PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イマジネーション・ラブ(1)

「すごい ・・・ 売り物ですか~?」

「観光の人?」

「いえ ・・・」

「昼前になったら
 あっちのほうで女性が描き始める
  それは確か売り物やったけど ・・・」

「はぁ~ でも、桜の季節なのに ・・・」

「イマジネーションを働かせんとな?
 見たままを描いてるようでは あっ?!
  ・・・ 素人なもんで
   ・・・ 適当に描いております ・・・」

「でも凄い ・・・
 想像だけでそんな幻想的な絵を ・・・」

「私の自宅はすぐそこで ・・・
 もし気に入ってもらえたなら
  他の絵もお見せしますけど ・・・」

「ホントですか~? 見せて欲しいな~^^」

『美月 主婦 37歳』 妻の告白


桜のシーズンもあと少し。というころ
実家の母親を訪ねたおり
足をのばして「哲学の道」へ ・・・

京都は私の地元ですが
散歩がてら、桜を見るなんて何年ぶりか。

二人の子供が
小学校の高学年になり
慌ただしかった生活に
ゆとりが生まれたのかもしれません


新しい出会いは一人の絵描きさん

みなさんが桜を描く中
その方だけ「ホタル」を描いておられました

これは ・・・
たった二週間の間に起きた思い出の出来事

男性が私の顔を振り返って見たとき
「ハっ!」と驚かれた事については
のちのち説明いたします ・・・


///////////////


「最近でも見れるそうやけど
 昔はもっとホタルがいたんですよ~?」

「そうなんですか~
 数年前に母とこちらへ来ましたが
  元々私は太秦の育ちで ・・・」

白石孝平さん お年は40代半ば ・・・

がっしりとした体型からは
絵を描くような繊細さが見受けられない
でも、拝見した絵は素晴らしいものばかり

白石
「指輪はないけど 奥様かな?」

「あぁ~ はい^^」

「息抜きの散歩だったんですか?」

「私の家もすぐそこなんですけど
 前々から一度、哲学の道を
  一人で歩いてみたいな~と思っていて」

「息抜きにはもってこいの場所やけど
 最近は観光客が増えすぎたしね~^^」

「はい~^^ だから少し早めに ・・・」

美味しいコーヒーを頂きました
少しなまりのある関西弁に
違和感を感じながらも楽しく過ごせたのは
彼の優しさか ・・・
生まれ持っての相性か ・・・

白石
「ほいっ! 奥さん ・・・」

「あっ 私、吸わないんです~ ・・・」

「吸ったことはあるやろ?」

「えっ? 大昔に一、二度だけ ・・・^^」

「これも息抜きや~
 奥さんを知る人間はここにはおらん
  安心して 一本取りーな?」

「あぁ~ はぃ ・・・」

「咥えて? 火を付けたげる ・・・」

勧められたタバコの銘柄はわかりません

大学時代に友人を真似て吸った以来
15年以上も昔のこと ・・・

白石
「久しぶりやのに咳き込まへんな?」

「学習しましたから^^」

「もう一服吸ってみ?今度はゆっくり長く」

二服目、彼に促されるまま
ゆっくりと吸い始めました

白石
「もっともっと ・・・
 もう少し吸い込んで そこで!止めて
  そのまま! 出さずに飲み込む!」

「ぷはぁ~~~ ・・・」

「どうや奥さん? 美味いか?」

「あぁ~ 凄い 頭がクラクラする~^^」

「クラクラしてる時のキスが
 メッチャ美味いて知ってるか~?」

「はぁぁ~~ 白石さん!」

「無茶はせえへん キスだけや
 奥さんも遠慮せんと舌出して?」

「ハァ ハァ ・・・」

「そうや~ 人妻の息抜きやで~」

「はぁ~ あぁん~ ・・・」

「こういう時のキスは濡れ方も倍速 ・・・」

「あぁ~ そこは~ ・・・」

「かまへん奥さん! かまへんのやで~?
 二人だけの秘密や もっと絡ませると
  疎水の水より綺麗なマン汁が ・・・」

「はぁ~ はぁ~ ・・・」

「湧いてきよった ・・・」

いつもジーンズ姿の私が
春物のロングスカートをチョイスしたのは
このためだったのか ・・・

イスに腰かける私と舌を絡めながら
スカートを捲るとすぐさま
パンツの中へも指先を忍ばせ
泉で溢れかえったおま○ことクリトリスを
ねっとり なぞられました ・・・

白石
「隣の部屋にベッドがあるけど
 ここでイってもかまへんで~?」

「はぁ~~ ベッドまでもたないっ!」

「誰が言うとんの?
 奥さんか? それともコイツか~?!」

「あぁ~ そんな動かしたら逝っちゃう~~」

「俺の舌を吸いながらイッてくれ?
 そしたら、奥さんがどれだけ登りつめたか
  よぉ~わかるやろ~?!」

「(じゅるじゅるぅ~) あっ あっ あっ
 あぁ~ダメっ! 逝くぅぅ~~~~~~~
  いやぁ~~ ああぁん~~~~~~!」


絶頂まで約三分
ひとりエッチより早かったかもしれない
それほど 激しく興奮していました ・・・


白石
「10時過ぎやけど
 まだ時間あるか~? 奥さん ・・・」

「はぃ ・・・」

「じゃあ ベッド行こ~ ・・・」


続く ・・・

イマジネーション・ラブ(2)


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 舞台が京都 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/510-c60529f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。