PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

主人より太い義弟の男根!

「怒ってへんかった?」

「怒ること?事実を言っただけ」

「おとこねの部分に引っ掛かってない?」

「と思うけど、なんなの?」

「男のシンボルのことやで?男根(だんこん)」

「えっ?そうなん?!でも、
 だんこんとは言ってないし ・・・」

「太っ腹とか懐が深い。ならわかるけど
 おとこねとはあんまり使わへんような」

「うちの母が
 私の小さい頃からずっと使ってて ・・・」

「あっそう ・・・
 見たわけじゃないよなw?」

「何を?!」

「俺のチ〇ポを!」

「えっ~!まさか~ ・・・
 あれ?見たんやろうか ・・・」



【美穂 主婦 36歳】 妻の告白





今年四月のある一日に起こった出来事

その前夜 ・・・



「どこに?!」

主人
「お前の口座を教えた」

「それマジなん?」

「おう、いつもお前に世話になってるからって」

「さ・す・がっ!康介!!良くわかってる!」

「俺にもくれたしありがたい ・・・」

「っで! おいくら万円?」

「俺には50万、お前には200万円のはず」

「ええええっ!!200万もっ?!
 凄い!やっぱアンタとは違う
  同じお腹から出て来たの~^^?
   康介のおとこねは凄く太いわっ~!」

「おとこね ・・・?」



些細な言葉のミスチョイスなんて
気にならないほど浮かれてました。

主人(水島春貴 40歳)の弟、康介(36歳)は
私と同い年で現在、
アイデア商品の企画会社に勤務する
サラリーマンなんですが
自身が企画、担当した商品がヒットすると
破格のボーナスが出るという高待遇

以前にもありましたけどそのときは
私たち夫婦に五万円。まあそれでも
嬉しいことには変わりませんが今回は
私一人に200万円!!という
お世話になりましたボーナスの支給でした!




