艶みるくのオリジナル官能小説
現在586タイトル!全て人妻の浮気話!

≫ EDIT

私とお義父さん ~卒業~(2)

このお話は2部構成になっています

私とお義父さん ~卒業~(1)
私とお義父さん ~卒業~(2)


※全て別窓で開きます。




「他人棒の上に手を置いたやろ?杏奈」

「ズボンの上からね?だってぇ~ ・・・
 あんなに激しくおっぱい吸われたら ・・・」

「私も欲しくなった!てことか」

「サンドウィッチください!!(笑)」

「おおっ~ 腹ごしらえしとけ
 デカいチ〇ポは疲れるさかいなッ!」

「もぉ~^^ エッチ ・・・」


【杏奈 主婦 29歳】 妻の告白



前日、ズボンの上から触れて
夫のそれよりも大きいだろうと感じました。
大きい人は前にもいたけど
ねっとりとした中年の愛撫を受けつつ食べる
巨根の味がつい、気になってしまい ・・・


「うわっっ ・・・ お義父さん ・・・」

「朝から杏奈の乳見て興奮しよった」

「私は見なきゃ良かったw」

「なんでや?おおっーー?!
 もう手が伸びてきたぞ!(笑)」

「凄い反ってる ・・・」

「お前の知ってる男に
 こんなんはおらんかったか?」

「結婚前はおチンチンに興味なかったし^^」


これ、本当なんです
顔のいい人ばかりを選んでたから
エッチなんて二の次、三の次。しかし
二人目を授かった幸せ絶頂期の真っ只中
義理の父からかけられたモーションは
私のホルモンバランスを壊しては組み換え
なんの躊躇いもなく他人棒を頬張る
一人の人妻を作り上げてしまわれた ・・・


義父
「嫌がれると吸わしてもらえへんし
 昨日は黙ってたけどな~ 杏奈~
  左右大きさの違う乳輪なんて初めて見たわ」

「そうなんですか~ ・・・」

「よう見たら乳首もほらっ!
 左のほうだけ馬鹿デカいやないかっ?!」

「両方同じだったら作りものっぽいでしょ~?」

「いや、このエロい乳はようけの男に吸われてる」

「お義父さんもその一人になったね(笑)」

「正直何人や?
 何人の男がこの巨乳に顔をうずめた?!」

「どうだろ ・・・ 50人くらいかな~ ・・・」

「ちゅうことは ・・・ 今咥えてるのが ・・・」

「51本目!! はいっ終了!(笑)」

「なんやお前~ 終わりか?!」

「もう無理、入れたくなるもん~^^」

「こっちは入れる気マンマンやぞッ?!」

「私、不倫はしないから!w」

「こんなん不倫やろ~?」

「っんん~~ どうかな~
 おチンチン舐めるくらいならギリセーフかも
  だってウチのパパだって
   風俗なんかは行くだろうし ・・・」

「おもろい考え方じゃ(笑)
 よっしゃ!気に入った!それでいこう!
  俺は杏奈の乳!お前はチンコや!」

「勝手に決めるんだから^^」



そこまで踏み込む勇気がなかった
というのが本音かな
私、マジに浮気経験はゼロだったし

お義父さんだから愛撫くらいはと
許してしまったのかも ・・・



「スケッチですか?お義父さん~」

「大事な愛車、次は何を着せようかな~って ・・・」

「私にも見せてくださ~い」


卒業式まであと3日 ・・・



「なにこれ?!わたし~?」

「真っ黒なセクシーランジェリー!どうや?(笑)」

「シースルーでおっぱい透けてるし~^^」

「おっぱいとチンコ、交互に吸って ・・・
 なんか他に楽しみもないとな~
  今日注文したら明後日には届くしよ?!」

「そんなの私に着ろって?!」

「頼むわ杏奈~^^」

「っん~ ・・・ 見てから考えます^^」



義父に朝の食事を持ってくるようになり
10日以上が過ぎました。
その後半は二人の会話にもあるよう
当たり前のごとく胸を揉まれ、吸われ
お義父さんのペニスにかぶりつく毎日

ただ ・・・
何気なく思いついた義父のこの発想が
私の浮気心をさらに加速させる

真っ黒のセクシーランジェリー(ベビードール)



「似合うわ~!杏奈~~」

「っん~ なんか凄いエッチなんですけど」


卒業式の前日 ・・・



「パックリ割れた谷間、かすかに透けてる乳輪
 可愛いおへそと誘惑のTバック!後ろは?!」

「こんな ・・・ 感じ ・・・??」

「尻も綺麗やな~!!杏奈~!
 見てみいッ?!俺のチンコを!!」

「ぁん~^^ 何もさわってないのに^^」

「そうや!今日はまだ乳首も見てへんぞ?!」

「ヤバい~~ ・・・」

「何がヤバいんやっ?」

「私も濡れてきたかも ・・・」


隠れ家の中にある隠れ部屋
そこで義父と戯れていたんですけど
恰好は普段どおりだったから
いつものお義父さんといつもの私だった。

こういうセクシーな下着は
身につけたのも生まれて初めて

スケベな義父がスケベな下着を着る私を見て
物凄くスケベな顔をして興奮してる様子を
目の当たりにして凄くスケベな気持ちになって

とにかく!
いつもとは違いました ・・・


「お義父さん!それはダメ!いやっ!」

「もう我慢できひん!チョット舐めるだけ!」

「それされたら私が我慢できなくなるのっ?!」

「俺を信じろ?!
 シックスナインで杏奈をいかせる!それだけや」

「ダメだって!もぉ~~~ ・・・」


野獣のような目つきに怯えたのか
義父の要求をすんなりと受け入れたあとは
私もいつも以上に強く握って咥え込み ・・・


「あぁ~ お義父さん!それ気持ちいい~~!」

「お前の吸い方でわかる!」

「ああぁ~~ イク!お義父さん いやっ!!
 ああん~ 気持ちいい!逝くぅん~~!!!」


久しぶりの快楽絶頂 この直後 ・・・


義父
「入れるわ!杏奈!」

「ダメ!お義父さん!約束が違う!!」

「許してくれ ・・・」

「イヤっ!そうじゃない!ゴムがないからっ!!」


コンドームの問題じゃないけど
そうでも言わないと義父は止められなかった


義父
「赤いのも買ってあるし明日はそれを着てくれ」

「っん~ ・・・」

「ゴムも用意しとくわ」

「お義父さん~ ・・・」



義父との火遊びを楽しんでおいてなんですが
堂々と胸を張って言えることは
主人を心の底から愛してるということ。

何があっても
誰かと浮気をしたとしても
夫への気持ちは変わらない


「赤も意外とエロいな~^^」

義父の前でエッチな下着をつけても

「昨日のよりもスケスケやわ^^」

朝から義父に乳頭を見られても

「ちゃんと用意したからな^^」

コンドームがあっても ・・・


【 卒業式当日 】 



「どうした?杏奈、手が止まってるぞ?」

「本当は今日、卒業しようと思って来たの ・・・」

「何からや?」

「お義父さんと私のエッチな関係」

「聞いたるからしゃぶりながら話せっ」

「っん~ (ジュルジュルっ~)」

「俺も卒業するつもりやぞ?カリもねぶれ?!」

「はぁ~ (ぺろぺろっ!ヌポっ!レロレロ~)」

「乳やチンコを吸うだけの関係から卒業や!」

「やっぱり^^そう言うと思ったw」

「関係をやめたがってる
 舐め方とちゃうやないか?!杏奈~(笑)」

「フェラして気が変わったのよ~^^」

「どうや?まんこ~ 濡れてるけ~?」

「っん~ 来る前から濡れてた」

「ほなー ゴムはめて ・・・」 「いらない!」

「なんでや?昨日~ ・・・」

「装着時間がもったいない、すぐ入れて~」

「杏奈ぁぁ~~」

「お義父さんの大きいのが欲しいっ!」

「よっしゃぁっっっ~~~~!!!!!」

「はぁぁ~~!あああぁ~~!っんん~~~」

「おいっ?!片乳ポロン!と出せやっ?!」

「はぁん~~ ああん~ ・・・」

「入ったか?杏奈~~」

「入った~~!凄い興奮してる」

「俺もじゃ~~!!
 5年も6年も前から知ってる息子の彼女が
  イヤ!息子の嫁が!でっかい乳!
   片っぽほり出しながら
    他人棒で突かれて悦んでるんやしな~?!」

「そう!今までで一番悦んでるかもっ?!」

「50人の男をごぼう抜きしたかッ?!」

「お義父さん!乳首も吸ってぇぇ~~」

「いつもより勃起しとるわっ!!」

「ああん~ もっと!!!
 乳首もおま〇こも気持ちいい~~~」




ごぼう抜きというよりも「別格」
という言葉がふさわしいと思います。
セックスの上手な中年巨根男性、そこに
禁断の関係という妙味が重なって ・・・



(プルル♪プルル♪プルル~♪)


「なんや?誰や?」

「はぁん~ ウチの人 パパ ・・・」

「出ろよ?」

「もぉ~ さっき話したもん~~ いい!」

「出んと店に掛けよるぞ?!ほらっ!」



『もしもしっ!』

『もしもし あれ?杏奈?』

『そうよ!どうしたの?パパ なに?』

『なにって ・・・ 他の先生より早く朝食が
 あれ?なにか用事でもしてた?さっきと ・・・』

『うん、してた ・・・』

『様子が ・・・ まあいいわ ・・・
 杏奈、ありがとうな?俺っ ・・・』

『もうさっき聞いたよ??パパ、今忙しいから!』

『ああわかった!ゴメン、じゃあ切るわ』

『ごめんね』


(プッー プッー プッー ・・・)



「フフっ、長く愛して欲しいんとちゃうんか?」

「今はこっち!いいとこやったのに~~」

「電話前と変わってへんぞっ?ここッー?!」

「はぁぁ~ お義父さんのその優しさが好きっ!!」

「突き方は荒々しいけどなッ?!」

「あぁ~ 幸せっ!お義父さん 大っきい~~」

「朝から何回イクんや?お前っっ~」

「イジわるせんといてよ?もう逝きそうだから ・・・」

「わかってる、いっぱい愛したるさかい ・・・」

「どっちでもいいよ~ 中でも口でも うふん~ ・・・」

「そういう話のわかる女が大好きやッ!!」

「私も好きよ~~ ああぁー 凄い鳥肌っ!」

「杏奈っっ!」

「あああぁ~~~~
 お義父さんのツバちょうだい!飲ませてッ!」

(ビュルビュルジュルぅぅ~~~ッピュ!)

「あぁん~~ お義父さんのツバ美味しい!」

「綺麗やぞ?!杏奈っ~!!」

「はぁぁ~ 凄いとこ突いてる!
 お義父さん!乳首吸って!早くぅ~~!」

「杏奈ぁぁぁぁっーーーーー!」

「あっ!!お義父さん 好きっ!好きよ~
 大好きっ!あぁ~~ 気持ちいい~ そこっ!
  ダメっ!もっといっぱい突いてぇ~ もっと!
   あぁん~ ダメ!!逝くっっ!逝くわ!!
    逝くぅぅぅ~~~!!ああああぁ~~~」




現在 ・・・




「もう卒業せなあかんかもな~ ・・・」

「お義父さんからそのセリフを聞くとはね~」

「腹も目立ってきたし、しんどいやろ?」

「まだ大丈夫よ~ ゆっくり ・・・」

「こうか~?」

「そぉ~
 ゆっくりでもお義父さんのは大っきいから
  ああぁ~ 頭を突き抜けるぅぅ~~」

「いっぱい愛せてるかッ?!杏奈!」

「愛し合ってる!!気持ちいい~~~
 だから ・・・ 卒業するなんて言わないで!!
  あぁ~ お義父さん!そこいいわ~~~」

関連記事

| 妻の告白 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT