PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友達から恋人へ ~美味しそうに愛してくれる人~

「もういいよ? 私がする^^」

「おっ そうか」

「元気いいね^^?」

「いつもと雰囲気が違うしな
 知美、袋も吸ってくれや?」

「うん、私もさわっておいて^^?」

「勃起してへんな?」

「そのうちしてくる^^」

「上に乗るけ?」

「ううん~ ・・・」

「じゃあ俺が ・・・」

「あぁん~ あなた~ はぁ~~ ・・・」

『知美 主婦 44歳』 妻の告白


3年前の秋でした ・・・

これが最後のチャンスかな~?
という思いで夫婦旅行に出掛けたのは
夫(松本明 46歳)とのセックス改善の為

いつの日からか夫とする性行為に
凄く気を遣うようになっていた私
最中に笑顔を覗かせるのも私だけ ・・・

若い頃はもっと大胆だったけど
あることに気付いた私は突如
体臭を気にするようになりました。

この旅行の時も温泉に何度も浸かり
十分過ぎるほど体を清めて挑んだセックス
しかし、何も変わらなかった ・・・


「ここアカンの?」

店主
「女性のお客さん一人なんで
 表のイスに座ってお待ちください
  すぐ空きますから~ ・・・」

例の夫婦旅行から半年後の4月
パン教室に通う日限定で
いつも食べに寄るお蕎麦屋さんでの一幕

二人席に一人で座り注文を待っていると
サラリーマン風の男性が
なにやらお急ぎのご様子だった ・・・

「あの~ ・・・
 よろしかったら お席 どうぞ?」

「あっ^^ すみません
 じゃあ お言葉に甘えて」

相席で私の向かいに腰かけた男性

「石頭ですわ~^^ あの店主」

「聞こえますよ^^?」(小声)

「すみません^^ 急いでたもんで^^」

同じお蕎麦セットを注文され
ほぼ同時に二人食べ始めました ・・・

「お姉さん 美味そうに食べるね^^?
 あっ!そうや ついでに ・・・
  名刺渡しておきます^^
   住宅の販売をやってるもんです」

「不動産屋さんですか?」

「まっ、個人の小さな仲介屋ですわ^^」

竹内政之さん 

名刺は頂きましたがそれだけ。
しかし偶然とは重なるもので
次にお会いしたのはその2週間後
今度は洋風の定食屋さんでした。

竹内
「あっ! お姉さん^^ こっち座ってください」

「いえいえ^^ ここも空いてるから^^」

「そう言わずに一緒に食べましょうよ^^?」

「はぁ~^^ そうですか~^^」

誘われてチョット嬉しかった私 ・・・
ナンパではないけどナンパされた気分^^

竹内
「会うような気がしてました^^」

「この辺りをまわられてるんですか?」

「うん^^ だからですよ^^
 ここらへんの食堂に入れば
  いつかあのお姉ちゃんと!なんて^^」

「お姉ちゃんw」

「失礼ですよね^^
 同い年くらいかな?僕、40歳です^^」

「私が二つお姉ちゃんですね^^」

話が合いました。というか
ウマが合うという好印象。

この日、彼に懇願され
メールアドレスの交換をしました。
一応、建前は
住宅の事でお世話するとき。
お世話になるとき ・・・

しかしメールの世界でも楽しい彼は
私の心を十分に惹きつけ
日常にあった隙間をドンドン埋めてくれます


竹内
「二年も経ちますか^^?」

「向かいのお蕎麦屋さんでしたよ^^?」

「じゃあ、そっち行けば良かったね^^」

「お話があるから
 喫茶店になさったんでしょ^^?」

私と竹内さんは今で二年のお付き合い
共に夫婦円満なので体の関係はありません

しかし ・・・
この日彼から受けた相談ごとを聞き
もしかすると私と同じ境遇にあるのかな?
という安堵感のようなものを感じました。

竹内
「ここのトイレで無理ですか?」

「いえっ それは無理です~ ・・・」

「結構、悩んできたんですよね~ ・・・」

「でもそれって私と同じかも ・・・」

「あぁ~ 奥さんもですか~?
 ご主人の物、一度も舐めた ・・・」
「逆です ・・・」

「あ~! 奥さんが?!
 舐めてもらってないってこと ・・・」
「場所変えません?お客さん多いし ・・・」

二人に共通する悩み事とは
自分の性器をパートナーが愛してくれない
というものでした ・・・

30歳でそれに気付いた私は
そこからセックスに消極的になります。

一応、口はつけてもらえるけれど
凄く!まずそうな顔をする主人 ・・・
だからすぐ「もういいよ^^」と言ってしまう。


竹内
「立場は違うけど同じ悩みですよね?」

「私も一度、誰かに聞きたかった ・・・」

「うん~ ・・・
 ここならいいでしょ?奥さん
  チョット匂いでもらえませんか?」

「さっき仰った ・・・」
「あ~ 僕のあと 奥さんも匂いであげます」

「それは結構です^^恥ずかしいから^^」

二人でまちなかにあるホテルへ来ました。
もちろん、こんなこと初めて。
二年も友達関係を維持出来た
竹内さんだからこそ取れた行動

彼は自分のペニスを匂いで欲しい。
そのあと私のアソコも匂ぎます。
と言われましたが
やはりそれは抵抗があります。

「私のほうは
 竹内さんからお話を聞くだけでいい」

竹内
「そうですか 後で話しましょう?
 とりあえずズボンとパンツを脱ぎますわ
  マジにくさかったらごめんね^^奥さん」

「覚悟しておきます^^ うそうそ^^」

「これなんですけどね~ ・・・」

「うわぁ~ ・・・」

「えっ?もうにおいできます?」

「いえ、変な匂いはしませんけど ・・・
 奥様がされないのは大きさかも ・・・?」

思わず片手の親指、小指間を広げ
長さを測ってしまいました ・・・

「20センチ近くありますよ?」

竹内
「匂いはどうですか?」

「ちょっとはしますけど
 そんなヒドいもんじゃありません ・・・」

「大きさか~ ・・・」

「これだけ大きければ疲れると思う^^」

「経験あります?」

「ないけど だいたいは想像がつきます」

「あああっ! ごめん^^ 奥さん ・・・」

「ビックリした^^」

私の目の前で急に反り返った彼のペニス
それをまじまじともう一度見つめると ・・・

竹内
「いいですよ奥さん 握ってください」

うっかり、手が伸びてしまいました ・・・

「どれくらいないんですか~?」

竹内
「ハタチから一緒なんでもう~
 20年以上になりますよね ・・・
  だから風俗のお姉ちゃんに^^」

20年以上も
奥様にフェラされていない旦那様
それを聞いて私の心に少し変化が ・・・

竹内
「あっ!奥さん~ いいんですか~?」

「っん~ ・・・」

長いペニスを咥えてみたい。
そんな好奇心もあったでしょう

しかし夫にするような浅い吸い込みで
喉チンコに当たったとき
おま○この一番奥の壁を
コン!と突かれたような気になりました

「凄い奥まで当たりそう^^」

竹内
「おま○このこと?」

ペニスを咥えながら「うん~」と頷く私 ・・・

竹内
「ベッドに行こう?奥さん!舐めてあげる」

舐めて欲しい!いえ ・・・
竹内さんならきっと!
美味しそうに愛してくれるはず ・・・


「はぁん~~ ・・・」

竹内
「奥さんはいつぶり?」

「うちの人はしてくれるんですけど
 ああぁ~ あぁ~ 気持ちいい~~」

「してくれるけど?」

「イヤそうな顔をしてるから ・・・」

「愛してもらってる感がない?」

「そぉ~~ ・・・」

「僕はどうかな~?」

「はぁ~ 竹内さん! 嬉しい~~」

興奮し過ぎてすぐに絶頂を迎えそうなクンニ

あまりの気持ち良さに体をのけ反り
彼の顔を見てまたのけ反る。
その繰り返しを存分に楽しみました。

竹内
「奥さんのまん汁は飲めるほど美味しいよ」

「ああぁ~~ 凄い感じちゃうぅ~ ・・・」

「飲んでもいい~? 奥さん?」

「いやん~ そんなこと言ったら興奮する!」

「いっぱい飲んでるよ?
 僕の唾液と交換して
  クリトリスもたくさん愛してあげるからね」

若い頃を思い出しました
開放されたセックス!
なんの躊躇もなく喘ぎ声をあげ
夫の時よりも足を大きく広げた私 ・・・

「竹内さん!逝ってもいい~?」

竹内
「汁がいくらでも出てくる!
 奥さんが逝ったあと
  ここに入れてもいいかな~?」

「ああん~~ 入れて~~~!」

「今のでクリが勃起したよ!奥さん?!」

「はぁぁ~~ もうダメぇ~ ・・・」

彼の髪の毛をかき乱し
頭をおま○こに当てつけながら ・・・

「あぁ~ それ逝く!
 竹内さん?! いやぁ~ 気持ちいい~~
  あっ!逝っちゃうわ! あっ あっ
   あああぁ~~ 逝くぅん~~~~~!」



クンニでのオルガズムは
おそらく20代後半が最後だったと ・・・


竹内
「奥さん ちょっと舐めて?」

「うん! ちょうだ~い!」

「うわっ~ 美味しそうに咥えてくれる」

「美味しいよ~?
 こんな長いの入れたら
  失神しそう、私 ・・・」

「しそう。じゃなくて
 失神するほど愛してあげる?!」

「あぁん~ 来て~ 竹内さん!」

「奥さん!!」

「はぁぁ~~ あぁ~ ・・・」

「前半の二年は友達
 これからは恋人やで ・・・」

「嬉しい~ ・・・
 あぁ~!凄い奥まで刺さってるぅ~~!」


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/520-b90a7b18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。