PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出のフライデーナイト

「いや~^^ 今日はホントに楽しかった」

「はい 私も^^」

「お母さん お送りしますよ?」

「いえ もう ・・・
 歩いて帰れる距離ですから」

「お願いします 送らせて下さい^^
 こんな気分が良いのは久しぶりだ~」

「じゃあ お言葉に甘えて ・・・^^」

『千歩 主婦 46歳』 妻の告白


「お母さん ・・・
 もう少しだけ話せませんかね~?」

「えっ? でも ・・・」

「こんな話の合う女性
 もう二度と現れないかもしれない」

「んん~ こんな時間ですし ・・・」

「娘さんには僕から上手く
 話しておきますから お願いします^^」

「あっ それはいいんですけど ・・・
 じゃあ~ あと少しだけ^^」

「よしっ! 決まった^^ 今日は
 思い出のフライデーナイトになるぞ~」

「もう 土曜日ですけど ・・・^^」

「あっ ほんとだ^^」


つい最近のことです

娘とのなにげない会話から
ある男性とお会いすることになり
その方と 一夜を共に過ごしました

フタが出来ないほど
ぎゅうぎゅうに詰め込んでいた私の心の箱
その中に入っていたものは
恋・色気・火遊び・背徳・よろめき そして
セックス ・・・
主人以外の男性を知ってしまうことは
永久に禁止していたはず ・・・

二ヶ月経った今でも
箱へ戻す作業が完了してません。
おそらく 激しすぎる動揺のせい ・・・



「毎年悩むらしいよ~」

「教育委員会からの御達しはないの?
 この曲にしなさいとか~」

「あったら悩まへん ・・・」

「お母さんらの時は
 先生達が好んでた音楽やったよ?
  子供に合わせんでもいいんとちゃう?」

「誰かさんと同じこと言うてるわ ・・・
 今は流行のJ-POPかアニソンが主流なん」

「先生という仕事も大変やな」

「はぁ~ お母さんみたいに
 稼ぐ男の人見つけて早く主婦になりたい」


一人娘のさくら 25歳
自分の母校の隣にある小学校
そこで教師をしています まだまだ新米さん

今年の十月に行われた学校の運動会
その中でも一番の目玉 「ダンス」
これに使う曲を先生方が一人一曲選んで
のちの会合で決める ・・・
という内容の会話でした。

私たちの世代にもダンスはありました
その当時、先生方の間で流行っていた曲で
踊ったように記憶しています。
だから娘にも「自分の好きな曲」
でいいんじゃないの?
と 助言したんですけど ・・・



「お母さん 明日の会合来てよ~?」

「なんでお母さんが行くんよ~^^
 先生ばっかりなんやろ~?」

「ううん~ 父兄代表で
 四、五人 来てもらうことになってるし
  それに副校長が
   お母さんに会ってみたいって ・・・」

「どういうこと^^?」


「お母さんが ・・・」

私が娘に話した内容です
あなた達の間で流行している曲で
いいんじゃないの? それが
副校長先生と同意見だと聞きました

「にしても ・・・
 お母さんは父兄でもないし
  関係ないでしょ~^^?」


「私が話したの ・・・
 うちの母の時代はアラベスクの
  ヒットナンバーで踊ったそうですって
   そしたら 連れて来て欲しいと ・・・」

「副校長っていくつぐらいの人なん?」

「お母さんと同じ世代やと思う ・・・
 なっ?いいやろ?お願い~
  お母さんのこと気に入ってもらえたら
   私もすっごく楽になるねん~^^」

「どういう意味やな~^^」


娘からの頼みごとなんて
滅多にないので引き受けました
場所はその学校の先生方が
ひいきにしている居酒屋さん


「毎年 この季節になると
 同じ話題で悩むんですよね~^^
  ささっ お母さん どうぞ~」

「あまり強くないんです~^^」

「僕よりは強いですよ^^
 私は一滴も飲めませんから~^^」

この方が副校長先生
高見さん 46歳 私とおない年でした

「僕もそれで踊りましたよ~^^
 ハローミスターモンキーとフライデーナイト
  いや~ やっぱり
   同世代と話すのは楽しいな~^^」

娘たちの本題にはよらず
私と副校長だけ 別空間で過ごしました
とにかく ・・・
離してくれない そういう印象の男性だった

肝心の曲目はというと ・・・


「もう決まったよ
 お母さん 私、行くところがあるし
  先に出るけど ・・・
   ハメだけ外さんようにね^^ じゃっ!」

彼氏にでも会いに行ったんでしょ~

娘に置いていかれましたが このあと
みなさんでカラオケに行き
午後の11時半でようやく解散。

もちろん 一人でまっすぐ
帰宅するつもりでいたんですけど
高見さんに強引に付き合わされ
「これも娘のため」なんて思いながら
少しドライブにお供しました が ・・・

高見
「十年も海外ですか?長いですね~」

「もう慣れましたけど^^」

「それだけご主人と離れていると
 男の肌が恋しくなったりしませんか~?」

「フフ ・・・^^」

「あっ^^ 笑ってごまかしましたね~^^」

多分 ・・・
自宅から遠くない所だと思いますが
男性と二人きりの緊張感と
少々、色のついた会話のせいで
どこを走っているのか分かりませんでした

わかったのは
一時間ほど車を走らせたあと止められた
その建物 ・・・

高見
「どこも満室だったけど
 やっと見つかりましたよ 奥さん」

はぁ~ ・・・
ホテルを探してたのね ・・・

彼に促されて 一応は車から降り
その場に立ちすくんでいますと

高見
「早く行かなきゃ 部屋が埋まっちゃいます
 奥さん さっ 中へ入りましょう~」
と 腰に手を添えられ そのまま ・・・

私の主人は中堅の商社に勤めていて
只今、海外に転勤中
というより ほぼ駐在です。今で丸十年
来年の正月に帰国する予定ですが
それも一週間程度

主人と肌を重ねたのは ・・・

「五年前かな ・・・」

高見
「体とその火照り具合で分かります
 奥さんは男の肉体に飢えている
  五年も良く我慢出来ましたね~」

「はぁ~ 娘には内緒にしておいてください」

「わかってますよ^^ そんなこと
 奥さんと僕だけしか知らない
  フライデーナイトですから ・・・」

「はぁ~ あぁ~~」

元々、淡白な主人とは
頻繁に夜の営みをしていたわけではなく
大昔の若いころ
主人と知り合った当時の記憶が
より鮮明に残っているほどです

五年前も入れてすぐ終わった ・・・
だから高見さんに
上半身を愛撫されただけでも
ビリビリと感じてしまう

高見
「美味しい乳首ですね 奥さん~」

「あぁ~ はぁっ~」

「貞操を守れた理由は何ですか~?」

「あまり 好きじゃないのかも ・・・」

「乳首吸ったぐらいで
 こんなによがってるのに~?」

「あぁ~! 先生っ ・・・」

「処女の生娘を抱いてるようだ
 クリの開発も任せてもらえませんかね~」

「はぁっ~ そこは ・・・」

「任せてもらえるのかな? 奥さん?!」

「ぁん~ お願いします ・・・」

私はオナニーもほとんどしません
その理由は簡単
絶頂を知らないからです 知らないから
終わり方がわからない 
凄く気持ちはいいんですが 途中で ・・・

「飽きてくるのかな?」

「それも分からないけど はぁっ~!!」

「皮をむいてヤってますか~?
 こんな風に奥さん どぉ~?」

「あぁ~ 感じすぎるぅ~~」

「乳首も吸いながら ねっ 奥さん~」

「すごい気持ちいい~~~」

「勝手に逝きますから
 奥さんは何もしなくていい ・・・
  ただ そのタイミングを待つだけ」

「先生っ ・・・
 こっちの乳首のほうが感じるんですぅ~」

「そぉ~ それでいいよ
 なんにも我慢する必要はないんだから」

女のカラダって
結局は出会った男の人で左右されるもの
最初から高見さんのような男性と
知り合っていれば私も ・・・

「あっ?! 先生っ~!」

「下から来たでしょ? ゾワゾワっと~
 もう奥さんのクリが
  逝きたい~って言ってますよ~?!」

「ああっ~~ 気持ちいい~~~」

「乳首もほらッ!
 (チュッパチュパ!)
  クリが首振って悦んでる 奥さん!!」

「ああッ! 先生 逝きそう~~
 はぁん だめッ! いやっ!
  あああぁ~~ はぁあ~~~~~!」

「すっごい逝きっぷりだ
 素敵ですよ 奥さん~
  ちょっと休憩したほうがいいね」


一時間ほど休憩したと思います
それもエッチとは全く関係のないお話を
高見さんに抱かれ 寄り添いながら

私は全裸だったけど
彼はパンツを穿いておられました
そのパンツも脱いで 初めて
主人以外のペニスに触れたのは
もう一度、クリで逝かされたあとのこと

高見
「もう 一人エッチでも逝けますよ 奥さん
 チョット僕のも舐めてもらえますか?」

「あまり上手じゃないと思う ・・・^^」

「うまかったら
 フェラでイってしまうでしょ~^^?
  入る程度に湿らせてくれればいいよ」

と言ってもらえたけど おそらく
一心不乱に咥えていたと思います
天国を二回も味わったあとですから ・・・

高見
「じゃ そろそろ入れるよ 奥さん」

この日初めて 主人を思い浮かべたのは
この言葉が耳に突き刺さったからだと思う

あなた ごめん ・・・

「あああぁっ~~~~」

高見
「考えた?」

「一瞬だけ ・・・」

「無理しなくても
 ここを当ててやったら忘れますよ
  ねぇ~ 奥さん~~~!」

「はぁっ~ 気持ちいいぃひい~~」

「ご主人よりデカいからッ
 当たるところも違うでしょ~~~」

私に話しかけながら
途切れることなく腰を振り続ける彼に
もっとやって欲しい~
と 心の底から思いました それほど 
気持ち良かった
肉も骨も全身が 悦んでいたんです

「はぁ~ 先生 凄い汗 ・・・」

「奥さんの体も 真っ赤に燃えてますよ~」

「気持ち良過ぎて
 どうにかなってしまいそう ・・・」

「こっちの開発は
 クリみたいなわけにはいかない
  また会ってもらえるなら そのときに」

「はぁん~ 会いたいけど ・・・」

「それでいい ・・・
 奥さんがどういう女性なのか
  今日一日でわかりましたから ・・・」

「ごめんなさい ・・・」

「その分 目一杯楽しみましょう~^^」

彼の言葉通り 主人では経験のない 
5パターンの体位と
たっぷり時間を掛けたおま○こへの愛撫
私には十分過ぎます

「奥さんとの思い出に
 ここへ出しても構いませんか?」

「いいですよ 出してください ・・・」

「奥さん ・・・」

「はぁっ~ 先生 ・・・」

「待ってね ・・・
 もうちょっと突いてから ・・・」

「あっそこ 気持ちいいわ~~」

「奥さんッ ・・・」

「先生! いっぱいちょうだいッ」

「ダメだッ ・・・
 奥さんイクよ?! 舌出してッ!!」

「あぁっ~ん ・・・」



これが
今年の9月の出来事

箱からドカーンと飛び出したので
今せっせと片付けている最中です

そして、あれから三度
高見さんに連絡を頂きました
今のところ
会うつもりはないんですけど
最後の「よろめきパーツ」がどうしても
箱に収まってくれません ・・・






相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/421-90f946a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。