PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私とお義父さん ~今日の帰宅は裏筋通り~

『あとどれくらいや?』

『今、通りに入ったところ ・・・』

『ほな もう5分くらいやな』

『誰も来てへん?』

『おお 誰もいいひん
 玄関で待ってるぞ?』

『なんで^^?』

『そんなもん分かるやろ
 チ○ポ出して待ってるわ』

『走って行こか? お義父さん ・・・』

『玲奈 会社員 32歳』 妻の告白


10年前
とあるデパート店内にて ・・・

義父
「抱っこ紐使ってるなら
 ベビーカーしもたらどうや?」

「いいの 荷物積んでるし ・・・」

「人が多いと歩きにくいやろ?
 俺がしまうわ 荷物も持ってやる」

「あっ ありがとう お義父さん
 あれ?出口間違えてしまったかな~?」

「かまへん 玲奈はそこから出たらええ
 目の前に車まわすし 待っといてくれ」

「は~い」

至れり尽くせり ・・・
そんな言葉がピッタリと当てはまる
お義父さんの行動・言動
よそ様から見ても
そう思われていたと思います。
「息子がヤキモチ妬くよ?」
なんて義母が遠まわしな言い方をして
ヤキモチを妬いていたくらい ・・・

短大を卒業して
二年も経たないうちに出来ちゃった婚
遊びたい盛りの
主人(浜中忍 32歳)に代わり
自営で融通の利く義父が 毎日、
世話をしてくれるようになりました。

私は義父が好き。
自分の父のように思って甘えてきましたが
子供が10歳になった今ではある程度 
持ちつ持たれつの関係に戻しています。

『お義父さん お土産があるんやけど?』

『帰りに寄れるなら持って来てくれ』

義父の勧めで去年
表通りに私たち夫婦の新居を構えました
自宅からですと義父母のいる実家は
一本裏の筋になります

「あれ?お義母さんは~?」

「いとこと旅行に行っておらん
 玲奈、お土産ってなんや?」

「会社の後輩の子が栃木へ行って
 本場の餃子を買って来てくれたん
  チンすればすぐに食べられるよ?」

「おお~ 晩飯をどうしようか
 迷ってたとこや ご飯はあるしな
  さっそくよばれるわ~」

娘が小学校へあがると同時に
以前、一年とチョットだけ勤めていた
アパレル会社へ復職していた私
お土産サークルのような職場なので
渡すものがあるとにココに寄り道しています。

義父
「玲奈も食べるやろ~?」

「私はいいわ ・・・」

「なんや餃子嫌いなんか?」

「ううん~ 大好きやけど
 明日、朝から得意先の人と会うし」

「うわっ~ ええ匂いしてるぞ~^^」

「お義父さん タレ入れてあげる ・・・」

リビングのガラステーブルの上に
必要なものを揃えたあと
義父の横で小皿にタレを開ける様子は
実の親子以上に見える眺め
自分の父とはこんなに接近しません

義父
「匂いが気になるんか?」

「それもあるし
 自分たちの分はちゃんとあるから
  明日、食べようと思ってる ・・・」

「うん! 美味いわ~^^
 さすが本場の餃子は違うな~^^」

「でしょ~^^?」

ここまでは
十年間共に過ごした義父と嫁の
いつもと変わらぬやりとりでした ・・・

義父
「見てたら欲しくなるやろ~^^?」

「えへ^^ 我慢してるのに~^^」

「一個や二個食ったくらいで
 臭くなったりせえへん
  ほらッ 一緒に食べてみろ?」

「イヤ^^ 匂うって~^^」

「試してみるか?」

「どうやって?」
「こうしてや ・・・」

「っん ・・・
 はぁ~ お義父さん ・・・」

「匂うか?」

「ううん ・・・」

私の肩を抱き寄せると軽くキスをした義父

義父
「柔らかい唇や ・・・」

「お義父さん ダメ ・・・」

私の胸に触れながら
もう一度迫ってきたので止めました。

「お義父さんのこと好きやし
 キスで止まらなくなると困る ・・・」

「キスでやめるくらいなら
 息子の嫁に手を出したりはせん ・・・」

「お義父さん ・・・
 はぁっ~ はぁん~ あぁ~~ ・・・」

どんなに仲が良くても
大事な一線は越えずにやってきた二人
思い返せばこんなシチュエーション
いくらでもあったはずなのに ・・・

義父
「ハタチそこそこの生娘と
 32歳の人妻とでは熟成度が違う」

「お義父さん ちょっと待って
 ・・・・・ 鍵 かけてないよ?」

「忍はここに寄ること知ってるんか?」

「言ってません ・・・」

「鍵かけて 玄関の明かり消してくる」

これが二ヶ月前の出来事

娘もいます 主人も心配するから
あまり遅い帰宅は出来ません
ただ、私たちに都合よく
頻繁に外出してくれる義母のおかげで
あれから二度、義父と肌を重ねました


『誰も来てへん?』

義父
『おお 誰もいいひん
 玄関で待ってるぞ?』

『なんで^^?』

『そんなもん分かるやろ
 チ○ポ出して待ってるわ』

『走って行こか^^? お義父さん ・・・』

四度目の逢瀬は昨日
義母が出掛けて留守だった夜 ・・・

「ただいま ・・・
 あっ? ほんまに出してる(笑)」

義父
「もう八時まわってるし
 ゆっくりしてられへんやろ?」

「ちょっとくらいは大丈夫よ~^^」

「ねぶってくれや ・・・」

浜中篤人 57歳
この老年を迎えた義父の
何が私をその気にさせるのか ・・・

一緒に過ごした時間は夫よりも長いので
会えば会うほど
好きになったという単純な理屈
しかも、私にはとびきり優しい人
なによりもSEXが とても楽しい ・・・

義父
「サオの裏筋を舐めてくれ ・・・」

「これ好きね ・・・^^」

「咥えてしもたら玲奈の顔が見えん」

「お義父さんの大きいし
 私の顔なんて隠れちゃうでしょ^^?」

「いや 見えてる ・・・
 可愛い顔した人妻が
  他人のチ○ポを舐める姿 ・・・」

玄関口でのフェラはこの日が初めて
今日はここでするんだと分かっていました
かがんでサオを舐めている間に
パンツのボタンを外しておく段取りの良さ
立ち上がると床までズリ落ち
あとはショーツの股下を ・・・

義父
「ズラして入れるわ ・・・」

「お義父さん ちょうだい ・・・」

「玲奈ッ~ ・・・」

「あぁ~ 大っきい~ ・・・」

「待ってたぞ~ 玲奈~」

「はぁん~ 凄い興奮しちゃう~」

バックでの挿入はそんなに好きじゃないけど
義父との背徳行為がそれを補ってくれます

義父
「乳は ・・・?」

「今出す ちょっとまって
 はぁ~ はぁ~ ああっ~~」

「電車の中で
 オナニーでもしてたんかと思うほど
  濡れてるやんけ? 玲奈のま○こ」

「お義父さんの咥えたらすぐ濡れてくる
 はい お義父さん おっぱい ・・・」

「おお~~!
 この柔らかい乳が好きや~ ・・・」

「お義父さんに揉まれるとすごい感じる」

「これか~?」

「そぉ~ それ 乳首も ・・・」

「乳首もきゅるきゅるして欲しいんやな?」

「あん~ 気持ちいい~~ ・・・」

「玲奈 このままリビングまで歩いていけ」

「このまま~?」

10メートルもない距離が
すごく遠くに感じました
止まっては突き 止まっては突きの連続
この日は気持ち良さよりも興奮が勝っていた
その頭が沸いた状態での絶頂を
生まれて初めて義父が教えてくれました

「ソファーに座っていいの~?」

「まだやッ ここに掴まって立っとけ 玲奈」

「あぁ~ お義父さん~ ・・・」

「なんや?」

「後ろからそんなに突いたら壊れる ・・・」

「何が壊れるって~?!」

「おま○こ ・・・」 

「誰のおま○こや?」

「わたし ・・・」

「わたし?!」

「お義父さんのおま○こ ・・・」

「俺のま○こやったら
 壊そうがなにしようが俺の勝手やろ?!」

「いやっ~! 勝手じゃない~~」

「玲奈~ ・・・
 火が吹くほど擦れてるわ~?!」

「あぁっ~ 気持ちいい~ お義父さん~」

「ヌルヌルのま○こ 最高やぞぉ~?!」

「イヤっ! もう逝くッ!!」

「立ったまま 逝かしたるわッ?!」

「お義父さん! 大好きッ!
 気持ちいい~~ あッもうだめ ・・・
  ああっ!! ああっ!!
   ああはぁん~~~~~~!!!」



主人
「おお~ 裏なんかええし
 先っぽを舐めてくれや ・・・」

「咥えると私の顔が見れなくない?」

「そんなんええねん 亀頭を
 おおそうや~ 気持ちええわ~」

主人はこんな風ですから
私が義父に傾倒するのは必然のこと

次に裏筋を通る帰宅が
いつになるのか とても待ち遠しい ・・・


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/444-fd89fb0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT