PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浮気の潮時

「早くっ こっちこっち お母さん」

「お母さん こんな荷物持ってるのに~」

「ストップ!ここから見える ・・・」

「なんやな どこやさ~?」

「シっーー! ・・・
 見えるやろ?佐和子のおばちゃん」

「あっ? ほんま  ・・・」

「おばちゃんの横にいる男の人
 どっかで見たことあるんやけどな~」

「・・・・・ ・・・・・」

「なぁ~? お母さん知らん?」

「さぁ~ 誰やろな~ 知らんわ ・・・」


娘の前ではトボけるしかありません
主人の妹(佐和子)と一緒にいる男性は
私の元彼氏

『恵 主婦 44歳』 妻の告白



「お父さん 今日、デパードで
 佐和子のおばちゃんが男の人といるところ
  見たんやで~? なぁ? お母さん」

「いらんこと喋らんとき ・・・」

「ほんまか? めぐみ」

「ええ ・・・」

先月にあったお話
娘(結衣)とデパートでの買い物中
主人(片岡誠一 50歳)の妹・佐和子さんが
ご主人以外の男性といるところを目撃し
娘がすぐ主人に報告したんですけど

主人
「もしかして 背の高い色男か?」

「かな~? 背は高い人やったわ」

「その人は運転手や」

「運転手?」

「この前、うちの事務所に佐和子が来たとき
 表でずっと待ってた男やろ ・・・」

結衣
「なんや~ 佐和子のおばちゃんやし
 てっきり浮気かと思ったのに~^^」

主人
「フフ^^ そんな言い方してやるな」

結衣
「だってやりそうやし^^ おばちゃん」

「結衣はお母さんを基準にしてるからな~
 佐和子のおばちゃんも
  そんなに不真面目な人ではないぞ~?」

主人はこう言いますが
同性から見ると遊んでる風に見えてしまう
それほど派手な女性です 
でもまさか私の元彼が
主人の妹の運転手をしているとは ・・・


「たまたま?」

「たまたまや ・・・」

「でも就職したのが半年前なら
 もう私と再会してた時やで?」

「求職中って言いにくかったんや」

「なんで?」

「なんでって ・・・
 仕事をせん男やしお前が逃げたんやぞ?
  再会して未だに無職なら
   カッコ悪すぎるやろ~?」

「ちゃんと働いてきたんでしょ?」

「当たり前や」

この男性が私の元彼氏 土門俊之 43歳
23歳から28歳までの5年間交際していました
今から16年前のこと

定職に就いていないことを
母親に指摘され交際も結婚も
反対されていました
最終的には彼から逃げるような形で別れ
今の主人とお見合い結婚
うちの人は親も認めたエリート弁護士

俊之
「そんな話ええさかい ベッド来いや」

「ううん~ まだ聞きたいことがある」

「考え出したら 動きが止まるのぉ~
 チ○ポ咥えながら考えてくれ ・・・」

「もぉ~ (んぐっ! ・・・)」

「人妻になってからやと興奮が倍増やな」

「なんで運転手をしてるの ・・・?」

「奥さんのご指名や ・・・」

主人の妹・佐和子さんのご主人は
大きなタクシー会社を経営されています
彼が始めたのはタクシードライバー
その関係で佐和子さんと娘さんの
送迎ドライバーを任されているとか ・・・

俊之
「めぐみ どうや?」

「(ちゅぱあッ~!) 鉄みたいに硬いよ?」

「ここで入れるわ」

「着物やで?」

「ケツまくったらバックで入るやろ?」

「汚さんといてな ・・・?」

「俺と会うのに
 着物で来るさかいやろ どアホ!
  おおッ! おお~~~~~~」

「はぁん~~ ・・・」

「ベッド行きたいけ?」

「ここでいい ・・・
 はぁ~ あぁ~ ・・・」

「めぐみよ~ 着物やし なんやねん?」

「はぁん~ ふぅ~~ ふぅっ~~」

「着物やし なんや? 言えよ?!」

「はぁ~ 俊之~~ ・・・」

「着物やし やりたくないんか~?!」

「はっ! そうじゃないの ・・・
 あっそれ 気持ちいいぃひい~~~!!」

彼と再会したのは7ヶ月前
ゴールデンウィークの中日でした
主人は弁護士仲間と娘は友達と
それぞれ旅行に出掛けていたとき
近所でバッタリ遭遇
誰もいない自宅で彼とお茶を飲みました
肉体関係を復活させたのはその次の日
主人の留守をいいことに
もう一人の悪い私が彼に電話をしてしまった

俊之
「俺はその気なかったんやで~?」

「あぁ~ あぁ~~」

「俺を振ったお前から
 電話が掛かってくるとは まさかや?」

「ふぅ~ はぁ~ 俊之の ・・・」

「これを思い出したんやろ~?!」

「そぉ~ あっ!そこ もっと~~~」

「着物は汚してほしないけど
 ま○こは汚して欲しいってか?
  いつからそんな淫乱になったんや?!」
(スパン スパン スパンッ~!)
「あっ~ 気持ちいい~ もっとちょうだい!」

再会して以来
私がこの日もっとも燃えてしまった理由は

俊之
「社長の奥さんと俺のことか?」

「そぉ~ ・・・」

「デキててもお前と関係ないやろ?
 なんやなんや~? 勝手に抜くなよッ!」

「舐めたいの ・・・
 (ちゅぱちゅぱ じゅるじゅるッ~)」

「ここ座るさかい上に乗れや」

「っん~ ・・・
 はっ かた~い あんっ~!」

「心配なんけ?」

「全然知らない女性はいいけど
 ああぁ~~ はぁ~ ・・・
  知ってる人はいやッ ・・・」

「なんにもあらへん ・・・
 俺が面食いなこと知ってるやろ?」

「ほんま~?」

「おおッ ほんまや」

「良かった あぁ~ 気持ちいい~~」

「着物汚れるぞ^^?」

「汚れてもいい!
 ああっ~ これ最高ぉ~~」

「旦那のチ○ポよりええけ?」

「いい~ 全然違う!」

幸せな屈伸運動 ・・・
少し激しい目に上下したくらいで
マラが抜ける主人では話になりません
自分の納得がいくまで
騎乗位を楽しませてくれる
それが男の中の男 ・・・

俊之
「乳は出せへんさかい
 チュウしながら逝けや?」

「あん~ これ好き ・・・」

「サービス悪いのぉ?
 もっと舌を出さんかい?!」

「あ~ 俊之~ 気持ちいい~~」

「相変わらず
 うなじも首筋も綺麗や ・・・」

「あぁ~~ はぁ~~」

「めぐみ ・・・」

「俊之 逝くよ?」

「俺を喜ばせてから逝け ・・・」

「っん~ あぁ~ 気持ちいい これ ・・・
 俊之~ 俊之のチ○ポ大好き!
  あっだめ!逝く!!いやッ~
   あああぁ~! はぁ~~~~!!!」



俊之
「シワになってへんけ?」

「大丈夫 あん~ 気持ち良かった ・・・」

「家まで送ろか?」

「いやん バレたら大変
 それより ・・・
  いつ主人の妹ってわかったの?」

「この前、旦那の事務所へ行ったしや」

「あ~ 主人が言ってたわ
 背の高い色男だったって^^」

「色男な~ ・・・^^」



佐和子
「お兄さん~ 結衣ちゃんいるの~?」

「あっ 佐和子ちゃん」

「結衣ちゃんにクリスマス用の
 大きなモミの木買ってきた
  今、運転手に運んでもらうし ・・・」

主人
「おお~ すまんな佐和子
 あっ 運転手さん 手伝います」

先週の日曜日
彼を伴って我が家に現れた佐和子さん
主人は元彼の存在を知りません

主人
「大きいな~ これはいい
 今、お茶入れるから
  運転手さんも飲んで行ってください」

俊之
「いただきます ・・・
 その前に手を洗いたいんですけど」

「どうぞ 洗面所はこちらです~」


俊之
「さすが弁護士の家やのぉ~」(小声)

「あん~ なに出してるのよ ・・・?」

「チョットしゃぶってくれや」

「明日会うのに~ (かぷッ)」


今はまだ美味しくもマズくもありません
自宅で咥える元彼のマラの味が
美味しいと感じるようになれば
そのときが浮気の潮時かも ・・・


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/442-6eb921a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT