PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最初はみんなそう言う

「このテーブルなんか一枚もんやぞ~?」

「大きいね 置いていくわ」

「もったいない ・・・
 何があったんや? なつき~ ・・・」

「気分転換じゃないの?」

「まだ3年も経ってへんのに?
 娘のためとおもて
  ええ職人を結集して作ってやった ・・・」
「もういいって お父さん」

「すぐる君の親がどっか悪いんか?」

「ううん~ ぴんぴんしたはる。
 この棚、実家に置けへん~?」

「うちには必要ない
 お母さんと二人暮らしやぞ?」

「まっいいっか また戻ってくるでしょ~」

『菜月 主婦 31歳』 妻の告白


「お父さんに言えへんようなことか?」

「だから、うちの人の ・・・」
「まさかお前が理由と違うやろな?」

「私が理由ってなに?」

「お前がよその男と ・・・」
「そんなんあるわけないやん~^^
 考えすぎよ お父さん~」

「まあ そうやわな
 それなら離婚するやろうし ・・・」

「今だけよ? またすぐココに戻ってくる」


工務店を経営する父に
私たち夫婦の住まいを建ててもらったのは
今から3年前 ・・・

「凄い立派~^^ お父さんありがとう」


「我が高井工務店が誇る
 建築技術の集大成や~^^」

「畳のいい匂いがプンプンしてる~」

「最初はみんなそう言う
 気になるかもしれんけど ・・・」
「ううん 全然! 私、この匂い好きやもん」

「そか^^ すぐる君もどうや^^?」

主人
「まだ結婚前なのに嬉しいです
 大切に使わせて頂きます。お父さん」


「お金はあんたが払った。
 あんたのもんや^^ 好きに使ったらええ」


主人(小島優 35歳)と知り合ったのは
友達がセッティングした小さな合コンだった。
消防士や設計士、
末尾に「士」がついた職業の方たちばかり
その中に弁護士の主人がいました。

みんな明るくて賑やかな人でしたが
主人は無口でクールな男性に見えた。
良く喋る男はお父さんだけで十分
だから惹かれたんです ・・・


「お兄ちゃんの ・・・」


「おお~ ゲンジ^^ 俺の娘や
 ここに住みよるさかいな?
  よろしゅう頼んますわ?」

「お兄ちゃんは帰ってこうへんのか?」


「たまに来るやろ? 孫の顔を見に^^」

「そうか^^」

ゲンジ ・・・
宮本源二さん 43歳 独身
空き家を一軒挟んだ隣にお住まいの男性

私たちの家は
父の実家を建て替えたものでした
宮本さんは父の幼馴染のような存在
あとで聞いた話ですが
昔は良く遊んでやったと父が言ってました。

新婚で新築
大勢の友達から羨むような言葉を掛けられ
順風満帆なスタートを切った私たち

ですが ・・・

「菜月ちゃん? どこに行くんや?」

「あ~^^ 源二さん こんにちは~
 弘法さんに行こうと思って」

「弘法さんか~ 久しく行ってへんな~
 俺も一緒について行こうかな~?」

「あっ^^ 行かれます?」

「車出すわっ 俺の車で行こうや?」

「わっ ラッキー^^ 歩かずに済むw」

弘法さんとは ・・・
地元で有名なお寺にて行われる縁日のこと
毎月21日と決まっています。

そこで私は古い生地を見つけ
手作りのカバンや身近な人にあげる
服なんかを作ることを趣味としていました。

「源二さん こんなの興味ないでしょ?
 他をまわって来てくださいね^^」

源二
「いや 一緒に見てまわるよ」

生地選びに夢中になっていた私は
あることに気づいていませんでした。

源二
「いつもそんな風にして選んでる?」

「っん? 風とは^^?」

「しゃがみこんで下ばっかり向いてるさかい
 上から見たら胸が丸見えや」

「いやん~^^」

このときの源二さんの眼差しを今でも

「覚えてる ・・・」

源二
「やらしい中年の目つきやったか^^?」

「チョット^^ でも教えてもらってからは
 しゃがみこむのヤメたし ・・・^^」

「俺の財布はいつ出来そうや?」

「せかしたらいいモノができひんよ^^?」

「そうじゃない ・・・
 手作りの財布なんて初めてやし ・・・」

「頑張って作る^^ でもね
 ひとつ問題があるの ・・・」

「なんや?」

「源二さんと会ってる時間って
 いつも裁縫に費やしてた時間やし^^」

「作る暇がなくなったてか?」

「だから少しずつやってるし
 もうちょっと待っててね^^?」

「お前がこんなええ体してへんかったら
 毎日呼んだりせえへんわいッ」

「あっ 源二さん~ はぁ~」

「生理前か? 乳が張っとんの~?」

「かも ・・・
 あっ 気持ちいい~ 凄い感じる~~」


結婚して3年も経たないうちに
主人にも父にも言えない秘密を作った私
源二さんとの関係はあの
初めての弘法さんから二週間後のことでした


「あっ 源二さん 回覧板?」

源二
「いや その ・・・
 俺もなんか作って欲しいなと思って」

「いいですよ~^^ 何を作りましょうか?」

「母親が残した古い生地が
 うちにようけあって それを ・・・」

「あっ どんなんだろう~^^ 見たいな~」

古い生地だと聞くとワクワクする私
源二さんのお宅で
縁日でもなかなか遭遇しないような
貴重なものと出会ったんです

そこでテンションが上がり過ぎてしまい

「これで私の服を作りたい~^^」

源二
「いいよ 好きなん持って帰って?」
と彼に言われ喜ぶあまりに抱きついた

源二
「やっぱり 胸がデカいな ・・・」

「もぉ~ エッチ~^^」

「菜月ちゃん~ ・・・」

「あっ 源二さん ・・・」

「お兄ちゃんの娘を好きになるやなんて!」

「源二さん 私 ・・・
 あっ ダメ! 源二さん ・・・」

「もうチンコがビンビンやッ
 許してくれ! 菜月ちゃん~?!」

「はぁ~ いや! 怒られるぅ~~」

このときの「怒られる」は
主人だったのか父だったのか ・・・

タンスから引っ張り出した
古い生地の真ん中で彼に抱かれました
抵抗は一言、二言だけ
してないのと一緒です ・・・


「あっ~ 痛いっ! 源二さん ・・・」

源二
「最初はみんなそう言う ・・・
 そのうち菜月ちゃんのおま○こに
  馴染んできよるから~ ・・・」

「えっ~ 無理っぽいよ~ ・・・」

ホントに痛かった。でもそれは
引っかく痛さではなく
何か得体の知れないものに押される
鈍痛のようなものでした ・・・

「はぁ~ はぁ~~ ・・・」

源二
「どうや~ 感じてきたやろ~?」

「っん~ 気持ちいい~~ ・・・」

「旦那より大きいってことか~?」

「そうでなかったら痛がったりせえへん
 あぁ~ そこ?! 奥がいい~~」

「ここッ 突いてもええんか~?
 さっきまで痛がってたとこやで~?!」

「いやん~ 感じる! もっと突いてぇ~~」

会話にもあったように
彼と会っていたのは毎日
狂ったように彼に抱きついては
快楽を貪った3ヶ月間でした ・・・


「誰かに聞いたの?」

主人
「真昼間から
 大きな声が聞こえてたらしいで?」

「ごめん ・・・」

「原因はなんや?正直に話してくれ?」

「あなたが仕事ばかりで
 帰って来るのも遅いし ・・・」
「おいおいおいっ~ ・・・
 俺は弁護士やで?」

「だからなに?
 仕事優先で家庭を大事に ・・・」
「最初はみんなそう言う ・・・
 何百人と離婚したい妻の意見を聞いてきた
  そんな俺に通用するとでも?」

「ほんまのことやもん~ ・・・」

「だいたいの妻側の意見はそれ。
 でもよくよく突き詰めれば
  ただ他の男と浮気したかった ・・・
   そんな女ばっかり。お前もその一人や」

「いいよね ・・・
 法律を知ってるから強いよね ・・・」

「法律?そんなん関係ない
 離婚するわけでもないのに ・・・」

「えっ?! 離婚しないの?」

「離婚はいつでも出来る。とにかく
 この家からは遠ざかることにしよう
  俺の実家に移って当分は
   お前を見張ってもらうことにする」

どこまで知っているかはわからないけど
主人には一度だけだと言い張った私
今は主人の両親と同居中です ・・・


「ごめんね? 家賃は私も払うし~」

源二
「ここはそんなに高くない。気にすんな
 お前と会えるなら何処にでも行く」

彼と会えなかった時期は一ヶ月
それが辛くて知恵を絞った結果
私が通う生け花教室があるマンション
その上階の部屋を彼が借りたんです

「誰がうちの人に ・・・」

源二
「おしゃべりな人間はどこにでもおる。
 こうやってまた会えてるんやし
  余計なこと考えるな ・・・」

「っん~ 余計なこと考えてんと
 こっちに集中しろって^^?」

「どうや~^^?」

「もうカチカチ 入れて~?」

「お前のま○こも欲しがってる
 顔に汁が垂れてくるほどや~」

「いやん~ ごめん~^^」

「かまへん 俺も飲んでるし
 お前も最後は飲んでくれ」

「えっ?! 飲むの~^^? いやっ~~」

主人が私に言ったように
夫が仕事ばかりで帰るのが遅いなんて
ただの言い訳 ・・・
本当の理由はひとつ
私と私の体が知っている ・・・

「あぁ~~ 気持ちいい~~~~」

源二
「どこが気持ちいいって~?」

「おま○こっ ・・・」

「誰の~ ・・・?」

「はぁ~ 菜月のおま○こっ!」

「今日はえらい感度が上がってるな~?」

「だって一ヶ月ぶりやで~?
 あぁ~そこっ?! そこ擦って~?」

「そやな ・・・
 俺のチンコもいつもより硬いわ!!」

「硬いの大好きっ!
 あん~ おかしくなりそう~ ・・・」

長さだけなら主人とほぼ同じくらい
でも彼のは太い ・・・
太くてカリも立派で物凄く硬いんです。

「あぁ~ また逝きそう~ ・・・
 もっと擦って? そこぉ~ お願い ・・・」

源ニ
「おんなじとこばっかり擦らせたら
 俺のイクのも早まってしまうぞ ・・・」

「早くてもいい~ そこが感じるの~~~」

「そうでなくても~ ・・・
 お前のよがる顔を久しぶりに見てたら~」

「はぁん~ 気持ちいい~~
 源ニさん キスしてぇ~ ・・・」

「おおぉ~~ 舌がトロトロになっとんの~?
 もう逝きそうになってんのか~?!」

「もうだめぇ~~ ああっ~~~」

「よう逝く女やで~
 と言いたいところやけど 俺もッ
  菜月~~ 俺ももう限界や~?!」

「いいよ? イって~ 私も逝く~~」

「どこに出すんやった~?!」

「っん~ くち ・・・」

「ちゃんと言うてくれや? 菜月ッ~」

「ちょうだいっ!
 菜月の口にいっぱい出して~~?!」

「菜月イクぞぉ~~~~!!!」

「あぁ~~ 源二さん 気持ちいい~~~」


※※※


源ニ
「その顔(笑)」

「っん~~~~~」

「飲めへんやろ? 出すか?」

「んぷっ~~ にがいっ~~」

「フフ^^ 最初はみんなそう言う」

「そのセリフ嫌いっ! 色んな女に!! 
 あっ! うぐぅ~ うわっ~ ぺっ ぺっ!」

「どうした^^?」

「飲んじゃった><」


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/482-c7a3a9bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。