあないわ。
 免許持ってへん人は使いにくいって」

「そんなん最初からわかってるけど」

「とにかく!うちに決まったんやし
 前の店に戻るって連絡しとけよ?」

「急に言われても ・・・
 あっちが困らはるわ ・・・」



下の子が中学校へあがると同時に
美容師への復職を
主人に申し出ていた私。
それは、以前勤めていたお店から
戻って欲しいと頼まれたからです。

しかし主人は
自分が経営するゲストハウスに
私がいないと不便だと言い拒みました。

なのに昨年の夏
元のお店に戻れと言い出した。
その理由こそが!
私が浮気に走った理由 ・・・



「大変ね ・・・」

主人
「うなぎ屋の川端さん
 美容室の太田さんあたりに声掛けてみるわ」

「あぁ~ そうね~ ・・・
 お子さんがいるし近い所がいいわよね」



この時はまだ
主人(入江吉次 50歳)を疑わなかった私

純粋に彼女がかわいそうだと思ってた ・・・


ご近所に住まわれる今村千佳さん 50歳

子供会の役員を
一生懸命されていたご主人が亡くなられ
急遽、働き口を見つけることに。
そのお世話係に名乗りを上げたのが主人

しかし、自身が経営するホステルではなく
うなぎ屋さんや美容室の名前を出して
私を攪乱したんです。

美容師は免許が必要だし
うなぎ屋さんは元から大所帯の家族経営
他人が入り込む余地はありません。

綺麗な未亡人を
最初から取り込む魂胆だった
それに気付き
とても悲しい気持ちになりました ・・・



「前のお店、人を雇ったらしいよ?」

主人
「そうか~ あっ!それやったら
 お前が太田さんところに行けばいいやん?」



ということで
私が太田美容室で働くことに ・・・



太田
「どこがいいのかわからん」

「千佳さんですか?
 スリムで着物が似合う美人だし ・・・」

「俺は奥さんのほうが好みやけど?」

「こんな私の~?」

「小柄で乳のデカい女が好きや!」

「まあ、胸は昔から武器ですけど(笑)」

「いつかその巨乳でパイズリして欲しいわw」

「あははw」
 


いっときは主人の取った行動で
気持ちが重く塞がっていましたが
毎日、太田さんと
笑いの絶えない環境で仕事をするうち
明るい私に戻っていた。
それなのに ・・・


「うちの人と千佳さんが怪しくて ・・・」

太田
「何を見てそう思った?」

「わからない。勘です ・・・」


寄り添い方、二人の距離、ヒソヒソ話
会話、言葉づかい、笑い、語尾の上げ方
疑い出すとキリがないほど怪しく見える!

今年の春のある朝

美容室に出勤する前
何気なくゲストハウスを覗いてみると
そこに二人の姿はなく。
休憩室から声だけが漏れてきました。

とても親密そうな大人のやりとり ・・・



太田
「うちが一番忙しい時間は?」

「日曜のお昼?」

「行って見てきい?」

「なんか怖いな ・・・」

「二人が浮気してたら奥さんもしたらいい」

「太田さんと?」

「パイズリしてくれw」


彼が本気で言っているのか
それはさておき
知りたい気持ちは抑えられず
ゲストハウスへ戻った日曜の午後



太田
「奥さん~
 予約もないし今日はもう閉めよう」

「はい、わかりました」

「それより 例の ・・・」

「あぁ~ ・・・
 給湯室で千佳さんのお尻を触ってました」

「微妙やな~ ・・・」

「でも千佳さんが あとで。って ・・・」

「それは確定やんか?!」

「ええっ 多分 ・・・」

「ほんじゃ奥さんw」

「パイズリですか?(笑)」

「おおっ~!ノリがいいねぇ~(笑)」

「ホントにして欲しいの?w」

「奥さんッ!ええのか?
 後戻りはできひんぞ?」

「かまいません。おチンチン出しますよ?」



信用していた夫の裏切りは
いい様のない悔しさです。頭が爆発しそう。

でも、セックスが上手な人ではない。

それなら私が同じように浮気をして
主人から味わう喜び以上の快楽を
得たとすれば ま~るくおさまるかも ・・・


「あぁ~ 太田さん 半分勃ってる?」

「イヤ、勃ってへんで?」

「これはヤバい~ ・・・」

「何がヤバいの奥さん?
 あっチョット!!奥さんッ?!」

「こっちのほうがいいでしょ~ ・・・
 (カポっ ジュルルルルっ~!!)」

「おお~ そらええけどw」

「このおチンチンで忘れさせてくれる?」

「そこまで言うなら!まず奥さんからや!
 シャンプー台でま〇こ舐めるぞ?!」
   


彼に大股開きを要求されると
即座に応じたどエロな私


「あぁ~ 気持ちいい~ ・・・」

「敏感クリトリス ・・・
 まわりから攻めたるわな?!」

「興奮してるからすぐ逝きそう ・・・」

「指の腹でま〇この中、こそばしてやったら!」

「ああっ!ダメ~ ・・・」

中腰だった彼の立派なおチンチンは
激しく勃起してお腹にくっついていました
そんなのを見れば私のクリまで勃起しちゃう


「奥さん!中がジュクジュクやわ~!!」

「逝く~ あっ!ちょうだい~~ ・・・」

「なにを~ ・・・」

「はぁ~ ダメ!気持ちいい~ 逝くぅ~!!」



洗髪の時と一緒
うしろに大きく反り返り絶頂の余韻を
こころゆくまで感じました。いえ彼が ・・・
そんな私を見つめていてくれた。

太田
「良かったか?」

「っん~ 太田さんの舐めたい~」

「そのままでいい。台を上げる ・・・」


彼のおチンチンが私の目の前にくると
無我夢中で舐めまくりました。

そして ・・・


「これで忘れられたらええけどなッ?!」

「はぁっ~! 太田さん~~ ・・・」

「どうや~ ・・・」

「奥まで来てるぅ~~」

「もう忘れたか?」

「えっ?」

「俺が何を好きかもう忘れたか?w」

「あぁ~ そっちねw はいっ ・・・」

「見事な乳やッ!!奥さん~~」

「あっ!凄い!大きくなった~ ・・・」

「乳首を吸えばあと!1、2倍!」

「はぁぁ~ かた~いっ!!」

「転がせばもう!1、2倍!!」

「ああん~ 感じるぅぅぅ~~!」

「噛めば奥さんが!4、5倍ッ!!!」

「あっ!イヤぁ~!もっとやって~~~」

「腰の動きか噛んでるほうか?!」

「ああん!!どっちもぉ~~~!!」



クンニさえ邪魔くさがってか
してくれない早漏夫が
デカまらの高速ピストン乳首噛みに
勝てるわけがない。

私のおま〇こは
嬉しい悲鳴を上げ続けました ・・・



「こんな美味そうに
 ツバ飲んでくれる女、初めて見た!」

「太田さんのだから ・・・」

「わかってるか奥さん?」

「なにを~?」

「俺ら毎日、二人やで?」

「それはなに?毎日してくれるってことなん?」

「こんな!ええま〇こ
 毎日せなもったいないやろッ?!」

「あぁ~ 興奮する ・・・」

「奥さん~ ・・・」

「来てぇ~!太田さん!」

「行ってるやろ?!カリが!!」

「ああぁ~ 気持ちいい!!」

「奥さん~ ・・・
 明日は朝からやろな~?!」

「うん!あっダメ逝く!
 太田さん!そこいいィっ~!!
  あっ!壊れる!!逝くぅぅぅ~~~!!!」





この日から
3ヶ月経った今でも彼の虜です。
44歳にして週4回のセックスは私を
本物を知る女性へと変えてしまいました。



先日 ・・・



主人
「今からか?」

「うん ・・・」

「千佳さん ・・・
 来週いっぱいでやめる言うてるわ」

「あっそう 私は戻れないよ?」

「うん、それはわかってるけど
 最近出勤時間が早くないか?」

「準備が忙しいのっ ・・・」

「そかっ なんか楽しそうでなによりや」


楽しいに決まってるやんw
今から大きいのをハメてもらうんやし ・・・

関連記事

| 妻の告白 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/548-a6ed710c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT