PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チンチンが大きくなる薬

「ま○この入口まできて止めるなや~」

「イヤっ! やめて!」

「自分でパンツ脱いだクセに~」

「寝ぼけてたの!
 うちの人やと勘違いして ・・・」

「お前が能書き垂れてるまに
 先っぽが入ってしもたわ ・・・」

「私、不感症やし虚しくなるだけですよ?」

「ズンズン!入っていきよる ・・・」

「イヤっ! 嫌いになる!
 死ぬまで喋りませんよ?いいの?!」

「半分以上入った ・・・」

「はぁ~~ 
 寝込みを襲うとかズルい~ ・・・
  襲われて感じるとでも思うんですか?」

「あれ? なんか当たったぞ~?
 もしかして もう奥まで到着か~?
  浅いま○こしてるんやのぉ~ 千穂~」

「こんなのイヤ~~
 お義父さん お願いやから抜いてぇ~~」

『千穂 主婦 28歳』 妻の告白


「お義父さん~ ・・・」

「これからや 千穂 いっぱい楽しめ」

「オッチャン~ ほんまに嫌いになる
 お願いやし 無理やりとかやめて?」

「入口と出口がちごてもかまへん
 30分後に同じ気持ちやったらやめたる」

「入口も出口もイヤなん!わかってよ?」

「悟ではここまで当たらへんのやろ~?
 なぁ~? 千穂~
  ジンジンと頭に響いてこうへんけぇ?!」

「はぁ~ オッチャン もう最後!
 これが最後やし よう聞いといて?
  ほんまにオッチャンのこと嫌いになる!」

「うわっ~!!
 狭いのにもう収縮が始まったでぇ~~
  お前、相当感じてるんやろ~?
   チ○ポに吸い付いとるやんけ?!」

「聞いて~ 私の話 お願い~ ・・・」

「千穂~ あとで聞いたる
 今はま○こに集中して
  いっぱい感じて楽しめ! おぉ~?!」

「襲われたのに そんな~ ・・・」

「ここやろ? 千穂~ ・・・」

「オッチャン イヤっ~~ ・・・」

「メチャクチャ擦れて!
 奥の扉もコンコン!当てとるぞ~?!
  なぁ~ 千穂 ここやろ~?
   ここが好きなんやろ? お前~!!」

「ああぁ~~ オッチャン嫌い~ ・・・」

「嫌いでもかまへん。そやけど
 ここは気持ちええんやろ~? 千穂?!」

「っん~ ・・・」

「お前のスケベ汁が
 ヌチャヌチャ言うてるし聞こえへんかった
  なんやて? 千穂!
   ここを擦って欲しいんやろ~?!」

「はぁ~~ ・・・」

「千穂~」

「好き。 そこぉ~ ・・・」

「淫乱奥さんの本性が出たかッ?!」

「オッチャンのバカ! なんとでも言うて」

「当たってるけ? 千穂~」

「当たってるぅぅ~ ・・・」

「不感症とか嘘までつきやがって ・・・」

「だって~ 無理やりとかイヤやもん~」

「やめるけ?」

「やめんといて~ いじわる~ ・・・」

「千穂~ ・・・」

「あぁ~ 気持ちいい~ オッチャン
 どうしよ~ 凄い感じるんやけどぉ~」

「ここか? こっちか?」

「両方~ ああもうダメかも~
 逝ってしまいそうなくらい気持ちいい~~」

「千穂~ ・・・
 雰囲気出えへんし お義父さんて言え?」

「はぁ~ お義父さん そこもっと擦って?」

「ああ~ そういうことな ・・・
 ここを擦りながら当てろってことか?!」

「あっそれ! それ逝く 逝っちゃう~」

「千穂~ 嫌いになったか?俺のこと」

「はぁ~~ 大好き! お義父さん
 ごめん もう逝くぅ ・・・
  あああぁ~~ もっと突いて?!
   イヤっ! ダメっ! ああッ!!!
    逝くぅぅぅ~~~~~~~~!!!」



相談する相手を誤った。というお話
おまけに妻としての道も誤ってしまった。

悲しいことに罪悪感がそれほどないのは
相手が主人のお父さんだからでしょうか。

今から半年前
大学時代の友人からもらったあるお薬
それが原因で夫婦間に溝を作ってしまった
お話はそこから ・・・


「こんな薬があるんやな~^^?」

主人
「ふぅ~ん ・・・」

「悟ちゃん 使ってみる^^?」

「なんか目がキラキラしてんな?」

「そぉ~? こんなんイヤ?」

「俺にどれくらい大きくなって欲しいの?」

「どれくらいって 私はただ ・・・」
「そのパッケージの男くらい?」

「ええ~? こんなになるのかな~^^?」

「20センチ以上はあるで ・・・
 千穂は大きい男が好きやったんや~?」

「ううん~ 悟ちゃんも十分 ・・・」
「そんな慰めいらんて ・・・」

「悟ちゃん ごめん忘れて~
 もうこんなの捨てるから~ ・・・」

「元彼が大きかったんか?」

「ごめん そんなつもりじゃなかった
 初めて見たし おもしろ半分で ・・・」
「男は女よりナイーブやで おやすみ~」

「あぁ~ 悟ちゃん~ ・・・」


ここまでなるの?!
というのが正直な気持ちです。

使わないにしても
ジョークで返してくれると思ったのに ・・・


主人(飯塚悟 28歳)は幼馴染
実家も近所で父親たちも同級生という間柄

保育園に通うころは
お互いを意識する関係だったけど
大人になるにつれて離れていきました。

二人が付き合うようになったのは24歳
ちょうど私が元彼に振られた日の帰り道


「下向いてたら電柱にぶつかるで^^?」

「あぁ~^^ 悟ちゃん 久しぶり~^^」

声を掛けられたのが始まり
幼い頃、結婚しようと決めていた人が
やっぱり王子様に見えた瞬間でした。

25歳で結婚し 今で丸三年
あの出来事さえなければこの前の記念日も
別々で食事するような事にはならなかった。

この人とは
深まるばかりなのに ・・・


義父
「ホテルはええのぉ~」

「っん~ ・・・」

「なぁ~ 千穂?」

「ちょっと待って お義父さん はぁ~」

「お前、下で寝てるだけやのに
 なんでそんな疲れてんねん?」

「はぁ~ はぁ~
 あんな何回も逝けば疲れるわ ・・・
  オルガズムって集中力がいるのよ~」

「今日は一回で帰るけ?」

「えっ~? お義父さんも疲れた~?」

「俺はまだ~ 休憩さえしたら ・・・」

「じゃあ帰るとか言わんといて~
 一回だけとかイヤぁ~~ ・・・」

「お前がハぁハぁ言うてるさかいやろ?」

「私も休憩すれば大丈夫
 お義父さん どこ行くの~?」

「トイレくらい行かしてくれ ・・・」

「すぐ戻ってきてよ~?」

うちの父と比べると明るくて
子供も大好きだった主人のお父さん
昔からオッチャン、オッチャンと
私もなついていた人。

そのオッチャンのセックスに
ハマってしまった。というのが正しくて
決して私が若さで釣ってるわけじゃない。

いっときも離れたくないほど
好きになったのがホントに 嘘みたい ・・・


義父
「誰からもらった?」

「大学のときの友達です ・・・」

「試してみいひん?って言うただけやろ?」

「そうなんですけど ・・・」

「悟になんて言われたんや~?」

「このパッケージの写真を見て ・・・」

「外人やんけ?」

「大きい男が好きなのか?って ・・・」

「好きなんけ^^?」

「お義父さん~~ ・・・」

「冗談や^^ まっ、気にしてるところを
 さわってしもたんやろな~ ・・・」

冷めてしまった主人の気持ちを
元に戻せるのはこの人しかいない。
そう思って義父に相談しました。
良く知る仲だし 内容が内容だけに
友達より話しやすいかなと ・・・

「なんとかしたる」
そう言って帰られたのに まさか
昼寝をしてた私を襲うとは
夢にも思ってなかった ・・・

あれ以来ですから今で4ヶ月ほど。

主人がいない昼間
自宅で会う時もありますが やはり家では
声が思うように出せません

その点、ホテルなら ・・・

「あぁ~ はぁ~ お義父さん~~ ・・・」

義父
「舐め合うより こっちがええけ?」

「シックスナインでもいいよ~?」

「いやぁ~ こっちでええ ・・・
 ここから見てると女神が喘いでるようや」

「あぁ~~
 お義父さん 大好き 気持ちいい~~」

襲われたときは挿入だけ
その挿入で目覚めた私の肉欲。でも
2度目以降は
前戯から天国に連れてくれるテクニシャン

義父
「乳首は勃起してるんか?」

「っん~ してるぅ~ ・・・」

「さわっとけよ?こっちも勃起してきたわ」

「お義父さん 優しく舐めて~
 強く吸ったらすぐ逝っちゃう~ ・・・」

「逝けばいいのに? こうけぇ~?」

「あぁ~ それ好き あっでも逝きそ~」

「どうやねん お前~
 2回目のほうが感度が上がりよんのぉ~」

「そぉみたい ・・・
 はぁ~ ちんちん欲しくなってきた ・・・」

「ちんちん~?」

「チ○ポ お義父さんのチ○ポが欲しい~」

「慌てんとゆっくり逝けや 入れたるさかい」

「慌てへんけど お義父さん~~ ・・・」

「なんや?」

「そんな舐め方 嫌い~!」

「なんで? メッチャ勃起しとんぞ?」

「だからよ~ もう逝っちゃうぅ~~」

「これか?!」

「うはぁ~ もうダメっ!!
 吸って? お義父さん 吸って?!
  吸いながらぁ~~ ・・・」

「転がすんやな ・・・」

「あぁ~~ お義父さん 大好き!!!
 イヤっ!! 気持ちいいのぉ~~~
  あああぁ~ 逝くぅぅぅぅ!!!
   お義父さん~~~ あぁん~~
    ダメよ~ そんな吸うから~~~」


「お前が吸うてくれ言うたんやないか~」

「すぐ逝っちゃったぁ~ ・・・」


「気持ち良かったけぇ?」

「っん~ メチャクチャ ・・・
 お義父さんのチ○ポ 舐めていい~?」


お義父さんのクンニは
チンチンが欲しくなる薬
夫婦関係が冷めてる今
異常なほど求めてしまいます ・・・


///////////////


「あれ? 悟ちゃん 早かったのね~?」

主人
「うん。 体調不良で早退や ・・・」

「えっ? 大丈夫なん?
 今ね~ お義父さんとそこで会ったの?」

「親父?」

義父
「お~ どうもないんか?
 あんまりきばり過ぎんなよ?
  千穂? 今日は帰るわ ・・・」

午後3時に主人が帰宅してるとは思わず
まだ自宅で
ホテルの続きをしようとしていた私と義父

お義父さんは主人の顔を見るなり帰りました


主人
「変な薬を飲んでるさかい ・・・」

「変な薬?」

「ちょっと見てくれるけ? 千穂 ・・・」

「なに? 出来物?」

「いや 前と比べてどうや?」

「おチンチン^^?」

「笑ってんと言うてくれや?変わったけ?」

「パっと見た感じやと大きくなったような~
 今日の夜、試してみる? 悟ちゃん^^」

「その言葉を待ってた^^」

「あっでも~ ・・・
 体調が悪くなるようなものはやめてね?
  おチンチンは使うと大きくなるんやし」

「それも元彼の受け売りか^^?」

「あっ! またケンカする気^^?」


これがつい先日の出来事

お義父さんとは当分 休憩します ・・・

二人のことを想って
大きくなる薬に挑んだ主人を
優しく見守ってあげたい気分 ・・・


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/508-e06293ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT