PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私と夫の友人 ~運命の赤い糸~

「私が浮気^^?」

「笑うなよ?」

「いつする暇があるんよ~?」

「専業主婦やし いつでも出来るやろ?」

「じゃあ 毎日見張っておけば?」

「仕事してる俺がそんなことできひん
 そやし興信所に頼もうとしたんや?」

「あっ ・・・
 じゃあ私、浮気してるわ ごめん^^」

「えッ? どういうことや?」

「興信所に依頼するときはもう手遅れ
 8割は黒らしいよ? 私も黒ね?」

「認めんのか?」

「パパが浮気した時
 私も興信所に行こうとして その前
  ネットで色々と調べたんよ~?」

「俺がしたからお前もするのか?
 あんなもん大昔の話や?!」

「パパの中では三年前が大昔なん^^?」

『優美 主婦 46歳』 妻の告白


主人
「匂うんや ・・・
 最近のお前は肉食系の匂いが漂う」

「じゃあその前は草食系やったん^^?」

「茶化すなや?!」

「ごめん ・・・
 でも浮気なんて絶対にしてへん ・・・」

「言い切れるんか?」

「うん! 言い切れる。断言出来るっ」

「わかった ・・・
 もしも怪しい節があれば
  お前が通ってるマッサージやら
   昔の同級生やら全部!
    洗いざらい調べるしな?」

「それは別にかまへんけど
 肉の匂いとか言われても困る ・・・」

「この前、お前を抱いた時にそう感じたんや」

「詳しく言ってよ~?
 でないとまた疑われてしまうやん~?」


突然降って湧いた疑惑に驚きました
浮気なんて一度もしたことがない
あの出来事がなければ ・・・


「一応、興信所はなくなったんやな?」

「そんな気ないよ? うちの人には」

「そやけど後をつけられたらバレるぞ?」

「バレたら怖いよね^^?」

「えらい余裕やな^^」

「この世の中で
 あの人のことを一番良く知ってるから」

「何を知ってるんや?」

「っん~ ・・・^^」

「俺に言いにくいことか^^?」

「そうかも^^
 この話はこれでおしまい^^!」

「そうしよ 先にシャワー浴びてくるわ?」

「ううん~ 私も一緒にいく~~^^」


彼は庄田愛之助 47歳
主人(山口勝弥 47歳)と仲のいい友達

今から一ヶ月ほど前
偶然彼と町でバッタリ会ったとき
こんなことを言われました ・・・

庄田
「同い年くらいの人妻
 誰か紹介してくれへんか?」

「人妻? なんで人妻なん?」

「あっさり付き合うには人妻が一番やろ?
 優美ちゃんの友達でおらんか?」

「っん~~ いいひんことはないけど~」

「誰や? 俺の知ってる人か?」

「うん 庄田君も知ってる人」

「べっぴんさんか?」

「どうやろ~?」

「どこにいるんや? 紹介してーや?」

「ここにいる^^」

「はぁっ?! 優美ちゃんのことか^^?」

「私も人妻なんですけど~^^」

「あかんあかん^^ 勝弥に殺される^^」

「じゃあ~ 他は知りません~^^」

「ええわ^^ また今度な? 優美ちゃん^^」

「は~い またね~」
 

「まずはお茶から」
という礼儀正しい彼の発言を聞いて
それなら私でもいいんじゃないの?と思い
冗談まじりに言っただけの事

おそらく彼も冗談だと思う ・・・
愛妻家で有名な人だから。
まあ~40代にもなれば
そんな会話のひとつや二つは
あってもおかしくないし
サラっと流せる心の余裕も欲しいところ

庄田
「優美ちゃん~?」

「あれ^^? 庄田君もネクタイを?」

「いや たまたまや ・・・
 勝弥に買ってやるんか?」

「ううん~ 息子 大学に通うしね
 スーツは揃えたんやけど
  これがまだ決まってなかった」

初めに会った時から
30分くらいあとだったと思います
ここはスーツ屋さん

庄田
「あら ・・・^^
 後をつけてるんと違うしな^^?」

「100均で何をお探しですか^^?」

「調理用品や 店で使うもんを ・・・」

二軒目が100円ショップ そして ・・・

「えええっ~~^^ 嘘でしょ~~^^?!」

庄田
「俺ストーカーみたいやな~^^?」

三軒目が大手衣料品メーカーのお店
最初からだと三時間が経過していました

庄田
「何買うの?」

「ストッキングとか ・・・」

「あっそう ・・・^^
 次はもう会わへんしな?」

「なんで^^?」

「いや もう俺帰るしよ^^」

「そうなん^^? じゃあまたね~^^」

私もこのお店を最後に
帰宅する予定でいました でも
ちょっと歩き疲れたから
美味しいコーヒーを飲みに入った
そのお店で ・・・

庄田
「こんなことあるんか?」

「ほんま ・・・」

もう二人に笑いはなかった ・・・

「でも庄田君は喫煙部屋やろ?」

「この店はあらへん」

「じゃあ~ ・・・」

「一緒に飲もうや? 優美ちゃん」

「そうしよか ・・・」

笑いがないどころか
二人ともにメチャクチャ緊張していました。

庄田
「優美ちゃんな~ ・・・」

「なに? どうしたん?」

「いや さっきの会話を思い出してたんや」

「どんな?」

「まずはお茶から そう言うたな? 俺?」

「うん ・・・」

「今、お茶してる ・・・
 その後、俺 どう言うた?」

「私に何を言わせたいの^^?」

「二人の会話を回想してるんや ・・・
 たしかそのあと ・・・
  (ホテルはお茶のあとや)
   そう言うたよな? 俺~?!」

「だったかな~ ・・・?」

「優美ちゃん~?」

「行かへんよ ・・・?」

「さっきは立候補したやんか~?」

「お茶だけのつもりで ・・・」

「こんな運命的な偶然はないで?
 なんかのお告げかもしれん ・・・」

「狭い地域やもん ありえることよ^^」

「いや 絶対ない ・・・
 優美ちゃん? 飲んだらホテル行くぞ?」

「無理むり 帰ります~^^」


結婚して20年
浮気の経験もないけど
そんなことよりもっと!確率が低いだろう
この偶然の重なり ・・・

偶然が偶然を呼び寄せた出来事に
運命的なものを感じていたのは
男の庄田君よりも女である私のほうが
強く感じていたのかも知れません ・・・

「はぁ~ ・・・」

庄田
「ため息か?」

「はぁ~ 来ちゃった ・・・」

「自分を悪く思うな?
 俺が強引に引っ張ってきたんや?」

「ううん~ それはちがう ・・・
 最後のカフェで会ったとき 私 ・・・
  凄い鳥肌が立ってたんよ ・・・」

「そか ・・・」

「ため息が連発する前に解放して?」

「優美ちゃん ・・・」

「はぁ~ あぁ~ 庄田君~ ・・・」

ホテルに入って20分ほどは
イスに腰をおろし溜息ばかりをついていた
頭の中でエッチな事を妄想しながら
ここまでついて来たのにうつむいていると
庄田君一人を悪者にしてしまう
だから抱いてもらいました
運命の赤い糸だと信じて ・・・

この日から約一ヶ月の間に5回ほど
彼と関係を重ねていました。
そして今日が6回目の逢瀬 ・・・

庄田
「サっとシャワー浴びるだけやし
 ひとり一人で入ったらええのに~ ・・・」

「ううん~ これ この指^^
 お肉の匂いがついてるんよ~^^
  ちゃんと綺麗に洗っておかないとね?」

「勝弥の鼻は利くんやな ・・・」

「エッチの前に洗えば全然大丈夫^^」

肉食系の匂いは私のアソコからでした
庄田君がお肉屋さんを営んでいること
それが深く関係しています

庄田
「やめとくか?」

「いいのよ~? ちゃんと洗ったし~」

「そか ・・・」

「はぁ~ あぁ~ 気持ちいい~~~」

クンニやシックスナインで
私のアソコに指を入れることが多かった彼
その指使いが絶品でこっちから何度も
催促するほどの気持ち良さでした。

庄田
「クリ吸いと同時に指入れたら
 すぐイってしまうよな? 優美ちゃん」

「だって気持ち良いんやもん~」

「俺のチ○ポは指に負けるんか?」

「はぁ~~ ・・・
 今、イったとこやのに~~
  あぁ~ はぁ~ 庄田君~~!」

「どっちがええ?」

「こっちに決まってる! はぁ~
 もっと奥っ! いつものところ~~?」

「段々注文が増えてきたな?」

「セックスが上手だから ・・・」

「勝弥より俺のチ○ポがええんか?」

「いい~~~ 気持ちいいの ・・・
 はぁ~ そこっ?! 庄田君~~」

「優美ちゃん ・・・」

「あん~ 来て来てっ?
 いっぱい~ もっと突いて~~?」

普段は口にしませんが
エッチの最中は興奮するあまり
つい彼に話してしまいます
主人よりも気持ちが良いと ・・・

「はぁ~ 頭がクラクラしてきた ・・・」

庄田
「そんな感じてるんか?」

「庄田君~ ギュッとして~?
 もうそろそろ逝きそうよ?」

「おおッ~ イクまで突きまくったる~!」

「はぁっ~ はぁっ~ ・・・」

「優美ちゃんの乳見てたら
 目が回って俺もクラクラするわ~」

「見ちゃダメ! 前それで萎えたんやし~」

「今日は大丈夫や ・・・」

「ああっ~! 気持ちいい~ そこぉ~~」

「乳吸うてええか? 匂いつかへんかな?」

「あぁ~ 吸って? 全然平気
 あとでまたシャワー浴びるから~」

「優美ちゃん~
 (じゅるじゅるじゅるッ~~~~)
  俺の乳や! 優美ちゃん~!」

「そぉ~ 庄田君のおっぱいよ~
 だから好きなだけ吸ってちょうだい?!」

「優美ちゃん~~~」

「あぁ~ もうダメ! 気持ちいい~~」

「愛してるよ 優美ちゃん ・・・」

「私も愛してるぅ~ 運命の人 ・・・
 あぁ~ 庄田君 そこ! そこぉ~~」

「愛してる ・・・」

「あっダメ! 逝っちゃう~~~
 庄田君 大好きよ ダメ逝く!!!!!
  あっ!! はぁ~ ああぁ~~~~~」



この日もまた同じ事を思った私 ・・・
庄田君とは絶対に離れられない

それなのに ・・・

庄田
「会うのやめよか?」

「えっ? なんで?」

「勝弥は頭の切れる男や
 調子に乗ったらあかんと思う」

「匂いがどうの言ってるだけよ~?
 全然大丈夫! バレないから~~」

「いや もうバレてるかもしれん ・・・」

「別れるとか絶対に無理やし!!!」

二人の進むべき道が
明確に定まったわけじゃないけど
なんとなく重苦しい雰囲気のまま
ホテルをあとにしました。

そしてこの日の夕方 ・・・

主人
「取りに行ってくるわ?」

「なにを?」

「肉を注文してるんや?」

「ああ~~ 私が行こうか?」

「イヤ 俺が行く ・・・
 親父が来るし 準備進めてくれ?」

「わかった~ ・・・」

この日は義父の誕生日
我が家で祝う事が前から決まっていました
主人が受け取りに行ったのは
義父の好物「ローストビーフ」
もちろん庄田君のお店です

庄田
「仕上げが良くなるようにそれ
 食べる時に ・・・」

主人
「おお わかってる ・・・
 (クンクンっ クンクンっ)
  なんか匂うな~ ここ ・・・」

庄田
「なんの匂いや^^?」

「そりゃ~ 肉の匂いやろ^^?
 庄田ありがとう また来るわ!」

※※※

義父
「勝弥 切れよ?
 切らんと食えへんやんけ?」

主人
「普通タコ糸やろ?
 なんでこんな赤い糸で結んであるんや」

(赤い糸 ・・・?!)

「どれどれ~? あっ ほんま ・・・」

義父
「肉汁で赤くなったんやろ
 はよ切ってくれ? 食べたいんや^^」

主人
「優美~ ハサミかして?」

「はい ・・・」

これはもう終わりにしよう
という彼からのサインです。

私の目の前で主人が切った
庄田君と繋がる運命の赤い糸 ・・・


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 08:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/466-42d8c711

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。