PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仮想夫婦

「さや? さやっ?!」

「はぁっ はぁっ ・・・」

「うなされてたぞ?」

「はぁ~ ちょっと怖い夢見てた」

「大丈夫け? 汗が凄いぞ?」

「あぁ~ ホント 着替えるわ ・・・」

「下は?下 穿いてへんやんけ?」

「あれ? 暑くて脱いだんかな~ ・・・」

『さや 主婦 27歳』 妻の告白


「病気とちゃうやろな?
 しんどかったら病院に ・・・」
「大丈夫 ただの夢だから ・・・」

久しぶりに夢を見ました
主人(加納直樹 27歳)が
一週間の出張から帰って来た日
起こされたのは夜中の1時くらい

ホントに怖い夢だった。怖くなるほど
私がよがり狂ってる夢でした。
パジャマの下を無意識に脱いでいたのは
暑さではなく そのせいかも ・・・


「秋田って寒いんでしょ?」

主人
「寒さには強い。京都も寒いで
 ほな 行って来るわ」

「お土産 お願いします^^」

「実は俺もそれが楽しみ^^
 秋田の名物、買ってくるわな」

「行ってらっしゃい」

一週間前の早朝
主人の出張を玄関で見送る私
いつもと変わらぬ夫婦の風景
この、何事もない平穏な生活のリズムに
違和感を覚えたのは
主人が出掛けた翌日のこと ・・・


「加納が帰って来たら
 交代で俺が秋田に向かうんや」

「部長さんも出張なさるんですか?」

「うん ほんまは二週間の出張やけど
 若い奥さん ほったらかしで
  長期の出張はかわいそうやろ^^」

「まぁ~ それで部長さんが ・・・
 気を遣ってくださったんですね
  すみません ありがとうございます」

「まっ それはちょっと大袈裟^^
 クローザーですわ。 部下のあと
  俺が行って話しをまとめてくる
   代わりではなくお決まりです」

日比野部長 41歳
我が家に訪問されたのは三度目
一度目は主人のお見舞い
二度目は飲み会のあと。
でも、この日来られた理由が
イマイチわからなかった。

訪ねられたのが昼前で今はもう4時
買い物にも行けない私
リズムは狂い始めていました
だから仕方なく ・・・

「部長さん? 夕食は ・・・」

「食べに行くつもりやったけど
 ご馳走してくれんのか?」

「買い物に行ってないので
 あるものでよろしければ ・・・」

「何でもええよ 好き嫌いないから^^」

何か変化をつけないと
このまま夜まで居座られると
そう思ったんです ・・・

ホントに適当に
あるもので作った料理でしたが
美味しそうに食べて頂きました


部長
「美人で料理が美味い 最高やな^^」

「あぁ~ ・・・^^」

そして夕食のあと

「くつろぎたいんやけど
 着てるもんが苦しくて ・・・」

「主人のスウェッットなら ・・・」

「うん それでええ」

リビングでテレビを観る部長を
後ろから見ていると主人と見間違います
背格好は同じくらいであの人のスウェット

違和感を感じていたはずなのに
この方の自然な振る舞いに段々と
私が馴染んでいきます ・・・


「さや」

さや ・・・?

「はい?」

「風呂はいつも一緒に入ってんのか?」

「いえ 別々です ・・・」

「ほなっ 先に風呂よばれます~」
と言われ 当然のように
お風呂上りの下着を用意した私

さらに ・・・

「寝室は一緒やろ?」

お風呂から上がられた
部長の第一声がコレ!

「部長さん?うちに泊まられるんですか?」

どんな答えが返ってくるのか
想像出来ないから恐々聞いてみました。

すると ・・・

「家に帰っても一人やしな ・・・」
と言いながら
一旦穿いたスウェットを脱ごうとされたので

「リビングじゃダメですか?」

「ありがとう^^ 優しい奥さんならきっと
 そう言ってくれると思ったよ
  リビングでも便器の中でも
   泊まれるならどこでもいい(笑)」

「じゃあ^^ ここにお布団敷きます^^」

楽しい人なんですけどね
主人に言えないような事はしたくない

リビングに布団を敷いて
この日は泊まって頂きました

そして翌朝 ・・・


「今日は定時やし 6時くらいかな?」

「あっ 部長さん ・・・」

定時?6時? なんだそれ ・・・
この時ばかりは主人に電話をしようかと
迷いました でも ・・・

「さや ただいま~^^」

「おかえりなさい」

ノったんです ・・・
彼のやっている「仮想夫婦劇」に ・・・

暇は潰せるし、おもしろい人
まさか主人が帰って来たあとも
やってるって事はないだろう~?

一応、彼に聞いてみました

「あなた ・・・
 もう一人の主人が帰ってきたら
  あなたはどうするの?」

「アハハ~^^
 乗ってくれたんやな 奥さん^^」

「だって部長~^^
 何がしたいのか全く分からへんし~」

「こんなんもないと毎日がつまらんやろ?
 旦那もおらへんのに~^^
  俺も独身やし暇なんやわ~^^」

「こんな手の込んだ事しなくても
 いつでも遊びにいらしてください^^」


私は決して
ノリのいい女性ではありません
三姉妹の中でも一番おとなしかったし
人ともあまり口をきかない。
ただ日比野部長とは
うまが合うように感じます。

でも、遊びはここまで

部長
「さや 久しぶりに一緒に風呂入ろうか?」

「一緒に ですか ・・・?」

「先に入ってるし 後で来いよ?」

部長の意図はさきほど聞きました
仮想夫婦劇はただの暇つぶし

それなら ・・・

「おう 入ってきたか~^^」

狭い浴室なので
肌の触れ合いはありますが
局部を触ってくるようなマネは
一切されませんでした。

そして ・・・

「今日はさやと寝るわな?」

「はい ・・・」

このような生活が
主人が出張から帰って来る当日の朝まで
6日間続いたんです


「さや ・・・?」

「なに?」

「明日の朝、行ってきます。したらお別れや
 また遊びに来るとは思うけど
  そのときは部長さんとして
   よろしくお願いします^^」

「は~い^^」

私がヒドい寝汗をかき主人に起こされた
前の晩になります
もちろん主人には秘密ですが
貞操はしっかりと守った
つもりでいたけど ・・・


「さや 俺らどれくらい夫婦性活してへん?」

「ん~ 結構してないよ^^?」

「明日から出張やし 子作りでもしよか?」

「子作り ・・・ 部長(笑)」

「部長言うたらアカンやん^^
 芝居してんのに~」

「だって~^^
 部長と子作りとか笑ってしまう
  あぁん~ 部長! 手だけにして ・・・」

吹き出して笑っている時
彼が私の手を握ってきました

「部長て言うたらアカン」(小声)

「はぁ~ あなた そこまでっ」

「嫁さんの乳揉んだらあかんのか?」

パジャマの中に手を入れられ
おっぱいを揉まれています

「あぁん~ 部長 それは ・・・」

「奥さんの芝居 もっと見たい」

「あっでもこれは はぁぁ~
 部長さん キスだけにして お願い」

キスをされたあと ・・・

「美味しい乳首してるやんか~」

「あっ~ もう終わり ・・・
 ねっ? 部長さん お芝居は終わり~
  そこで止まって! はぁぁ~~」

乳首を舌で転がされ さらに ・・・

「さや 子作りしよか~?
 種はホラっ! ここにたんまりと」

「ダメっ~~ 子作りはしない
 部長さん はぁ~ 硬い! エッチ~」

部長のペニスはもうギンギン

「じゃあ 子作りは今度にしよう
 おま○こ濡らすから 下脱いで?」
と言われ自分から脱いでしまいました

仮想とはいえ 6日間、寝起きを共にし
私を楽しませてくれたこの人と離れるのは
正直淋しかった ・・・

全く手を出してこなかったけど
出してもイイのよ
と思っていたのは私のほうかも

そのチャンスがめぐってきて。しかも
迫力のあるペニスを握ってしまったなら
もう、欲しくなって当然 ・・・


「さやのまん汁 いっぱい飲んだるわ」

「あぁ~ やらしい~
 こっちも汁が出てきましたよ~」

しごけばいくらでも出てくる 部長の先汁 
それを舐めて吸って飲んでいる私

「そうや 吸っといてくれよ?
 子作りはせんけど ゴムはつけへんしな」

「いやっ! それはダメっ
 コンドームありますから
  着けてください 部長~
   鏡台の引き出し ああぁっ~~!!」

「もう入ってしもた さや ・・・」

「ダメ いやッ! 抜いて? お願いっ!」

「さやがイヤって言うても
 ま○こは踊って歓迎してくれとるで?
  ミミズ1000匹とは ・・・
   さやのま○このことやな~」

「あぁ~ 部長さん ・・・」

確かに歓迎していました
受け入れた瞬間、これほどまでに
相性の良いペニスだと分かるのは
10人に一人あるかないか ・・・

その、フラダンスの群集を掻き分け
島の一番奥にある
お姫様の部屋の扉をノックされている


「すごい! 頭にビンビン響く ・・・」

「ゴムつけたほうがええか?」

「もぉ~ 今更そんなこと言って~
 あぁ~ 気持ちいい~~」」

「障害物が多いさかい
 自分ではようわからへん
  何処まで届いてるんや? さや」

「奥ぅ~ 一番奥
 気持ち良過ぎて ほら部長 ・・・
  体が震えてきた いやん~~~」

部長のペニスが 
私の口から出てきそうな勢いで
散々に突かれていました

あと3分これをされたら 私は ・・・

「どうなる?」

「頭がおかしくなる  だから ・・・」

「だからなに?」

「もう逝かせて お願い ・・・」

「旦那の上司のチ○ポで
 逝かされてもかまへんのか?奥さん」

「いやっ~
 そんなこと言ったら興奮する
  あぁ~ 気持ちいい~~~~」

「こっちは響き過ぎるんやろ?
 こっちの壁と違うんか? 奥さん」

「いやっ! 奥がいいのぉ~
 そこは主人でも届くから ・・・」

私のこの言葉が
男の本能に火をつけたはず
肌が触れる面積を増やして
キスをし 舌も絡め
勃起した乳首も責められながら
扉を数回 ドンドン!!突かれると ・・・

「これが好きなんやろ~? 奥さん?!」

「あぁ~ もうダメ 飛んじゃいそう
 気持ちいい~ そこ! 部長~ 逝く
  ああっ!! 逝くぅぅぅ~~~!!!」


私が見ていた夢はおそらくこのシーン
どんな言葉を発していたのか
気になりましたが
主人によると聞き取れなかったそうです。

そして、先日
主人の同僚が数人と部長さんも一緒に
我が家へ訪れたとき
キッチンに居た私のもとへ来て


「ただいま さや^^」

「シーっ! 部長さん ダメ^^」

「今度また 旦那の出張があるし
 仮想夫婦ごっこするか?」

「そんなのしなくていいです^^」

「おもしろくなかった?」

そういう意味じゃない ・・・^^


相互リンクサイト
相互リンクサイト
相互リンクサイト


関連記事

| 妻の告白 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tsuyamilk.blog.fc2.com/tb.php/279-d37da71e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。