PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狂おしく淫らに濡れた真夏の一週間

「お前!この前なんて言うた?
 咥えるの嫌いて言うたやないかっ?!」

「この前って何年前?
 あの、ホテルへ行った時やろ?」

「おう!三年前や!」

「三年もっ、ぷぷぷ(笑)」

「なに笑ってんねん?
 たった三年でこんな好きになるんか?」

「好きになったわけじゃない ・・・」

「すっ、好きじゃない~?!
 嫌いや言うて旦那のチ〇ポを拒んだお前が
  両手足床について犬みたいな恰好でしかも
   美味そうに咥えてるやないか?これ!」

「そう見えるだけよ ・・・」

「誤魔化すなっ!ボケっ!
 自分から貪るように食いにいってるわい!」

「ヒドい言い方ね。そこまで言うなら ・・・」

「おお!言いたいこと言えっ!聞いたるわ!」

「貪ってるんじゃなく感謝のフェラ ・・・」

「感謝のフェラ~?!」

「それ、ザーメンが出たあとのフェラよ?
 エッチが凄く良くて何回も逝かせてもらったし
  感謝の気持ちで ・・・」

「アホかっ!!!(バチンっ!!!)」



【夏希 主婦 30歳】 妻の告白




・・・ って 

ほっぺを叩かれるのかな?



携帯に転送された一枚の猥褻画像について
ヤキモチやきの夫がどんな反応を見せるのか
浮気の後始末を想像する私


夫 小林省吾(30歳)は中学校の同級生
中二の春から付き合い始めたので丸16年

わがままで自分勝手な夫に
16年浮気もせず寄り添った
と言いたいところですが
今朝の蝉の鳴き声を聞いたとたん
ふとっ、写メが見たくなりました。

セミの声は好きだったアノ人を思い出す
心地のいい音色だったりします ・・・




「なつきちゃん、使用禁止ってなに?」

「えええええっ?!
 お嬢ちゃん、使用禁止って読めるの?!」

「あの~ ・・・」

「ビックリしました^^こんな小さな子が」

「今さっき張り紙したとき
 言って教えたんです^^」

「あはっ^^じゃあその部分
 聞いてなかったんですね、僕(笑)」


昨年の夏の出来事

仲のいい友人にも
もちろん夫にも誰にも言えない

狂おしく淫らに濡れた真夏の思い出



「ホントに使用禁止なんですか?」

「ええ~、夜中に壊れてしまったらしく
 良ければ冷たい飲み物ありますけど?」

「いいのかな~ ・・・」

「自宅の前を工事されてる方には
 みなさん何か出されていますので」

「あっ、僕 作業員というより
 この工事の現場監督でして ・・・」

「じゃあ なおさら^^ どうぞ入ってください」


5町内、450世帯分の
大規模なガス工事が同時に行われました。
その工事を監督されていたのが
宮下和馬さん 38歳


私とは違い奔放な性格の妹、樹里が
(多分)男友達と旅行に行くため
一日だけ姪を預けに来た朝
彼と出会いました。

このころ私は
事情があってひとりで暮らしてたんです。



宮下
「あれ、今日は姪っ子ちゃんの姿が ・・・」

「昨日の夜、おうちに帰りました^^」

「そうでしたか
 あの、奥さんは ・・・
  結婚されてますよね?指輪を ・・・」

「既婚者の匂いがしません?(笑)
 主人が離れた土地で住宅販売してるので
  そこから近い自分の実家に ・・・」

「帰って来られない とか?」

「二週間に一度くらい ・・・
 帰宅するときは必ず連絡があります^^」


何故そんなことまで話したの?と
このときの自分に問いかけたいけど
理由は明白
宮下さんが私好みの男性だったからです。

しかも彼まで ・・・

宮下
「実は泊ってる民宿の夜ご飯 ・・・
 あっ、朝メシも口に合わないんですよね~」


これを聞いて
鳥肌が立つほど興奮したのを覚えています
二人の気持ちが意気投合した瞬間

私、今晩彼に抱かれるかも ・・・

初めての浮気への
カウントダウンが始まったその直後

おもむろに立ち上がり冷蔵庫まで行くと

「野菜が少ないな~ キャベツと大根
 えっと、宮下さんは独身なんですか?
  独身だったらきっと栄養が ・・・」

(フハッ~ ・・・)

「嫁さんはいますけどね
 こんな魅力的な女性じゃない」

振り向けばそこに彼がいて
甘いキスとソフトな抱擁

宮下
「栄養は足りてます。僕が欲しいのは奥さん」

「お仕事まだあるんでしょ?」

「一旦戻りますけど ・・・」

「じゃあ、お野菜買っておきます^^」

「朝飯も食わしてくれる?」

「そのつもりですけど?(笑)」


そのつもりって どんなつもりじゃ?!
と夫の声が聞こえてきそうな密かなやりとり

もう出来上がっていました。
覚悟も決めていた。
こんな絶好のチャンスは二度と訪れない!


その夜 ・・・


宮下
「一発目だからゴムつけないで入れた」

「じゃあ次もあるのね 嬉しい~ ・・・」

「どこに出す?」

「お腹に出してくれたら綺麗にしてあげる」

「どこで?」

「お口で ・・・」

「この口?」

「そぉ~ はぁぁ~ ・・・」

(ちゅうぅぅぅ じゅるじゅる)

「奥さん もっと舌を」

「はぁん~ ・・・」

「奥さんが舌を出した分に合わせて突くよ」

「あぁん~ これで ・・・」

「このくらいやな ・・・
 Gスポットをかすめるくらい」

「はぁっ~ もっと!」

「もっと欲しいなら
 いっぱいベロベロしようよ?!」

「べぇぇぇ~ ・・・」

「いっぱい出してる?」

「っん~ ・・・」

「じゃあここやな!」

「はぁっ~!!」

「黒目がデカなったで」

「そこっ!」

「もっとチュウしよっ?!」

「あぁ~ 気持ちいい~!宮下さんっ!!」

「俺も ・・・ ハアハア ・・・」

「あっ もう無理だわ ・・・」

「フッフ~ ハアハア 
 奥さんココが好きなんかッ?!」

「好きっ!!あっダメ逝く!!!
 宮下さん そこっ!!
  いやん!気持ちいいのぉぉぉ~~!!」




約束通り彼は私のおへそへ発射すると
まだ半分勃起していたおチンチンを
ゆっくりとしごきながら自分の口へ運び
夫にもしないお掃除フェラを丁寧に完結


想像シーンであったように
私、フェラが好きではありません
というかテクに自信がなくて出来ない。が近い
でも彼、宮下さんにはたくさん時間をかけて
いっぱい舐めたように思います。


次の日の朝を迎えたとき
私は罪悪感に苛まれているかもしれない
そう思って眠りにつきましたが
うるさい蝉の声に二人起こされると ・・・

宮下
「奥さん 朝立ちや しゃぶって?」
「元気ね^^ うん」

早朝から他人棒を咥え放題
しかも夫より大きくて硬いおチンチン
女の幸せを五感で感じた特別な朝

結局、初日 三回
二日目以降、五日目まで二回
六日目は彼の仕事が休みだったので五回
七日目の夜が三回
彼と別れた朝が二回と
ガス工事が終了するまでの一週間
初めてのセックス三昧を体験しました。




「九州?」

宮下
「一年だけ、勉強を兼ねた出向やな」

お別れの朝
親会社への転勤を告げられます。

「淋しいな~ ・・・」

宮下
「新幹線の中で奥さんに送る写メを吟味する」

「どのときの?」

「それはあとのお楽しみ」

「エッチなの送ってこないでよ^^?」

「エッチなことしかしてへん(チュッ!)」

「ああん~ もう勃ってる?」

「奥さんの乳首は立ちっぱなし」

「だってまだおま〇こがピクピクしてるもん」

「それに濡れてる ・・・」

「はぁん~ 宮下さん ちょうだいっ?!」

「もう~? 焦ってる?」

「今入れてくれたらすぐ逝けそう(アアン///)」

「今日でお別れやし逝きダメするのかw?」

「それもある^^ あぁ~~ はぁ~~~~」

「チュルっと入ったわ!奥さん~ ・・・」

「あぁ~ 凄い硬い!大っきい~!」



工事終了とともに
夫が一時帰宅すると連絡もあったので
二人の別れは自然なものでした。

が ・・・

気持ちのいい浮気って
そう簡単にやめられるわけじゃない。


彼が選んだ写真とは
私が四つん這いになって
チューチューペロペロしている姿
文面は ・・・

宮下
「奥さんが一番不得意とするフェラ
 これを見て僕が恋しくなったらそれは
  本物かも知れない。連絡待ってます」


そして今朝
蝉の鳴き声に釣られてみました


「今、写メ見てる ・・・
 こっちに帰ってるの?会いたい ・・・」

関連記事

| 妻の告白 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/542-16d445e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT