艶みるくのオリジナル官能小説
現在587タイトル!全て人妻の浮気話!

≫ EDIT

【熟妻 まりこ 62歳】子連れ・道連れ・オトコ連れ

「しょうがない子 ・・・」

「仕方ない、あれだけ可愛いと声もかかりますよ」

「そうかな~」

「お母さんはもっと可愛いけど」

「お世辞はそこまでw」

「前に黒木の車で娘さんを実家まで送ったとき」

「いつ?」

「去年の ・・・ あれはお祭りかなにかで ・・・
 そのときチラっとお母さんの顔を見たんです」

「へぇ~ ・・・」

「綺麗な人だなって」

「60も過ぎて、
 そんな顔から火が出るようなこと
  言われると思わなかった^^ はぁっ?!」

「肩だけっ ・・・」

「うふん~ ・・・」

「あと10分ほどで
 お母さんの顔が見れなくなるほど暗くなる」

「暗くなる前に!
 ホテルへ戻りましょうね♪ふ~ふふ~♪」

「わざとそらして ・・・
 そういうキュートなしぐさは
  かえって男心をくすぐるんですよ?」

「くすぐった?w」

「お母さんッ!!」

「っん~~ダメっ!肩だけって!宮島さん~~」

「この静かな夜に奪われる前に ・・・」

「うふん~ はぁん~ ・・・」


【鞠子 主婦 62歳】 妻の告白





強い絆で結ばれた駆け落ち夫婦


だった ・・・


ふるさとを離れたのは42年前
青森の町がピンクに染まる5月の上旬
満一歳になったばかりの息子を連れて
愛知県の清須へ

夫(菅原耕史 62歳)とはいとこ夫婦
惚れて好いて好きあって毎日一緒にいたのに
駆け落ちせざるをえなかった理由は私に
親が決めたいいなづけがいたから。
子供さえ出来れば
諦めてくれると思ったけど ・・・



清須に18年。
その後は息子の就職先の都合で京都へ

(知ってます。駆け落ちしたんですよね)

(そんなことまで話してるの?あの子っ ・・・)

(僕の父も生まれは愛知県なんです)

(へぇ~ どのあたり?)

(高浜市。親戚の家はたくさんありますよ)

(高浜か~ ・・・
 あっちのほうはあまり行ったことがなくて)


メールの相手はあの夜、いえ
あの静かな夜に私の唇を奪った宮島さん

恥ずかしい話ですけど
結婚して旦那さんもいる娘の華(36歳)が
黒木という男性の存在を隠して
私を一泊の温泉旅行へおびき出し現地合流

そして、例のキスです ・・・

いわば私は道連れにされたってこと

しかしこの宮島さんという彼
とても礼儀正しくてなかなかの紳士
メル友からお願いしますと言われ、約一年半

強い絆で結ばれた夫から私を切り離すために
一年半という時間をかけられた
熱くて我慢強い人


宮島
「切り離したなんて思ってません」

「そぉ~?でも私は
 あの人から離れた気分よ~ ・・・」

「ハタチで駆け落ちした夫婦
 そんな簡単に心までははがせませんよ
  今でもくっついてる!うらやましい~」

「じゃあ私と宮島さんはっ?!」

「僕と奥さんはこれから!」

「はぁぁ~~ ああん~~ ・・・」

「悔しいけどまだ!くっついてるのはここだけ!」

「あぁ~ 硬いっ!素敵よ?!宮島さん~~」


メル友からセフレに ・・・

運命のいたずらとしか思えません
夫のことが好きで好きでたまらない私

でも ・・・


「奥さん!可愛い顔してる!!」

「あん~!逝きそう~!!」


初老を迎えた男性では ・・・


「奥さんッ?!愛してるよ!!!」

「もうイヤっ!!宮島さんが大好きっ!!
 また逝っちゃう!気持ちいいぃひい~~~~」


30代の鋼のおチンチンには勝てません ・・・




「鳥羽の温泉は僕と行こ~って ・・・」

「ごめん誘われたのよ~
 パートでよくしてもらってる先輩だし」

「じゃあ次の旅行の予約!もう入れておくから」

「気が早いわね~^^ お父さん」


一年半ぶりの旅行です
前回はいわずもがな。今回は ・・・


「芳江さん、背の高い男性が好みですよね?」

「急になに?(笑)」

「こっちを見て手を振ってる男性二人
 右側の人、長身でイケメンですよ~^^」

「もしかして私 ・・・」

「騙しましたwごめんなさい(笑)」

「もぉ~^^ まりちゃんったら~
 かなんわ~~ 嬉しいけど~~^^」


高橋芳江さんというパート先の先輩と
私の彼、宮島さんと彼の友人の四名で
三重県鳥羽へ温泉旅行に ・・・


芳江
「まさかオトコ連れとは ・・・^^」

「失礼ですけど
 以前、休憩室で話したとき
  浮気経験があると仰られていたので^^」

「私はあるように見られるけど
 まさか、まりこさんがねぇ~ ・・・
  人は見かけによらないものだわ(笑)」

「食事のあとは別行動になります^^」


段取りはすべて宮島さんの担当


「アイツも気にいってたよ」

「芳江さんのこと~?」 「うん~」

「パートの中で一番の美人さんだから」

「まりこさんのほうが綺麗ですよ」

「うふ^^ 言って欲しかったw」

「いくらでも ・・・ (ッチュ ムチュ ・・・)」


~私たちは貸し切りの露店風呂~


「あぁ~ もうビンビン~」

「さわるだけでいいの?まりこぉ~ ・・・」

「っん~ 今日から呼び捨て?」

「初めて愛し合ってから二ヶ月経つし」

「経つし~?」

「経つし ・・・」

「凄く立ってるわよ~ 竜也~ ・・・」

「まりこも呼び捨てか ・・・」

「食べていい~?」

「いいよ~ 今日は ・・・
 激しく愛しあえるような気がする!」

「あぁ~ 美味しい!!竜也のチンポ!」

「まりこ!アカンっ!!
 そんなこと言ったらもう入れたくなる~~~」

「ああん~~ バックで入れて?!
 うしろからいっぱい突いてちょうだいッ!!」



実は私、55歳のとき。今から7年前に
ひとりエッチと完全におさらばしました。

49歳で生理がなくなると途端に
激しい欲求不満に襲われ
誰でもいいから抱いて欲しいという
超淫乱モードを経験します。しかし
一度たりとも夫を裏切ることはなかった。
55歳でヨガを習い始めたと同時に
ひとりエッチもストップし現在に至ります。

だから体は凄く柔らかく
心身ともにフレッシュさを保ったまま

そこに現われたのが26歳年下の宮島さん

一度喪失した性欲はあのキスで甦り
日を追うごとに彼を求め始めた ・・・



「あっーーーー!
 まりこのおま〇こは世界一!気持ちいい~」

「うふん!はぁん~!竜也のものよ~~?!」

「このイヤらしく垂れた大きなオッパイはっ?!」

「竜也のオッパイ!!あなたのもの~!!」

「凄いエッチ~!右に左にメチャメチャ揺れて!」

「それは竜也が~ ・・・」

「竜也がどうしたの?!まりこぉ~~」

「っん~ はぁぁ~ ・・・」

「まりこどうしたっ?!」

「気持ち良すぎてッ!!
 こんなに気持ちのいいバック初めてっ!!」

「それなら心もおくれよ~?!まりこ~~」

「全てあなたのものよ~?!
 もう無茶苦茶にしてッ?!竜也ぁぁあ~~~」
 


踊ってました。おま〇この中が。
彼の硬いおチンチンを抱きかかえて!

挿入前から小刻みに痙攣するほど
彼のペニスを誘っていた
ドが付くほどスケベな人妻は私です ・・・


「ああん~ 最高!ホントに幸せ!!竜也~~」

「キスしたらおま〇こに角度がつく?!」

(ムッジュ~~!!ベロレロ~~~~!)

「つくんじゃない!イクっ!!」

「まりこがイったら正面でおっぱいが吸いたい!」

「今はさわっておいてっ!っん~~」

「イヤっ!乳首を引っ張っておくっ!!!」

「あぁ~~!竜也?!それぇ~~!!」

「好きやろ??」

「頭がおかしくなりそう~~
 竜也っ!愛してるて言って ・・・」

「愛してるよ ・・・」

「もっと言って?!お願い~~~」

「もっと引っ張りながらッ?!」

「いやんダメっ!凄い感じちゃう~~~」

「たくさん愛しあおう!!まりこぉ~~」

「はぁ~ たくさっ ・・・ あっ!竜也!ごめん!」

「まだあかんでー まりこー
 もっと乳首が伸びきってからや~?!」

「あん~ 無理!ごめんなさい~~」

「まりこっ~~?!」

「竜也!愛してる!ごめん逝くッ!!
 あぁ~ ほらっ?!震えるほど気持ちいいの!
  竜也凄い!!ああん~ 逝くぅぅぅ~~~~」





///////////////




「予約したの?」


「その前に小林君から
 ゴルフ旅行を誘われて~ ・・・」

「うん、行ってくれば?」

「いやぁ~ 人が足りないって言うし
 じゃあ妻を連れて行きますって言ったよ」

「妻連れね ・・・」(小声)

「なんて?」

「ううん何も^^ その旅行
 若い男性は参加するのかしら~」

「年とって、
 そういう趣味がわいてきたのか?まりこ(笑)」

「わいてきたって言えば
 若い男の人、用意してくれるの?(笑)」

「バカヤロ~^^
 若い男に取られてたまるか!!
  僕の最愛の妻なのに」

「うふっ^^ 知ってるw ・・・」

関連記事

| 妻の告白 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT