PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ママ友に取られたくないイケメン!

「親方さんは寄るとこがあるからって」

「あっそう?集金か何かかな^^」

「これ、車のキーです。じゃあ僕は ・・・」

「明日の予定は聞いてくれてる?」

「はい^^ 明日また来ます」

「お疲れさま~ 気をつけてね」


「どちらさん?」

「新しくうちで働いてる子 ・・・
 子じゃないな~ もう36やし」

「チラっと見たけど男前やんか^^
 私に紹介して~な?」

「ダメ!ななみさんは ・・・」

「何を焦ってるん^^?」

「結婚したはるし」

「紹介してって言うただけやん~^^
 ご近所に住んでるんやし ・・・」

「ななみさんはアカン。前科がある^^
 すぐに色気で落とすから~^^」

『美鈴 主婦 46歳』 妻の告白


主人(小和田武 49歳)が
住宅の外構工事をしているため
これまで何十人もの
若い子たちを雇ってきました。

しかし、30代の新人さんは初めて。

山本甚八さん 36歳
元銀行員という異色の経歴

ママ友の七海さんが
目をキラキラさせ紹介してよ?というほど
甚八さんは超イケメン!
私も面接で来られた日、腰が抜けて
その後の家事に支障が出ました^^

ちなみに七海さんの前科とは計三人!
詳しく聞かない主義なので
どこまで進展してかは知りませんが
うちにいた20代の男の子たちと仲良くなり
ドライブへ行ったり。食事をしたり ・・・

出張が多いご主人なのでやりたい放題
ときどき、羨ましく感じることもあります。


「七海さんな~^^ 確かに色気はある」

「私はないもんね ・・・^^」

「見た目の色気と中身の色気とは違う」

「中身って?」

「抱いて初めてわかる
 その女性の情みたいなもんや」

「情があるの?私 ・・・」

「わからん」

「何よそれ~^^」

「そんなもん見るまでに
 俺は姉さんに一目惚れしてしもた ・・・」

「はぁ~ 慶ちゃん~ ・・・」

「好きになって食べてみたら
 めちゃくちゃ美味しくって
  やめられんようになった ・・・」

「あぁん~ やめんといて~ ・・・」

「入れっぞ ・・・」

「はっ~入れて。 ちょうだい~ ・・・」

「姉さん~ ・・・」

「あぁ~ 久しぶりに入った!
 慶ちゃんのおチンチン~~~」


加藤慶一 45歳
私よりひとつ年下の彼は
17年前、主人が独立開業した際
一番弟子として雇った職人さん

今は彼も主人から独立し
ときどき一緒に仕事もする関係


当時私が29歳 彼が28歳

主人が上の子を連れ
野球観戦に出掛けた夜
現場で残業をしていた彼が
帰りにうちへ立ち寄り ・・・

慶一
「姉さん!車のキー
 下駄箱に置いとくで~?!」

「あっ、慶ちゃん お疲れさま~^^」

「さっきラジオで聞いてたら
 親方が応援してるチーム
  ホームラン打ったみたいやな^^」

「わざわざ電話してきはったわ^^」

「球場で生で観てたのか~ 羨ましい」

「うん、球場にいる ・・・」

「さて!」

「慶ちゃん お茶でも飲んでいく?」

「親方がおらんときは ・・・」

「やめとく?」

「よばれるわ ・・・」

私も慶ちゃんに好意を持っていたし
彼が私を好いてるのも知っていました。


「焼き飯でも作ろか?
 どうせ食べに行くんやろ?」

慶一
「飯より食いたいもんがあるって言うたら
 どうする?姉さん ・・・」

「うちにあるもの^^?」

「ある ・・・」

「なんやろ^^?」

「白くてデカいメロンが二つ ・・・」

「うふ^^ メロンなんてあったかな~?」

「ここにあるやんか~ ・・・」

「あぁ~ 慶ちゃん ・・・」

「球場まで行ったら帰りは10時になる」

「慶ちゃん 二人目がお腹に ・・・」

「優しくしろってことな ・・・
 その代わり、中出しはOKなんやな?」

「はぁ~~ あぁん~ ・・・」

「この乳が吸いたかった!姉さん~」

「あぁ~ いっぱい吸ってぇ~ ・・・」


あっというまの17年
途中、彼も結婚して子が出来たり
紆余曲折ありました。別れ話も何度か ・・・

しかしそれがかえって
二人の恋愛の寿命を延ばしたと思います


慶一
「姉さん このあとは?」

「新人さんのお宅 ・・・」

「なにしに行くの?」

「引っ越しされたから
 祝いを持って行けって ・・・」

「親方が?」

「そぉ~」

「現場で会ったけど真面目そうなやつや」

「男前でしょ^^?」

「ああ~ だから
 七海さんに取られると焦ってんのか^^?」

「そんなわけないやん^^
 私には慶ちゃんがいるもん ・・・」

「もう俺も45や ・・・
 新しい男作ってもかまへんで?」

「そんなこと言わんといて ・・・」


彼に指摘された通り
今までにないほど
七海さんに警戒心を抱いてる私

それほど甚八さんは
めったに出会えないタイプの男性 ・・・



甚八
「お祝い?うわぁ~^^
 まだ雇ってもらって一ヶ月ほどなのに~」

「うちの人喜んでるのよ^^
 大卒の元銀行マンが弟子入りしたから」

「そうですか^^ 頑張ります^^」

「あの ・・・
 奥様とお会いしたかったんやけど ・・・」

「見ての通りひっくり返っていて^^
 子供も小さいから嫁の実家に ・・・」

「そぉ~ 大変ね」

「退職金を全部注ぎ込み
 自分の好きなことに挑んで大失敗
  引っ越し業者も呼べなかったんです^^」

「意外と無謀なところがあるのね^^?
 奥様怒ってたでしょ~?」

「はい~ それもあって
 今は別々に暮らしたいと ・・・」

「えっ? 別居してるの?」

「親方さんのところで早く一人前になって
 嫁と子供を呼び戻したいと思ってます」

「続きそう?」

「二日目の日、ボロクソに怒られ
 やめようと思ったけど ・・・」

「頑張ったんや~ ・・・」

「毎日、奥さんの顔を見るのが楽しみで
 なんとかやってこれました ・・・^^」

「私の~^^? フフフ^^」

「ホントです^^ 親方さんは怖いけど^^
 今お茶淹れます!どうぞ座ってください」

とあるマンションの一室
自宅は所有してるそうですが
奥様やお子さんがいた家に
一人でいるのが寂しくてここを借りたようです

それを知った私が ・・・

「あっ?! 奥さん~!」

「雨でお休みになったね^^ 入っていい?」

「いいですけど ・・・」

「コンビニ弁当ばっかりでしょ^^?
 たまには栄養のあるもの食べないと」

「親方さんは知ったはるんですか?」

「言うわけないやん~^^
 うちの人、凄いヤキモチやきやから~^^」

祝いを届けた日以来
初めて来たのが雨天の平日 ・・・


「美味しい~^^?」

「美味しいです^^ でもなんで ・・・」

「毎日私に会えないと続かないんでしょ?
 私も甚八さんの顔、毎日見たいし^^」

「二人きりだと欲情しますよ?」

「どのへんが?」

「すでに欲情してるけど ・・・」

「見せて?」

「半年嫁とないんでメッチャ溜まってます!」

「うわぁ~ 凄い ・・・
 甚八さん これどうして欲しい~?」

「奥さんの口に ・・・」

慣れ親しんだ慶ちゃんのソレとは
全く違う別の生き物 ・・・
私がこれにいち早く手をつけないと
七海さんが横取りしてしまう

「あ~ 奥さん!」

「大っきい~ この中に溜まってるの~?」

「はい!すぐ出てしまいそう ・・・」

「いいわよ?私の口に出したい~?」

「いいんですか?そんなこと ・・・」

「いいの。その代わり ・・・
 あとで私も可愛がってくれる~?」

「わかりました!」

さすが慶ちゃんより10歳も若い男性
イク寸前、口の中で激しく膨張すると
水鉄砲のような勢いで飛んで来ました!

その10分後 ・・・

「奥さん~ ・・・」

「甚八さん 電気消して ・・・」


もう三度、彼に抱かれました
イケメンだから見てるだけでゾクゾクします

他人に取られたくない。という思いで
自分から行動を起こしたのは
やはり七海さんの影響が強く
先手必勝でないと勝てない色気 ・・・


※※※


甚八
「奥さん! 車のキー置いときます」

「お疲れさま^^ 今の現場は終了?」

「そうです。 明後日から新しい現場に」

「明日はなんて?」(小声)

「空きです」(小声)

「じゃあ、昼前に行くわ」(小声)

「待ってます」(小声)

甚八
「じゃあ僕はこれで^^」

「気をつけてね^^」


七海
「甚八さん?」

「そぉ~ もう帰らはった^^」

「いつになったら紹介してくれるんよ^^?」

「いつでもいいよ~? でも ・・・」

「手を出さないでねって^^?」

「挑戦してみる?七海さんのお色気で。
 私も甚八さんの反応が知りたいし^^」

「あっ ・・・
 もしかして手遅れってこと?」

「さぁ~^^?」


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/521-6d0b4e8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。