PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私と夫の友人 ~そうだ 映画、行こう~

「淳ちゃんて体鍛えてるの?」

「なんで?」

「えっ 腕が太いな~と思って ・・・」

「こっちに帰ってきてからドカチンしてるしな」

「奥さん戻って来るんかな~?」

「戻って来るかいな~」

「えっ?でもさっきのシーンでは ・・・」

「映画の話か ・・・ 樹里ちゃん?」

「なに?」

「もうちょっと声落としーな?映画館やで?」

「じゃあ さわるのやめて ・・・」

「ストレス溜まってるんやろ~?」

「そういうストレスじゃないよ ・・・」

『樹里 パート 46歳』 妻の告白


「淳ちゃん 人がいる ・・・」

「そのためにタオルケットを借りたんや
 隠れてるし誰にも見えへん」

「はぁ~ イヤっ ・・・」

「樹里ちゃんの豆が頭出して
 グイーンって背伸びしとるわ ・・・」

「そんなことしたら ・・・」

「静かに逝きや? 樹里ちゃん ・・・」


彼は友永淳 46歳
主人(大城靖彦 46歳)と仲のいい幼馴染

ほんの一週間前の夕方
近所のスーパーで買い物をしていたとき
彼に声を掛けられました


「樹里ちゃんか?久しぶり^^」

「わぁ~^^ 淳ちゃん~
 えっ?どうしたん?何してんの~?!」

ハタチで主人と知り合い
結婚する25歳ごろまで一緒に良く遊んだ人
26歳になった年に彼の奥さんの実家がある
岡山へ引っ越されそれ以後
特別な行事がある時のみ
顔を合わすことがなかったお友達


「嫁さんと別れたんや ・・・^^」

「あっそうなん~?
 うちの人は知ってるの?
  淳ちゃんが帰って来てること」

「まだ言わんといて ・・・
 みんな幸せに暮らしてんのに
  暗い話題は持ち込みたくないから^^」

「そんなん気にせんでいいのに~^^
 会いに来てあげてよ?喜ぶと思うよ~?」

私が顔を合わせたのは10年ぶりくらい
久しぶりだったので
どこかよそよそしかった二人
緊張もあったと思う。
昔は主人の友達の中で一番話しやすい
気さくな男性でした ・・・


主人
「じゅん~~~^^」

「無理やり引っ張って来た^^」


「樹里ちゃんとスーパーで会って^^」

主人は大喜び
離婚に至った原因も
お子さんと会えなくなったお話も聞きました
だから二人で
彼の沈んだ気持ちが上向くような会話を
一生懸命していたけれど私たち夫婦が
いえ 私が大人げなかったのかも知れない

主人
「キャバクラのお姉ちゃんと?」


「そうや ・・・
 ちょっと遊んだだけなんやけど^^
  それが一番の原因かな~?」

主人
「そんなことで離婚やったら
 俺らは何回も別れてるよな?樹里^^?」

「はぁ?!
 パパ キャバクラなんか行ってるの?」

以前から知りたいことだったんです
淳ちゃんを励ますつもりで
主人がしれ~っと話を合わせたのに
私が噛み付いてしまった ・・・

主人
「男ならキャバクラぐらい行くぞ?
 なぁ~? じゅん~?」


「あっ っん~ ・・・」

「家でコソコソ電話してるのも
 もしかしてその女の人たちなん?」

主人
「外で仕事してるからストレスも溜まるッ!
 遊んで発散するのが悪いんか?!」


「ハハ^^ 二人とも まあ落ち着いて^^」

「私もパートへ行って家のこともして
 パパよりストレスが溜まってると思うけど
  そんな発散の仕方は出来ません?!」

主人
「女には女の方法があるやろ?!
 美味いもん食いに行くとか
  友達と映画を観に行くとか?」

「この前、高校時代の友達と
 お茶を飲みに行くって言っただけで
  アイツはあかん!て怒ったやん?!」

主人
「あの子は昔、遊びまくってたやろ ・・・」

「ようそんなこと言うわ
 嫁に内緒でキャバクラ行ってる人が?」


「そうだ 映画、行こう?! 樹里ちゃん
 なッ? 靖彦 ええやろ~?!」

「女の友達でもあかんのに
 この人がいいって言うわけない ・・・」

主人
「いや 行って来い ・・・
 淳。 一緒に映画へ連れてやってくれ」

「明日 雨が降るわ^^」

主人
「その代わり ・・・!!
 キャバクラの一件は
  なかったことにしてくれ(笑)」

「ズルい~(笑)」


「それでええ それでええ(笑)
 俺のことで二人が
  ケンカなんかせんといてくれ~^^」

これが彼と映画館へ来ることになった理由
今思えば ・・・
これも含めて淳ちゃんを思いやった
一芝居だったんだと思います。
彼が帰ったあと寝室で主人が
「子供に会えへんなんて可哀想や
 俺やったら気が狂うで ・・・
  おもしろい映画を観て来いよ^^?」
と笑って送り出してくれました。

それなのに ・・・

「淳ちゃん 一言いい ・・・?」

「なんや?」

「私ら二人 信用されてるんやで?」

「わかってるけど ・・・
 前から樹里ちゃんのことが好きやし
  ストレスも溜まってるんやろ~?」

「そういうストレスじゃないよ ・・・」

映画が始まって20分ほどで
彼が私の太ももをさわり始めました
その伸びてきた腕を掴んで
スクリーンに集中出来るような会話をし
必死に食い止めていたけど
ズルズルと股間のほうまで ・・・

「淳ちゃん 人がいるよ?」


「そのためにタオルケットを借りたんや
 隠れてるし誰にも見えへん」

「はぁ~ イヤっ ・・・」

「樹里ちゃんの豆が頭出して
 グイーンって背伸びしとるわ ・・・」

「そんなに動かしたらあかん ・・・」

「静かに逝きや? 樹里ちゃん ・・・」

絶妙な指使い
最初は足をとじていたけど
いつのまにか彼がさわりやすいように
両足が大きく開いていました


「逝きそうか?」

「なんでわかるん ・・・?」

「腕が痛いしや ・・・」

二人の声が届くように
頭だけひっついた状態
さいわい他の観客がいるといっても
平日だったのでちらほら
横にも真後ろにも人はいなかった ・・・

「淳ちゃん~ ・・・」

「勢いあまって足をとじんといてや?
 俺の指が折れてしまう ・・・^^」

「それ気持ちいい ・・・」

「ツーフィンガー ・・・
 二本の指で転がしてあげてる ・・・」

「もう逝きそうよ ・・・」

「逝く前に聞かせて欲しい
 このあとホテルに行ってもええな?」

「それは ・・・」

「樹里ちゃんのクリトリスは
 ベッドの上でもっと吸われたいと
  言うてるように思うけど ・・・?」

「淳ちゃん 逝く ・・・」

「ホテルへ行くんやな?」

「はぁ~ そうじゃなくて ・・・
 ああぁ~ 気持ちいい~~ ・・・」

「豆が取れそうなほど勃起してるで?!」

「ダメ逝くぅ~! 
 淳ちゃん はぁ~ ああぁ~~~!!!」


彼の腕にしがみついて
彼にだけ聞こえるように声をあげました。



「結局、嫁さんは帰ってきたんか?」

「誰の?淳ちゃんの?」

「ハハ^^ さっきと逆やな
 映画の話やんか~ 樹里ちゃん^^」

「そんなん頭に入ってへんわ^^
 あんなことされてたのに ・・・」

「そやけどある程度
 内容は覚えておかなあかんで?
  靖彦が変に思うからな?」

「大丈夫 パンフレット買ったし ・・・」

「変に思いよるで ・・・?
 あんまりスッキリした顔で帰ったら」

「あぁ~ 淳ちゃん 気持ちいい~~」

「顔も体も細いけど
 ま○こだけは肉付きがええな~」

「淳ちゃんの奥さんよりいい~?」

「元嫁な^^ ええよ
 樹里ちゃんは最高の女や ・・・
  奥まで届いてるか~?!」

「はぁ~ 届いてるっ!凄い感じるわ~」

ホテルへ来ることは
映画館で足を開いたじてんで
決まっていたようなもの
主人が何回
キャバクラへ足を運んだのか知りませんが
私は一度きりのつもりで彼に抱かれました
これでストレスを発散させる!
キャバクラごときで
主人に噛み付いたりしない!!

「あっ! いやん~ ・・・」


「なんや? 嫌いか?
 軽く噛んでるだけやで ・・・?」

「嫌いじゃない ビックリしただけ ・・・」

「乳首噛んだらま○こが締まったな~」

「ほんま~? じゃあもっと噛んで~?」

「おおッ~ ・・・」

「ああぁ~ 淳ちゃん
 気持ちいい~ けど ・・・」

「けど?」

「あんまり強いと逝けなくなる ・・・」

「集中できひんのか?
 じゃあ キスにしとこ ・・・」

「っん~ ・・・」

このあとの熱いキスで
感情が一気に爆発しました
彼と唇を重ねていることさえ
信じられないのに私のおま○この中では
もっと熱い彼のペニスが躍動していた


「そやけど樹里ちゃんはえらい ・・・」

「はぁ~ なんで~?」

「ストレスが溜まるってことは
 浮気もしてへんってことやろ ・・・?」

「だって ・・・」

「靖彦のことが好きやもんな^^」

「それってもしかして イジめてる^^?」

「さすが樹里ちゃん 頭がいい^^
 旦那のことが好きやのに
  今、誰のチ○ポが入ってるんや~?!」

「それが言いたかったんでしょ~^^」

「答えな おま○こ突かへんで~?」

「淳ちゃんのおチンチン ・・・」

「旦那よりええか?!」

「いい~ 気持ちいい~ もっと突いて?!」

「樹里ちゃん~?!」

「あぁ~ 凄い! 奥まで来てるッ~~」

「俺の思いは伝わってるか~?!」

「伝わってるぅぅ~~!
 淳ちゃん~ 淳ちゃん~ 淳ちゃん!!」

「この天井やなッ?! 樹里ちゃん?!」

「はっ!そこ!そのまま来てぇ~?!」

「きっつい擦れてるで~?!」

映画館では彼の片腕にしがみついただけ
それも周囲を気にしながら
でもホテルではそんな気遣いは無用
もっと奥まで突き刺さるように足を広げ
彼と強く抱きしめ合い ・・・

「淳ちゃん 逝くよ?!」

「樹里ちゃん もっと舌出せッ?!」

「あぁ~ 気持ちいい~ そこっ!」

「樹里ちゃんが好きやッ?!」

「イヤっ! もう逝っちゃう~~
 淳ちゃん 気持ち良過ぎる~~
  ダメ!! あっ はっ ・・・
   あっ逝くッ!! いやん~~~~!」



主人
「嫁さんとは戻れへんのかな~」

「なに?淳ちゃん?映画の話?」

「淳のことやんけ~^^
 どんな映画を観てきたんや~^^?」

「なんか ・・・
 奥さんと別れる話やった ・・・^^」

「チョイスが悪すぎるな~(笑)
 アイツそれ観て泣いてへんかったけ?」

「ううん~^^ それは大丈夫」

ほとんど観てないから ・・・^^

どんなに恋しくなっても一度きりだと
彼と約束を交わしました
おそらく私のストレスは
10年くらい溜まらないと言い切れます
それほど素晴らしいSEXだった ・・・


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 07:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/460-5c81a373

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT