PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100%バレなかったら僕と浮気する?

筏釣りってご存知ですか?

大海原ではなく
比較的波の穏やかな湾などに設置された筏
その上からの釣りを楽しむものです。

ただし ・・・
専門の渡船業者の方に
送迎をしてもらわないといけません
なので、自力で戻ってくるのは不可

うちの主人が大の釣り好きで
その筏釣りに良く出掛けるのですが
一度だけ同行した時がありました

私は釣りに興味がないから
渡船業者が兼業する民宿で
待っているだけなんですけど
さっきも言いましたように ・・・

主人は自力で 戻って来れません

『瞳 主婦 39歳』 妻の告白


「パパ~! 早い早い~~」

「ふぅ~ これが限界 ・・・」

「マシンガンにもほどがあるわ ・・・
 それにチョット出たんじゃない~?」

「出してへんよ? あっ ・・・
 ちょっとだけ出たかな~^^」

「笑ってんと~ ・・・
 計画性のない妊娠は勘弁してよ~?」


主人の堀淳也 39歳
歯科医院に勤める医師です
26歳のとき
歯科衛生士のセミナー会場で知り合いました

医師であることと
屈託のない明るさに魅力を感じ
すぐに交際 すぐに結婚
現在は10歳と7歳の女の子がいます

わたし ・・・
主人を含めて三人の男性と
お付き合いをした経験がありますが
その中で一番早いのが主人
挿入も 腰の動きも 発射も
全てが音速の世界で
セックスを楽しんだ記憶がございません

主人
「あれ 考えてくれた?」

「タイミングが悪すぎる ・・・」

「なんでぇ~?
 考えてあげるからエッチしてって~」

「すればいいってもんじゃない ・・・
 先生の奥さんも歯科衛生士じゃないの?」

「あの人はあかん ・・・
 テニスやら習い事やら
  自分の好きなことに邁進してる人や」

「とにかくちょっと待って ・・・
 今ので妊娠するかもしれないし ・・・」

主人が勤める医院は
やや大きめの歯医者さんで
高木さんという院長と
主人を含む三名の医師 それと
二名の歯科衛生士がおられます
その二名のうちのお一人が
産休に入られたので 
私に白羽の矢が立ったということ

主人
「ただいま~^^」

「おかえりなさい あっ! 先生 ・・・」

高木
「奥さん ごぶさたしています^^」

断っていたから
院長直々のお出ましです ・・・

「ズルいねん ・・・」(小声)

主人
「たまたまやで~^^
 一緒に晩飯を食いに行ったし~^^」


高木
「奥さん お気遣いなく
 すぐに引き上げますから^^」

私が嫌がってる理由の一番は
主人と同じ職場だということ それに
下の子がやっと小学校にあがったところで
少し休憩したかったんですが ・・・

高木
「そっか ありがとう^^
 来週から来てもらえるように
  こっちも色々と準備しておきます」

押されまくって結局
主人と同じ職場で働くことに ・・・

※※※

「子供はどうするの?」

主人
「うちの親に預けて行くわ
 待ってるだけでは退屈過ぎるからな~」

私が勤務してから数日後
三重県の志摩へ
筏釣りに出掛けることになりました
私へのエサは「カニ食べ放題」
先生からの復職祝いだそうです

主人
「ひとみちゃん~
 俺の息子かカニ どっちが好き^^?

「悩まないよ? カニです^^」

「うわっ~w それはないわ~(笑)」

「だって好きなんやもん~^^」

「これでもあかんか~?」

「パパ もっとゆっくりしてぇ ・・・」

「ひとみちゃん 出そうや~ ・・・」

「まだまだっ~!」

「ひとみちゃん~~~!」

「もぉ~ パパ~~ ・・・」

釣りへ出掛ける前の晩 この時も超早漏
女性は好きな人に抱かれて
おもいっきり喘ぎたいんです ・・・

※※※

高木
「おっ^^ もう二杯目か
 奥さんはカニが大好物なんやな^^」

「はい~^^ 来てよかった~^^」

実は主人の釣り好きは
高木先生の影響が大きくて
この日も主人の同僚医師、二名が同行
男性四名と私との一泊旅行でした
宿泊部屋は私たち夫婦と あちら
三名の男性とは襖を隔てた隣部屋

「ダメ ・・・」

主人
「ええやん~
 どうせ声が出る前に終わるんやから~」

「だからイヤなの ・・・
 朝が早いんでしょ?もう寝てよ ・・・」

「ちぇっ^^」

主人たちが筏へ向かうのは早朝の6時
その間私は遅くまで眠る事が出来ます
いえ 出来るはずだった ・・・

朝6時過ぎ ・・・

「奥さん 奥さん ・・・」

「あぁ~ 先生 おはようございます」

私を起こしたのは高木先生

高木
「堀君らはどこに行った?」

「えっ? もう船に乗って ・・・」

「待ってろって言ったのに~ ・・・」

高木
『あっ 堀君?もう筏に向かってる?
 そうか~ じゃあ あとの船で向かうよ』

「置いてけぼりですか^^」

高木
「うちの奥さんと
 長いこと電話で話してたから ・・・」

「そういう場合は ・・・?」

「ああ~ 親父さんに言えば
 いつでも向かわせてくれるけど
  せっかく奥さんと二人だし ・・・」

このあたりから
なにやらただならぬ雰囲気に包まれてきます
医院や自宅で見る先生とは別人?
と思えるほど目つきが違いました
獲物を狙っているような鋭い眼光

私が着ていた浴衣の胸元を一瞬めくると

高木
「ノーブラやな?」

「いやん~ 先生~^^」

「生理前? 胸が張ってるっぽいけど」

「っん~ かも ・・・^^」

この人の前では笑うことしか出来ない私
夫婦共々お世話になっている方であり
医院ではきりっとした表情を絶やさず
紳士的かつ凛々しい人だから ・・・

高木
「奥さんのその大きなおっぱい
 僕に味見させて欲しいな~?」

「もぉ~ 先生~^^」

「いや 笑い事じゃなくて真剣に ・・・」

「先生! 困ります~
 いやっ 先生~~ ・・・」

「こんな綺麗な巨乳 ・・・
 一人の男が独占してるなんてもったいない
  巨乳好きの男は他にもいるんだし~」

「はぁ~ 先生 だめぇ~ ・・・」

浴衣が肌蹴れば裸なので
もう どうしようもありません ・・・

高木
「ああ~ 吸いやすい乳首だ 奥さんッ」
と そう言いながら
私の股間へ手をかけられたので
その先生の手を上からギュッと握り

「ここはダメです!」と強く訴えましたが

「これでもダメ~? 奥さん ・・・」

乳首を執拗に愛撫しながら
何度も聞いてくる先生に負けちゃいました

ただし ・・・

「ここではイヤっ 怖いから ・・・」

高木
「筏に行けば帰って来れないよ~?」

「でもイヤです ・・・
 100%安全でないと無理っ ・・・」

高木
「100%バレなかったら僕と浮気する?」

「はぃ ・・・」

「親父さーーん!!」

私の返事を聞いてすぐさま
部屋を飛び出していった先生
民宿の主となにやら相談をされたあと
連れて来られたのは二階の奥の部屋
しかも、主人たちから連絡があれば
先生にも伝えてもらえるしくみです。

高木
「これならいいやろ~?」

「はぁ~ 先生~ あぁん~ ・・・」

ここに来るまでの動きは迅速でしたが
私の扱いはとてもスロ~で丁寧でした

「濡れてきたよ 奥さん ・・・
 ここ 舐めてみたいな~ ・・・」

「あっ 先生 私も ・・・」

釣り用の服装だった先生がここで
全裸になられると 私も丸裸にされました

「あぁん~ 凄い反ってる~」

高木
「変わってる?
 他人のものはあまり見ないから ・・・」

天井に向かって
大きく反り曲がっていた先生のペニス
硬さ 太さ 長さ カリの大きさ
どれも初めて目にするものばかり ・・・

先生のゆったりと時間をかけた
愛撫に合わせるよう 私も舌を使い
じっくりと舐め 咥えていました

「あぁ~ 先生 気持ちいい~」

「僕も ・・・
 奥さん とても上手いよ ・・・」

「はぁっ~ 欲しくなってくる これっ」

「まだまだ ・・・」

まだまだ そう ・・・
私がいつも主人に投げる言葉を
先生に言われています

「先生~ もっとクリ 吸って
 転がしてほしい~ ・・・」

「いいけど すぐに逝ってしまうよ?」

「逝きたいのぉ~~ ・・・」

こんなに太いサオを握り締めながら
逝けるとすれば
どんなに幸せなことだろうかと
頭の中で考えながら頬張っていました

すると ・・・

高木
「奥さんのリクエスト これッ ・・・」

「あぁ~ 先生 気持ちいいぃひい~~」

「昨日のカニ味噌以上に
 甘い甘いおま○こだよ 奥さん~?!」

「はぁ~~ そんなに吸ったら 逝くっ」

「逝ってもいいよ ・・・」

「あぁ~ 先生もっと!
 あっ ダメッ 逝く ・・・
  先生! あぁ~ いやん~~~~~!」

シックスナインでクリ絶頂なんて いつぶり?
最初の彼氏以来だと思います

先生が私の枕元まで来て ・・・

「可愛いね 奥さん
 入れる前にもう一度湿らせてくれるかな」
と言われ 喜んで飛びつきました

「こんなの入れたら どうなるんだろ ・・・」

「入れれば分かるよ ・・・
 奥さん ほらっ
  自分で握って入れてみて ・・・?」

一度してみたかったシチュエーション
上半身を少し起こした状態で
先生のペニスを掴み わたしの ・・・

「ああぁ~~ はぁ~~」

高木
「こんな濡れ具合のいい
 おま○こは久しぶりだよ 奥さん~」

「あぁっ~ 凄い! 先生~~~」

「クリ 自分でさわれる?」

「っん~ ・・・」

硬くて重いっ ・・・
そして大きい!
おま○この壁を根こそぎ擦られている
そんな厚みのある挿入感に感動しました

高木
「入れてよかった~?」

「良かった ・・・
 めちゃくちゃ気持ちいいのぉ~」

「ゆっくり突いてあげるから
 さっきみたいにリクがあれば言って?」

「乳首を ・・・」

「乳首はリクエストじゃないよ
 言われなくても吸うから ・・・^^
  奥さん おま○このことだよ~?!」

「あぁ~ そこ気持ちいい~~」

「ここだね? 奥さん~ ・・・」

「あぁ~ 先生っ いいぃひい~~~!」

「クリ さわれてる?
 乳首もいっぱい舐め回してあげるから~」

「ダメっ!! ああぁ~ はぁ~~」

「堀君はこんな奥まで突いてくれるのかな」

「突いてくれないっ ・・・」

「じゃあ どっちのチ○ポがいいの?!」

「はぁ~ 先生 ・・・」

「僕の顔見て
 ちゃんと言ってくれないと~ 奥さん?!」

「先生のチ○ポがいい~ ・・・」

「旦那のチ○ポより良いって~?!」

「そぉ~~ ・・・」

「悪い奥さんだ ・・・
 もっと突いてあげるよッ~~!!」

「あぁん~! 先生 凄い感じるっ!!」

「クリと ・・・
 この(チュッパン~)乳首と  ・・・
  おま○こと~ ・・・」

全身に鳥肌が立ったのはこの時っ!

「先生~ それ逝くかも?!」

「あ~ 奥さん 綺麗な目
 さすが 瞳って名前だけのことはあるッ
  逝ってもいいよ~? 奥さん ・・・」

「乳首をもっと ・・・」

「(チュッパン!)
 吸って引っ張って転がして ・・・
  あとなにかな? 奥さん おま○こ?!」

「あぁ~ もうダメ 逝くっ ・・・」

「もうリクエストはないのかな~?」

「リクエ ・・・
 あっそこ! 先生~
  気持ちいい~! ダメ逝っちゃう!
   いやん! 逝くぅ~~~~!!!」


先生の射精はこの20分後のこと
私を散々に悦ばせてくれたあとでした

高木
「奥さん 凄く良かったよ」

「私も ・・・」

「部屋に戻って
 またゆっくり寝たらいいから」

「もう少し居て 先生 ・・・」

「じゃあ ・・・
 奥さんの愛液にまみれた これ
  綺麗に掃除してくれる ・・・?」

「うん~^^」


あとで主人に聞いた話ですが
あの日の筏への出発時 ・・・

高木
「先に行っておいて
 電話するところがあるから ・・・」
と言って 主人たちを行かせたのは先生

私が一人で眠っているのを知ってて
仕掛けられた小さな罠 
主人へ掛けた電話も嘘のお芝居
でも、それにまんまと乗ってしまう私
人の妻を寝取ろうとする男性には
こういうずる賢さが必要なのかも知れません


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 04:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/436-3f36c088

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。