康介
「なんや?姉ちゃん 礼ならいらんで」

「あぁ~ 康介いらっしゃい。違うのよ ・・・
 お母さんにも服やら買ってあげたいし~」

「うちのおかん?」

「そぉ~ ・・・」

「姉ちゃんにあげたお金やし
 好きなように使ってくれたらいいけど
  出来るだけ自分のために^^」

「ありがとう。わかった
 お茶出すわ。ゆっくりしていって~」



結婚しても働いていた頃は
自分のお小遣いなんて
なんとでも工面出来たけど
主人の両親と子供二人の世話で
専業主婦に落ち着いたのが二年前のこと。

その、私が働いていた頃
義弟の康介はまだこの実家で
同居してたんです ・・・



「どういうこと~?」

康介
「俺が覚えてる限りでは
 姉ちゃんに三回は見られてるはず」

「えええっ~~~ 恥ずかしくて
 脳内から勝手に消してしまったのかな(笑)」


おとこねの話から一転
その昔、康介の男根を目撃したという
普段の私なら取り扱わない種のお題に
切り替わっていきます。


康介
「おないで仲良かったし
 前から兄貴は気にしてたみたいやで」

「私たちのこと?」

「兄貴が出張に行ったとき
 俺まだ大学であの夜 ・・・」

「あっ!階段?!」

「思い出したか(笑)」


ありました ・・・

お風呂から上がった私が
二階の寝室へ戻るとき
上からおりてくる康介と階段でニアミス
その時、チラっと ・・・

康介
「見たやろw?」

「うん たしかに^^」

「俺、姉ちゃんがいると思わへんし
 全裸でおりていったからな。それと ・・・
  卒業式前の旅行へ出掛ける ・・・」

「起こしにいったやつ^^?」

「そうそう、姉ちゃんに起こしてって頼んだのに
 布団めくっただけですぐ出て行ったアレ」

「だって~ ・・・」

「俺もあとで気付いた。パンツのど真ん中から
 フル勃起したチ〇ポが顔を出してて(笑)」

「あんなの見たら ・・・」

「どう思った?正直にっ?!」

「ビックリしたよ^^?」

「違う、見てどう思ったか!」

「ナイショ(笑)」

「じゃあ最後のひとつ ・・・
 俺の部屋で姉ちゃんが
  洗濯物を探していたとき ・・・」

「変態やわw康介w」

「チラチラ見てたんやろw?」

「チラチラ見せてたんでしょw?」


義母の肌着を探してたんです
康介のものと混じっていないか
彼はテレビを観てるフリをしながら
ソファーで ・・・

康介
「ビンビンに立たせてシゴいてたw」

「アレはなんで?」

「姉ちゃん デカいチ〇ポが好きそうやし」

「意味わからん~(笑)」

「嫌いか?」

「康介、お母さんが帰ってくるよ ・・・」

嫌いか?の言葉と同時に
私の手を瞬時に握るとその手を
どこへ持っていくのか理解しました。

だから ・・・

「あかん 康介 ・・・
 昔話はこれでおしまい ・・・」

康介
「子供たちは3時、オカンは4時、兄貴は8時」

「・・・・・ ・・・・・」

「姉ちゃん 今は何時?」

「何時やろw?もう3時くらい?」

「まだ10時や ・・・
 自分が用があるからって
  9時過ぎに電話掛けてきたクセに」

「そうでした^^」

「姉ちゃん ええやろ?ベッド行こう」

「ダメっ~!」

「じゃあわかった。無理強いはせん
 そやし正直にどう思ったのか
  それだけ教えてくれ!姉ちゃん!頼む!」

「っん~ 困ったな~^^
 たくさんのお小遣いをもらったとこやし~^^」

「それは関係ない!!
 女性の本音を聞いてみたいだけっ!」


ここだけの話、彼のモノはデカい。
でも私が驚いたのは大きさだけではなかった。

それを上手に
説明してあげたかったんですけど ・・・


「なんていうの ・・・ その ・・・」

康介
「大きさやろ?!」

「それもやけど ・・・
 うちの人とは違う その ・・・」

「形かっ?!」

「うわっ~ 康介~ ・・・」

「見れば思い出すやろ?何が言いたいのか」

「恥ずかしい ・・・」

「じき勃起するで 姉ちゃん 見てみ?」

「あっそう この ・・・ うわっ凄いっ!!
 これこれ うちの人こんな形じゃないし」

「その部分 触ってみい?」

「っん~ でも~ ・・・」

「今何時やな?姉ちゃんッ!」

「10時 ・・・」

「誰もこうへん。来ても無視でいいッ!
 姉ちゃん 俺のチ〇ポに触れてくれ?!」


おとこねの話題から
ここまでそれるとは思ってませんでしたが
彼は私の目の前でズボンもパンツもおろし
その時を今か今かと待っているご様子 ・・・


「このへんが ・・・」

康介
「指先じゃなく手で握ってくれ?!」

「じゃあ一瞬だけw」

のつもりでしたが ・・・

「硬い~ ・・・」

康介
「デカさは?」

「うん 凄い大きいよ ・・・」

「見るだけやのうて口で計ってみいやッ?」

「そんなことしなくてもわかる^^」

「姉ちゃんッ?!」

「じゃあ少しだけ ・・・」


普通じゃない
下半身丸出しの義弟にソレを掴む義姉
逆回転に高揚し始めた異常な興奮は
止まることなく上がり続けました。


康介
「今度は少し締めながら咥えてみい?」

「こぉ~?」

「上手いわ!姉ちゃん 舌もいっぱい使う!」

「康介ぇ~~ ・・・」

「なんや?甘えた声出して」

「わかってるクセに~^^」

「触って欲しいんやな?ベッドいこッ!!」



素っ裸になった私の股間に顔を擦りつけ
めまぐるしく舌を転がしクリトリスも吸われると
あっという間の昇天でした。それは
彼がここへ来てからたった一時間の出来事

康介
「早いな~ 入れる前にもっかい咥えてくれ」

「こんな大きいの見たら興奮しちゃう」

「見るだけやのうて咥えて ・・・
 ま〇こにも受け入れてしまう姉ちゃん!」

「あぁっ~~!」

「どうや?俺のおとこねは ・・・?」

「太い!凄い大っきい~!」

「それはさっきも聞いた
 俺のチ〇ポを想像してオナニーしたか?」

「そこまで言わせたいの~^^?」

「どうしたら言うてくれる?」

「もっと動かしてくれたら ・・・」

「奥でッ?!」

「あっ!奥 好き ・・・」

「奥にコンコンっ!当てたったら!!」

「康介っ!」

「姉ちゃん オナニーしたんか?!」

「はぁん~ してた ・・・」


二人のボルテージはマックス
散々に突いて悦ばされると
すかさず抜いてのフェラチオ連発
ツバ、汗、ヨダレ、ラブジュース
あらゆる体液を振り飛ばしながら絡み合った
大満足の二時間!


康介
「指でクリをさわってたんか?」

「うふん そぉ~ ・・・」

「姉ちゃん イジっとけよ?乳首は?」

「乳首も ・・・」

「俺が吸う!」

「はぁん~~ 康介ぇぇ~~~!」

「あのときのデカマラで今ッ!!」

「あかん逝きそうよ ・・・」

「ま〇こいっぱい!愛したってるしなッ?!」

「あぁ~ こんな奥突かれたらダメだわ ・・・」

「姉ちゃんッ ・・・」

「ああん~ しびれるぅぅ~!!イヤ!そこ!
 康介もっと来てぇ~~~!あっ!!
  逝く 逝く 逝くぅぅぅ~~~!!!!!」









康介
「幸せや 大好きな姉ちゃんの
 絶頂シーンを拝めるなんて ・・・」

「私ももう一度拝みたかったw」

「チ〇ポか?」

「うん^^」

「結局、兄貴よりデカいんか?俺」

「私の反応でわからない?」

「兄貴と絡んでるとこ知らんしな」

「じゃあ今度はわかりやすく囁いてあげる
 康介のおチ〇ポは兄よりデカいって^^」

関連記事

| 妻の告白 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/543-7b45ebee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT