PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イマジネーション・ラブ(2)

「浮気が初めてとか言わんといてや?」

「・・・・・ ・・・・・」

「初めてなんか^^?」

「っん~ ・・・」

「そっか~ ほな笑ってんと
 人の嫁さんを寝取る前に話しとくわ」

「なにを ・・・?」

「いつもの観光客やとおもて~
 下向いてたけど 振り返り奥さんを見た時
  心臓が飛び出るほど驚いた ・・・」

「どうして?」

「若い頃、恋した女性にソックリで ・・・」

「綺麗な方だったんですか~?」

「えっ? それ自分で言うか~?(笑)」

「あっ?! わたし(笑)
 ごめんなさいw 舞い上がっちゃって^^」

『美月 主婦 37歳』 妻の告白


初めての浮気。しかも
行きずりの男性と同じシーツの中
舞い上がって当然だと思います。

隣室のベッドへ移動すると
彼がまず服を脱ぎ私も全裸にされました。

白石
「その人より奥さんのほうが美人や ・・・」

「うふ^^ 恥ずかしい ・・・」

「もう恥ずかしがることないで~
 二人とも生まれたままの姿なんやし~」

「はぁ~ はぁ~ ・・・」

「ええ体してるわ 奥さん ・・・
 出るとこは出て 肌もスベスベや~」

クリ絶頂の余韻がまだ少し残る中
彼に全身を愛撫され狂おしく身悶えました

男性経験の少ない私でも
エッチが上手な人だと
十分に伝わるほどの舌使い

シックスナインへの流れもスムーズで
いつのまに咥えたのか思い出せません

白石
「そろそろ 頂いてもかまへんか?」

「ええ~ ・・・」

彼のペニスが挿入されたあと 
たった5分で主人との違いを感じました。

なぜなら ・・・
主人とのセックスで5分以上!
喘ぎ声を出したことがないから ・・・

白石
「上に乗るのは嫌い?」

「上は~ 自信がない ・・・」

「じゃあバックや 四つん這いになって?」

最初の正常位から次の姿勢に変わる時
おま○こでイヤらしい音が ・・・

これも主人の時にはほとんど経験がなく
白石さんがどれほどパワフルな男性かを
私に知らせてくれました ・・・

白石
「奥さん 道が出来てるで~?」

「はぁ~ はぁ~ なに~?」

「Gスポットまでの道や
 旦那とエッチしてイってるんやろ~?」

「えっ? ない~ ・・・」

「嘘ついたらあかんで~
 奥まで届くように誘導してるし
  奥さんの体はイケるカラダや~」

「あぁ~ 逝きたい~ ・・・」

「ほんまに知らんのか~?」

「っん~ 知らない ・・・」

「ここやで~?」

「あっ~!!!」

「ちゃんと反応してるやんか~?
 ここを突くと苦しくなってきいひんか?」

「重たい ・・・」
「それや~? そこから解放されて
 体が飛ぶように軽くなった時が絶頂や!
  どうや~ 奥さん~ ここっ?!」

「ああぁ~~ 気持ちいい~~」

「下からゾワゾワあがってきよるしな?
 それを奥さんのイマジネーションで
  頭のてっぺんまでもって行ってやり?!」

「はぁ~ はぁ~ ・・・」

「ええま○こや~ あとは奥さんしだい
 イクまでコンコン!当てたるしなッ?!」

「あぁ~ 白石さん~ ・・・」

「どした~?」

「気持ちいい~ もっとしてぇ~~」

「クリのイキかた見てもわかる~
 奥さんはイケる人や 大丈夫
  もっと!声出してよがったらええッ!」

両手でシーツを掴み、顔を埋めました
下半身に充満するザワザワ感を
どうやって頭まで持ち上げるのか ・・・

白石
「ええ感じやで~ ・・・
 ま○こを擦るチ○ポに集中して
  その快感を天に向かって解放するんや」

「はぁ~ 凄く感じる! 白石さん~ ・・・」

「感じるやろ~ 誰のチ○ポや? 奥さん」

「うはぁぁぁ~~! はぁ~ はぁ~ ・・・」

「旦那のチ○ポか?!」

「違うぅぅぅ~~~」

「旦那のチ○ポとちゃうのに
 そんな感じてええんかいな?」

「いやぁ~~ ・・・」

「ええんやで? 奥さん~ ・・・
 イカしてくれる男でないとイケへんのやし
  擦れてるか?! 奥さんの好きなとこ!」

「はぁ~~ いっぱい擦れてるぅぅ~」

「ここやな 俺も要所を掴んだわ ・・・
 一時間でも二時間でも
  奥さんがイクまで突いてやるで~?!」

「あぁ~~ 白石さん!」

「・・・・・ (パンパンっ!) ・・・・・」

「白石さんっ?!」

「・・・・・ (パンパンっ!) ・・・・・」

「白石さん?! 凄い当たってる もうダメ!」

「・・・・・ (パンパンっ!) ・・・・・」

「あぁ~ 気持ちいい~ いやぁ~~~
 白石さん?! あっ 逝っちゃう~
  あっ!! いやん~ もぉ~~~~~」


彼が言ったとおり
頭のてっぺんから抜けていく感覚
脳みそも空っぽになったようで
そのままグッタリと放心状態に ・・・


///////////////


白石
「起きたか^^?」

「なんか凄い恥ずかしい~^^」

「なんで~?」

「っん~ ・・・
 主人と体験してないことを
  他の男性としたからかな~ ・・・」

「そっか~^^
 枕元にタバコあるやろ? 火つけてくれ」

「あっ はい ・・・」

目覚めたとき
彼はベッドの端に座っていました
トイレに立たれたんだと思います。

タバコに火をつけろと言われ
すぐに用意しました。 そこで ・・・

「あっ? 白石さんは?」

「くれよ?奥さんに吸わすためとちゃうで?」

「じゃなくて はい、タバコ ・・・
 もうおしまいなの ・・・?」

「まだ足りひんか^^? 初めての絶頂で
 奥さんが相当疲れたと思ったし ・・・」
「じゃなくて^^ 白石さんはいいの?」

「あ~ 俺はイケへんのや~」

「えっ? どうして?」

「ずっと一人もんやからな~
 いつのまにか挿入でイケんようになった」

「あぁ~ そうなんや~ ・・・」

「自分でシゴいたら3分でイってまうけど^^」

「あはっ~^^」


最初の印象のまま
相性は凄く良いようです。
もちろんセックスも ・・・

この後、私用で出掛けると言われましたが
帰宅準備をする私に
一時間もくれる懐の深さ。それも嬉しかった

シャワーをお借りし 身支度を整え
彼と一緒に玄関を出ました ・・・


※※※


「美月~ ただいま~^^」

「どうしたの? 嬉しそうな顔ね^^」

「嬉しいことが起きたんや^^
 前に言うてたやろ?
  大阪に居た頃のオッチャンの話」

「えっ ・・・?」

「オッチャン! ささっ 入って?」

「いいんですか? ぼっちゃん
 じゃあ失礼します ・・・」

「あっ?!」

「なんや?美月 知ってるような顔して^^」

「あれま^^
 ぼっちゃんの奥様やったんですか^^?」

「えっ?! 二人知り合いか^^?」

「今日 ・・・
 哲学の道を散歩してるとき
  絵を描いていらして少しお喋りを ・・・」


続く ・・・

イマジネーション・ラブ(3)


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 舞台が京都 | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/511-49900448

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。