| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浮気妻製作所 ~妻がゲットした破格のボーナス~

「邦彦! どうだった?」

「やっぱり間違いやった」

「えええ~ ショック~ ・・・」

「170万ではなく120万の間違いやった ・・・」

「えッ?!それでも120万円もらえるんや?!」

「うん^^」

「やったー^^ やったー^^
 凄い会社に入ったね~^^ 邦彦~」

「でもな ・・・ 今年だけ^^」

「な~んだ^^ それでも嬉しいけど
 いい会社よ?必死にしがみついて頑張って!」

「うん~^^」 



【田島邦彦 会社員 30歳】 旦那の告白




今年の春に転職しました
今までは小さなところを渡り歩いていたので
ここらで少し先を見据えて
福利厚生なども充実した大きめな会社に入り
安定した生活(老後)を送ろうと
妻と相談した結果です。
ダンボール製作所としては西日本一のシェア
緩衝材も独自開発している老舗で
輸送も手がけている社員が150名以上の会社

本社は大阪で
僕が勤めたのは京都にある支店

そこで支店長をしている
守屋さんという方から
こんな話を持ち掛けられました ・・・


守屋
「7月の下旬あたり会社の保養所に行ったやろ?」

「はいっ 海水浴に行きました ・・・」

「その時たまたま社長も居たらしく
 田島君の奥さんを気に入ったそうや」

「気に入った? はぁ~ ・・・」

「社長は色の白い女が好きでな ・・・」

「色の白い女性なんて他にもいましたけど?」

「色が白いだけではあかんのや
 社長のツボはおっぱいに血管が浮いてる
  色白巨乳の美人さん しかも人妻でなッ」

「血管が浮いてるとかなんでわかるんですか?」

「保養所のシャワー室にカメラがついてる」

「はあっ?!」

「これ見てくれ ・・・」

「えっ??」

◎ 中出し 30万円
◎ 口内射精 20万円
◎ ごっくん 30万円
◎ おもちゃプレイ 20万円
◎ オナニー 20万円
おまけ ・・・ アナルプレイ 30万円


守屋
「まあ一通りのことやったら100万くらいは
 田島家にボーナスが出るってことや」

「いったいなんの話をしたはるんですか??」

「これは毎年の恒例行事で
 新入社員もしくは途中入社の田島君のような
  その奥様や彼女が限定なんや」

「僕の妻を社長が寝取るってことですか?」

「即答してくれ やるかやらんか このゲームを!」

「妻を誘惑する手段は?」

「そういうのは全部こっちが段取りする
 おそらく奥さんには一泊二日の
  旅行へ行ってもらう。本社の秘書たちと」

「旅行 ・・・」

「そこに偶然を装って社長が現れる
 さっきも言うたけど毎年やってるんや
  田島君は俺の指示通りに動けばいい」

「はぁ~ ・・・」

「どうや?100万手に入れるか?!」

「妻には 僕が知らないことに ・・・」

「もちろん!自然の流れでそうなった
 旦那には絶対バレない環境という設定や」

「それはもう ・・・
 ダンボール製作所じゃなくて
  浮気妻製作所ですよね ・・・」

「乗らん奥さんもおったわ 伊東の嫁とか ・・・」

「伊東課長の?!」

「田島君の奥さんは乗りそうか?」

「それはわかりませんけど
 ノリはいいほうやし、相手が社長となれば
  僕のためと思って ・・・」

「年上女房やったな?」

「はい ・・・」

「俺も見たけどかなりのべっぴんや やるか?」

「っん~ ・・・ やります ・・・」

「そうか^^ ほな最後にこれだけ
 プレイは全てカメラに収める!でもな?
  社長の許しがない限り
   田島君にも見せられへん」

「わかりました ・・・」

「はやまんな ・・・
 俺に50万キックバックしてくれたら
  その中身、全部見られるようにしてやる」

「ほんとですか?」

「自分の妻の本性見たいやろ~?」

「はいッ!守屋さんの指示に従います!」



という流れで
僕の妻が社長に寝取られることに ・・・
でもまだ決まったわけじゃない!
妻が拒否する可能性もある
あるけど ・・・
拒否しない妻も
一度くらいなら見てみたい ・・・


8月の下旬に妻が旅行へ ・・・
僕は守屋さんの指示通りに立ち回り
妻にもバレていません
そして9月の初めにボーナスを頂きました
妻に言うか言わまいか迷いましたが
やはり夫たるもの
大きく稼いだ時の妻が喜ぶ反応は
見たいものです ・・・

入社支給金プラス
夏のボーナスだと言って
封を開けずに渡したところ ・・・



「えええっ?!こんなに??」

「運がええわ^^ やっぱり俺持ってるやろ?(笑)」

「170万て ・・・ 凄いね邦彦~~!」

「ひゃっ 170万?!」

「知らなかったの?」

「あっ うん~ 中身のことは聞いてへんし ・・・
 でもそれは多分 間違いちゃうかな~」

「うっそ~ 170万であって欲しい~」

「まあ、どっちにしてもちょっと多すぎるし
 明日、支店長に確認してみるわ ・・・」


予想以上に額が多くてビックリ ・・・
なにをどう掛け合わせると
あんな数字になるのか ・・・
僕は翌日、守屋さんに会って
説明を聞くことにしました。



守屋
「来ると思った まあ座ってくれ」

「はぁ~ 聞いていた額より多くて ・・・」

「うん、その前に ・・・
 オプションの話を田島君にしてへんかったんや」

「オプション??」

「要するに予定外のことが起こったとき
 それに対する報酬ってやつや」

「予定外ってあの、おまけと書いてあった ・・・」

「アナルプレイな?その分は入ってるぞ?」

「ええっ?!じゃあうちの妻は ・・・」

「リストにあったプレイは全部やってる
 そやから150万プラスオプションへの対価で
  170万やったはずやぞ?」

「はいっ 合ってます ・・・」

「ほんで??
 キックバックの50万は持ってきたんか?」

「持ってきてます ・・・ ここに ・・・」

「よっしゃ、ほんならこれ
 ケーブルさえ繋げたら
  パソコンでもテレビからでも見れる」

「時間はどれくらい ・・・」

「夜の9時から夜中の3時ごろまでかな~
 全部ここに収めてあるさかい
  家でゆっくり見たらええッ」

「はぁ~ ・・・」

「これは社内機密やから
 ほんまは持ち出し禁止なんやぞ?
  他人にも絶対喋ってはならん!わかったか?」

「はいッ わかってます ・・・」



あの見せたもらったリスト表で言うと
中出し 30万円、口内射精 20万円
ごっくん 30万円、おもちゃプレイ 20万円
オナニー 20万円 
おまけのアナルプレイ(30万円)を足して
150万円 ・・・

残りの20万分はなんなんやろ ・・・



///////////////





「やっぱり間違いやった」


「えええ~ ショック~ ・・・」

「170万ではなく120万の間違いやった ・・・」

「えッ?!それでも120万円もらえるんや?!
 やったー^^ やったー^^
  凄い会社に入ったね~^^ 邦彦~」

「でもな ・・・ 今年だけ^^」

「な~んだ^^ それでも嬉しいけど
 いい会社よ?必死にしがみついて頑張って!」

「うん~^^」 



いやいや僕じゃない ・・・
おそらくお前が
社長にしがみついて頑張ってくれたおかげや
そのお前の裏の顔を
今晩こっそり見させてもらう ・・・


芽依(メイ) 36歳
僕より6歳上の年上女房です
高卒で入社した織物会社の先輩だった妻
見目麗しい
という言葉がピッタリはまるほどの長身美人
おまけにおっぱいがデカかった~ ・・・
20代の頃は毎晩顔をうずめて遊んでました
僕はあまり気にしなかったけど
守屋さんが言ったとおり確かに色白だし
血管は無数に浮いています
そういうのを好む人もいるんですね ・・・

今から見ますけど 結果は出ています
僕が知りたいのは個々のプレイじゃなく
妻が落ちる瞬間やそれまでの流れ
それと僕とでは経験のないアナルプレイ
あとは20万円分の不明なオプション

ティッシュも二箱用意しました
何も見てないのに鼻息も荒いです
ていうかもう勃ってます ・・・
この動画再生のスイッチを押せば
僕の知らない妻が画面に現れる ・・・



社長
「うちの秘書二人はどこ行った?(笑)」


「カラオケをしてたら
 知らない男の人が二人入ってきて
  一緒に楽しもうって ・・・」

「っで?あの二人だけ連れて行かれた?」

「社長からお酌の電話があるかもやし
 田島さんの奥さんは部屋に戻っておいてと」

「アハハ^^ しゃあないなアイツら
 まっ、若い子たちやから許してやって?」

「はい~^^ それはもう ・・・」

守屋さんから
定点カメラが4台と聞いてます
この時は社長の真横に座る妻を正面から ・・・

社長
「おう?酒は強そうやな?」


「強くはないけど好きです^^」

「色が白いさかい
 胸元がもうピンクに染まり始めてる ・・・」

「はぁ~ ・・・」

「もう少し浴衣をはだけてもええか?
 俺の好物が目に入ってしもた ・・・」

「好物 ・・・?」

「このおっぱいに浮いてる血管よ~」

「あぁ~ 自分ではイヤなんですけど^^」

「なんで?色っぽいで~?」

「そうですか^^ うふん~ はぁ~ ・・・」

「褐色の乳輪と乳首がまた綺麗や」

「っん~ あぁん~ ・・・」

「乳首弱いんか?」

「お酒も入ってるし 凄い感じます~ ・・・」

「奥さんの唇が誘惑しとる ・・・」

「あぁ~ 社長~ ・・・ うふ~ ・・・
 あの子たちが来るかもしれない ・・・」

「もう誰もこうへん
 田島君の奥さんに投げたんや
  俺のことを ・・・ 鍵もしまってる」

「はぁ~ やだっ ・・・」

「安心して乳首も勃起してきたな?奥さん」

「ああん~ 社長~ 吸ったらイヤ~ ・・・」

「ゆっくり吸わしてくれ~
 こんなおっぱいとはなかなかめぐり合えへん」

「あぁ~ 下はダメ ・・・」

「ダメとかイヤとか もっかい口ふさいだる^^」

「はぁん~ すぐ濡れるから ・・・^^」

「ベッドにいくか?」

「うん~ ・・・」


妻が社長の部屋に訪れ
酌が始まってものの15分でベッドインて
なんぼなんでも早すぎるやろ ・・・

ベッドの上で乳くりあう二人ですが
どうもオプションが始まったようです
社長の携帯が鳴り、それに出られると

『なんやお前ら~
 せっかく田島の奥さんと楽しんでんのに
  おう~ 来たかったら来いや~』

「ごめんな エッチはお預けや
 専務の三好と支店長が来たがってて^^」


「あっ、そうなんですか はい ・・・」

一旦はベッドから離れて座卓に戻る二人
するとすぐ電話をしてきた二人が乱入 ・・・
これもおそらく仕掛けられた小芝居のひとつ


専務
「さすがスイート!ベッドが違う!
 奥さんこっち来て?早く?フカフカやで~?」


「えっ?」と困り顔で社長を見る妻
でも社長は ・・・ 「行ってき^^」と笑って答えた

専務
「こっちこっち奥さん~」

「あん~ ・・・」

声は落としてますけど
ここで二人のプレイが始まってしまいます ・・・

専務
「もう社長に吸われた?このおっぱい」

「いいえ ・・・」

「じゃあ俺が一番乗りか?!」

「あっ ああぁ~ はぁん~~ ・・・」

「おっ!守屋さん!我慢出来ずに登場ですか?」

守屋
「こんな美人 独り占めしたらあかんよ専務」

専務
「奥さんパンツ脱ごう 俺が舐めてあげるから
 守屋さんのチンポ しゃぶってあげて?」

「ええっ~? あん~ いやん~ はぁ~」

そこへ社長も混じり好物のおっぱいを ・・・
専務は妻をクンニ 妻は守屋さんのものをフェラ
脇から社長がおっぱいを吸いまくってる
物凄くスケベな光景!僕の妻が
三人の男を相手してる ・・・

社長
「お前、おもちゃ持ってきてるやろ?」と専務に

「はい、用意してます」

社長
「奥さん 俺のんと守屋さんのをフェラしながら
 電マでオナニーしたってくれへんか?」

「いやん~ 恥ずかしい~ ・・・」

専務
「おまんこも綺麗な奥さんですわ~」

手渡された電マでオナニーを始める妻
守屋さんのチンポを咥えながら
左手では社長のチンポを握り、しごき
自分の右手でクリ電マ 恍惚 ・・・
この時点でもう満足そうな顔をしています ・・・


「あぁ~ 逝く~~!いやん~ 逝くぅ~~~!」

潮も少し吹いたような瞬間が見えました
相当興奮してるんだと思います ・・・

妻がイったあとに挿入したのは
社長ではなく専務でした

社長
「どうや?奥さん 専務のはデカいやろ?!」

「はぁぁ~ 気持ちいい~~ ・・・」

社長
「二本のチンポは離したらあかんで?
 次は守屋さんが入れてくれるからな?!」


「あぁ~ 社長のが欲しい~ ・・・」

社長
「俺は最後や なっ?
 奥さんがいっぱい楽しんでからハメたる!!」


さすが僕の妻 
あそこで社長を欲するとは
まず間違いなく僕のためです。と思いたい ・・・

守屋
「よっしゃ!奥さん 上に乗り?!」

支店長に馬乗りし腰をローリングする妻
ノリノリです!4人が真っ裸で乱交三昧

専務
「奥さん アナルの経験は?」


「あっ あります ・・・」


誰と ・・・??


専務
「大丈夫ですかね~?」と社長に問うと

社長
「あの子らが下剤を薄めて飲ましてるはずや
 奥さん?ここ来る前ピーピーやったか?」


「はぃ~ 少し ・・・」

社長
「専務の好きなアナルいってあげて?!」

専務
「奥さん ゆっくり入れるからね~
 て言うてたら飲まれていきよる!!
  さすが経験者!あっ、でも締まる!!」


「ああん~ だめぇ~~~!」

社長
「はい奥さん チンポ咥えて?!」


「あぁ~~ 凄い!!お尻は久しぶり!!」

守屋
「3P、4Pも久しぶりか?」

「それは初めて ・・・
 ああん~ 気持ちいい~~ いやぁ~ ・・・」


ホっ ・・・
動画を見始めて初めてホッとしました
複数プレイは経験がないと ・・・

しかしこの専務!
アナルにそんな高速で突くか?!
というほど猿みたいに腰を振ってるけど ・・・


「あはぁ~~ おしり気持ちいい~~~!」

気持ちいいそうです ・・・

専務
「あかん!締まりがええからイってしまう!
 奥さん!口開けて?受けとめてや?!
  あああーーーー!!出るぅぅ~~~!!」


「あ~~ん っん~ あはぁ~ ・・・」

社長
「どうするんや?ソレ ・・・」


「(ごっくん!!) ぷはぁ~ ・・・」

社長
「俺は口なんかに出さへんで?奥さん」


「どこに ・・・」

社長
「守屋さん?!
 奥さんの体バックであっためてから
  俺に交代してくれるかッ?!」

守屋
「了解です!社長~ さあ奥さんバックやで」

「あぁん~ ・・・」


ごっくん、アナル
口内射精、おもちゃ、オナニー
読めました ・・・
リストのプレイは残りが中出しのみ
おそらくそれは社長がするでしょう。そして
オプションの20万円は
専務と守屋さんが加入した追加報酬


社長
「あったまったか?」


「社長と二人で過ごせると思ったのに~ ・・・」

「あいつらはもう部屋に戻るよ
 ここからは俺と奥さんが本気で愛し合う時間や」

「じゃあ、戻られるまで休憩ください ・・・」

社長が本気で愛し合うと言った瞬間
妻の瞳孔が開きました
休憩を求めたのは多分
本物のメスになる前の準備時間か ・・・

ほどなく二人は退室され
ここから夜中の3時まで二人っきり


社長
「複数もたまにはええやろ?
 主婦業も大変なんやし発散せんと」

「っん~ でも私は社長が好みなの ・・・」

「こんな色の黒い細マッチョが好きなんか?」

「タイプなんです ・・・」

「奥さん~!」

「あぁん~ はぁ~ はぁぁ~~ ・・・」


僕は色の白いポチャですけど ・・・


社長と妻に大人のセックスを見ました
二人の全身が上手い具合に絡み合ってる
舌も手も指も足も 目も ・・・
見つめ合いながら愛のある言葉も交わす
僕はこんなエッチ 妻としたことがない ・・・

社長
「蜜がたっぷりで!
 美味しいよ~ 奥さんのおまんこ!」

「あぁ~ 社長入れてぇ~ もうカチカチ!」

「入れてと言うてからもうひと飲みするのが
 愛し合う二人のシックスナインとちゃうか?!
  俺は奥さんのおまんこをこんなにッ!!」

「あ~ 気持ちいい!!
 (ジュボジュボ!!ジュル!ジュルジュル!)」

「入れるわ ・・・
 奥さん!本気て言うた意味わかったか?」

「っん~ わかりました ・・・」

「セックスは楽しまんと気持ちようなれん!!!」

「あああぁ~!!社長ぉ~~~!!」

「楽しめるのはどんな相手や?」

「好きな人~ ・・・」

「もう俺と奥さんは好きあってるんとちゃうか?!」

「はぁ~ はぁ~~ 凄い奥!!いやぁ~ ・・・」

「おもちゃやアナルはおまけや
 好きな男のチンポが一番ええやろ?!」

「いいひいぃ~~ 社長!いっぱい欲しい!!」

「奥さん!初めて見た時から好きやった!!」

「ああん~ ダメっ ・・・」

「まだ本気になってへんな?
 旦那を思い出したか?!」

「っん~ 違うけど ・・・」

「ここ突いても思い出すかッ?!」

「あん~ そこっ ・・・」

「旦那はここをたくさん愛してくれる?!」

「愛してくれない!!はぁっ~ ・・・」

「俺は愛してるでッ~?!」

「あぁ~ ダメ!!気持ちいい~~~!!」

「愛してるよ!奥さん~!」

「っん~~ はぁん~ ・・・」

「愛してるよ?!奥さん!!」

「私も愛してる!!もっと突いてぇ?!」

「感じてる?気持ちいいの?!」

「あぁ~ 奥が気持ちいいの~~!!」

「奥さんがイったあと
 その奥にたっぷり注いであげるからねッ?!」

「ダメ!凄い興奮してるッ!!」

「旦那以外のザーメンを
 中に出してあげるよ!奥さん~~!」

「はぁ~ おまんこ壊れそう~~ ・・・」

「壊れるほど愛してる?!俺ッ!!」

「あッもう!我慢出来ない!!」

「愛してるの?俺?奥さんのおまんこ!!」

「社長~ ・・・」

「なに奥さん~ ・・・」

「そんなに突いたら好きになるぅぅ~~~!」

「愛してるよ!!」

「イヤっ!気持ちいい!逝っちゃう~~!」

「奥さん!一緒にイクよ?!」

「あっダメ!逝く!!イヤっ!社長?!
 あぁ~ 気持ちいい!逝くぅぅ~~~~!!
  あはん~~~ あぁ~ ダメぇ~~~~~」

「俺もイクよ?!奥さんの中に!!!!!
 ううううううっ~~!!ああああぁーーーー!」




濃い~ セックスです ・・・

このあと休憩を挟みながら
体位を色々変えた交わりが三度もありました
だから僕も負けじと
同じ回数だけ出してやりました



そして先日 ・・・



「旅行??」


「う~ん また本社の子たちに誘われて^^」

「この前行ったとこやん?」

「そう言わずに^^
 たまには私も羽を伸ばさせてよ~^^」

「ちょっとそれは聞いてないな ・・・」

「聞いてない?なんのこと?」

「いや、まぁ~ いいよ 行ってきて」

「ありがとう~^^ いっぱい温泉に入ってくる^^」


いっぱい入ってくるのは
社長のチンポちゃうの? 
一晩に三回も四回もやりやがってまだ足りんか?
メイ~ ・・・

| 旦那の告白 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT